CD 輸入盤

ブルックナー交響曲第8番、モーツァルト交響曲第38番『プラハ』 ハイティンク&シュターツカペレ・ドレスデン(2CD)

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PH07057
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
ライブ盤,輸入盤

商品説明

ハイティンク&シュターツカペレ・ドレスデン/ブルックナー:交響曲第8番、モーツァルト:交響曲第38番

独プロフィール・レーベルから大注目盤の登場。好評だった前作ブルックナー第6番に続き、今回は2002年のブルックナー第8番とモーツァルトの第38番のライヴ録音がリリースされます。
 ジュゼッペ・シノーポリの急逝、大洪水による浸水被害と不幸が続いていたシュターツカペレ・ドレスデンは、2002年にベルナルド・ハイティンクを首席指揮者に迎え、就任記念演奏会のブラームス1番(廃盤)の見事な演奏で相性の良さを見せてくれました(2007年にはファビオ・ルイージが首席就任)。
 今回登場するアルバムは、そのハイティンクの首席指揮者時代におこなわれたコンサートをライヴ収録したものです。
 オーケストラの魅力を引き出すことにかけては天才的な手腕を発揮するハイティンクと名門オーケストラのコンビによる演奏だけに、いつもながらの重厚で気品あふれる独特なサウンドによる演奏が期待できます。
 ハイティンクはブルックナーの8番を得意としており、交響曲全集録音の初期、1969年にこの作品をコンセルトヘボウ管とセッション録音(PHILIPS)しているほか、1981年には同じくコンセルトヘボウ管とデジタルでセッション録音(PHILIPS)(廃盤)、1995年にはウィーン・フィルとセッション録音(PHILIPS)、2005年にはコンセルトヘボウ管とライヴ録音(RCO)しています。
 組み合わせのモーツァルトの交響曲第38番『プラハ』は、ファンには嬉しい贈り物。ハイティンクはなぜかモーツァルトはオペラばかり取り上げており、交響曲はこれまで聴くことができなかったので、今回のシュターツカペレ・ドレスデンとの演奏は大いに注目されるところです。

【収録情報】
ブルックナー:交響曲第8番ハ短調 WAB108 (ハース版)
モーツァルト:交響曲第38番ニ長調 K504『プラハ』
 シュターツカペレ・ドレスデン
 ベルナルト・ハイティンク(指揮)

 ライヴ録音:
 2002年12月3日、ゼンパーオーパー(ブルックナー)
 2002年9月2日、クルトゥーア・パラスト(モーツァルト)

 =トラックタイム(※ともに実測値)=
・ブルックナー:交響曲第8番 T. 16'26 +U. 15'18 +V. 27'50 +W. 24'49 = TT. 84'23
・モーツァルト:交響曲第38番 T. 12'40 +U. 9'17 +V. 05'51 = TT. 27'48

収録曲   

ディスク   1

  • 01. ブルックナー:交響曲第8番 第1楽章:アレグロ・モデラート
  • 02. 第2楽章: スケルツォ
  • 03. 第3楽章: アダージョ

ディスク   2

  • 01. 第4楽章: フィナーレ
  • 02. モーツァルト:交響曲第38番『プラハ』 第1楽章: アダージョ―アレグロ
  • 03. 第2楽章: アンダンテ
  • 04. 第3楽章: フィナーレ

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
10
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
驚異的に充実したブルックナーだ。 ハイテ...

投稿日:2012/09/19 (水)

驚異的に充実したブルックナーだ。 ハイティンクの遅咲きもここへきてやっと開花した、どころか、この8番を凌駕する録音はちょっと考えにくい。 それはただ一人ハイティンクの今までの録音と比較しても、ということではなく、すべてのブルックナーの8番の演奏の中でこれほどの『響き』を持った録音を他に知らない。 ブルックナーの録音は4つの楽章すべてが満点という録音は皆無に等しいが、ここでのハイティンクは、8番という曲の譜面の天才性を、オケの響きと、音楽としてのスピード感、そして情報量としての多様さをすべて兼ね備えているという今までのハイティンクでは考えられない成果だ。 バイエルンとの8番が5番の素晴らしさに比較すると凡庸だったのに対して、この洪水のドレスデンでの演奏は壮絶でしかも、ヴァントなどと違ってフォルテシモがうるさくないから不思議だ。 実際の音量は相当大きいと思うのだが、音色と同時に大事な要素は、音符のそれぞれに微妙な、そして音楽の推進力に必要な『ずれ』があるのだ。 この『ずれ』がこの巨大な響きを決して重いものにしていないのだ。 かく声部の細かい動きがすべて聞こえるのに『団子』になっていないのは単に録音技術の問題ではない。 ハイティンクがそのように演奏させているのだ。 単純な4分音符がすべて『波を打った』ようにぐんぐん押し寄せてくるこの感じは今まで一度も体験したことのない音の洪水だ。 スケルツォは特に今までのハイティンクがどこにもいない!!こんな素晴らしいトリオは聴いたことが無い。なんなんだこれは。聴いていてどうにかなりそうだ。 そしてこれがライブの本領発揮、スケルツォの再現部が提示部と温度差があり、より熱くなっているように聴こえる。 5番の録音でもスケルツォの提示部の最初の店舗と再現部が随分違っていたハイティンクだが、むかしのハイティンクでは考えられない『夢中』さが本当にムジツィーレンしている。 この繰り返しを同じ演奏をしなければいけないと思っている人には聴いてもらいたくない演奏だ。 そのままアダージョに入るが、この振幅の深さ!! ひたすら深く深く、高く高く、広く広く、大きく大きく、そして、包み込むように優しく繊細に。 ブルックナーの交響曲は矛盾だらけなのに、この無理難題を見事に音化させている。 近年のハイティンクおそるべしだ。 いつものところでいつものようにアッチェレランドしている部分もあるのに、昔のようにいきなりそこで聴き手が覚めてしまうようなことが無い。 フィナーレは曲が完璧なので、たいていの指揮者が振っても問題なく感動できるのだが、このハイティンクのフィナーレは聴いていて恐ろしくなるほど、心が持っていかれる。悪魔のフィナーレのようだ。 このCDを埋もれさせてはならない、どのようなコマーシャルな手を使ってでもみんなが聴ける環境で発売してもらいたいものだ。 これは一つのモニュメントだ。

のんじょんれ さん | 神奈川県 | 不明

5
★
★
★
★
★
このコンビの東京公演を聞いたのを思い出す...

投稿日:2011/05/07 (土)

このコンビの東京公演を聞いたのを思い出す、最高の一枚。 私はまだ学生であったが、すべての公演を聴きに行くことができた。 初日の東京文化でのヘルデンレーベンはいまひとつだったが(アンコールのマイスタージンガーは最高)、サントリーでのブラ1、そしてこのブル8は本当に素晴らしかった。オーケストラの一体感がものすごく、こういう演奏は例えば今のベルリンフィルからは聞けない。そして、そうした一体感を邪魔することなくうまく引き出していたのが、ハイティンクだった。 一部批判がある通り、確かに、自分から語ることはない指揮者かもしれないが、作品やオーケストラ、ソリストに「正しく語らせることができる」指揮者だと思ったものだ。 当盤の演奏もまさにそういった趣。 一体感を、一糸乱れぬ合奏能力とイコールでとらえずに、刻一刻と変わる音楽の方向性を瞬時に100人という単位で共有する能力であることを、音楽評論家の方々は是非とも啓蒙して頂きたい。まさに、このようなCDを通じて。

プレジデント さん | 東京都 | 不明

5
★
★
★
★
★
小生、ブルックナーは、チェリビダッケを愛...

投稿日:2010/03/25 (木)

小生、ブルックナーは、チェリビダッケを愛聴しており、他の演奏で聴くと、どうしてもテンポが速く、あっさりとした演奏に聴こえてしまうのですが、このブルックナーは大きく、ライヴならではの緊張感もあり、弦も管も拍力に満ち、よく鳴っており、名演。プラハも、意外な事に、やや早めのテンポで、リズムきびきびと弾んでおり、お見事。ドレスデンの弦はやはり、美しい。それにしても、ハイティンクはベートーヴェンから、ストラヴィンスキーまで、ブルックナーもマーラーもショスタコも演ずる人なのに、モーツァルトのシンフォニーの録音は聴いたことが無かった。こんなにいいモーツァルトがやれるのに。このままドレスデンで、渋い名演を沢山産みだして指揮者人生終わらせてくれるのかな、と思っていたら、シカゴへと、引っ張られてしまった。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連する商品・チケット情報

交響曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品

ローチケHMVレコメンド