Bad English

CD Bad English

Bad English

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (13 件)
  • ★★★★☆ 
    (2 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:15件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    蒼詩  |  三重県  |  不明  |  2013年01月02日

    80年代末期はとにかく「スーパーバンド」と言われるバンドが数多く結成され、ビリー.シーン率いる「MR.BIG」、ジョン.サイクス率いる「BLUE MARDER」、ジェイク.E.リー率いる「BADLANDS」などと同じくこの「BAD ENGLISH」も当時はジャーニーとベイビーズの融合なんて騒がれたもんです!当方が心から尊敬しているニール.ショーン(G)&ジョナサン.ケイン(Key)の元.ジャーニーのソングライティングチームが楽曲のメインを担当しているので、まずメロディーの面では心配は無用であるが、このバンドにおいての主導権はジョナサンが握っていたと個人的に推察している!#5などはビルボードチャートで全米No.1に輝き、そこいらのポッと出の新人と違い各自がそれなりのネームバリューを持っているので往年のファン層からの指示も有り来日公演を含むツアーの興行成績もそれなりの結果を残したのだが、バラードばかりをカットしたがるレーベル側に不満を募らせたニールが2ndアルバム完成後にあっさりと脱退、その後は空中分解に近い状態でバンドも消滅してしまっている。四半世紀近くたった今でも輸入盤ながらも本作が手に入るのは嬉しい限りである。近年のジャーニーを好きになった若い世代のファンの方達に是非、聞いて頂きたいアルバムである!!!

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    鬼に金棒、ブスにカネボウ  |  岐阜県  |  不明  |  2010年08月07日

    まぁハズレなく聴けるアルバム。いつでも一定の味レベルをキープしているスガキヤラーメンのよう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    サニーデイズ  |  千葉県  |  不明  |  2009年09月29日

    結成当時、スーパーユニットと称されたのも当然。ボーカルの力強さとタイトな演奏がハイセンスな雰囲気を醸し出し、幅広いファンを取り込んだ。 短命ではあったが、彼らのことを過小評価する人はいないだろう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    西条市のおっさん  |  愛媛県  |  不明  |  2009年07月31日

    B〜D曲目の流れが最高ですし、個人的に13曲目も好みです。当時、ジーンズのCMにD曲目が使用されTVでも良く耳にしました。アルバムの内容は、一家に一枚。その後、そのCMには「Planet 3」と言うバンドの曲が使用されたような。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    クレヨンしんちゃん  |  群馬県  |  不明  |  2009年03月10日

    ハードロック/メタルをこれから聴こうと思っている人は、まず.ここから行った方がよいですね。 ハート、ネルソン、フェア・ウォーニング、サミー在籍時のヴァン・ヘイレンと並ぶ 限りなくメロディ派のハードロックです。 @・A・C・Dなどが有名ですが、 僕のオススメはその中でAとD 特にDは全米No1ヒットです。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ソニー・クロケット  |  千葉  |  不明  |  2009年02月03日

    当時はまだシングルを聴いてからアルバム購入を考えてましたが、本作はジャケットの写真を見ただけで購入!ジャーニーの「R.O.R」がいまいちだったので、本作は大満足!1のイントロからぶっ飛び!5はジャーニーの名バラードに引けを取らない超名曲!13はジョンのソロ「ミッシング・ユー」と同じ様に夕暮れにピッタリ。確かJ.ベックやS・ルカサーと一緒のイベントで来日したが(東京は有明)行けなかった事が今となってはとても悔やまれる。・・・当日の天気は台風直撃だったような気がします。行かれた人の話を聞いてみたいです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    アイアンマン  |  石川県金沢市  |  不明  |  2007年08月31日

    某CDショップにて、バッド・イングリッシュの輸入版CD「グレイテスト・ヒッツ」をゲット! 曲調を聴いていると、「なんか聴いたことあるぞ!!」という感じ・・・!と言うのは、シルヴェスター・スタローン、カート・ラッセルが共演したアクション映画「デッド・フォール」のエンディングソングと似ていたので、探しまくりました。 そしたら、この映画のエンディングクレジットのシーンにてやはりバッド・イングリッシュの曲と判明!! ファースト・アルバムの最初の曲「BEST OF WHAT I GOT」でした。未だ試聴のみですが、文句なし!!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    エクストリーミスト  |     |  不明  |  2007年07月27日

    1989年発表の1st。ジョン・ウェイトの湿り気のあるVoは良い味出してます。僕のオススメは3・5・7・8・13です。職人気質なメンバーによる充実した楽曲が揃った1枚。いつか、リマスター再発されるといいなぁ・・・。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    しぃ  |  長崎市  |  不明  |  2007年03月21日

    N.ショーン、J.ケイン、J.ウェイトらが集結したスーパーバンドの89年1st。ロックチューンからバラードまでとにかく曲がいい!そしてジョン・ウェイトの哀愁の歌声。素晴らしいアルバムです。Bは哀愁の名曲、大好きだな☆

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    80’sサイコー  |  不明  |  2006年09月08日

    当時、リリースしたばかりの頃にスグ購入したけど最初は正直ハズレだと思ったなぁ。ジョン ウェイトの声がソロの頃となんか違うなぁという違和感からだった。でも数ヵ月後にWhen I See〜がヒットし始めてアルバムも上昇。ビルボード全米アルバムで最高21位。その後もシングルヒットを連発。結果、ロングセラーでプラチナ認定。シングルは4(全米45位),5(全米1位),8(全米5位),3(全米21位),2(全米66位)の順でヒット。10,11曲目がサイコー。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ザナドゥ2112  |  熊本県  |  不明  |  2005年11月14日

    バッドイングリッシュ2枚のアルバムに駄作ナシと思っとりますョメ良質なロックを聴かせてくれるし、捨て曲ナシだょネ~10年以上前に出た作品だけど今だに善く聴くアルバム。大ヒットシングルDは昔ジーンズのCMに使われてたな~☆

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    シルバーマシーン  |  埼玉県  |  不明  |  2005年08月14日

    ソロでも大成功を収めた、ジョンウェイトと、ジャーニーのニールショーン、ジョナサンケインを中心としたバンドの1st。なんといっても楽曲のよさ、ウェイトの歌唱が光る。特に5曲目はバラードファン必聴。未だバンド復活を望む声があるのも頷ける。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    テコギ  |  滋賀  |  不明  |  2005年07月26日

    ふと「BAD ENGLISH聞きたいな〜」ってCD屋さんへ買いに行くと売ってない。レンタル屋にも無い。(単にイナカやからか?) 全曲良いとまでは個人的には思わないけど、良い曲がかなり良い。メチャメチャ良いのです!2005年にBADENGLISHブームが来ました!(自分の中だけ)この勢いで「BACKLASH」も買いますわ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    万馬券  |  東京  |  不明  |  2005年01月18日

    輝かしいジョン・ウェイトの歴史の中でも、この時代は正に黄金期ではないでしょうか。ニール、ジョナサン、リッキー、ディーン。錚々たるメンバーを従えて、その歌声は冴え渡っています。ロックする曲はどこまでもカッコ好く、しんみりする曲は、それこそジョンの一人舞台。曲の良さもさることながら、やはりその声の素晴らしさ。良いメロディも、それに魂を与えてくれるヴォーカルがいなくちゃ名曲とはなりえない。このアルバムは名曲しか、ない。捨て曲なし。これを聴かなきゃ死ねません。何故に国内は廃盤?

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    あおたん  |  大阪  |  不明  |  2004年02月27日

    元ベイビーズと元ジャーニーのメンバーからなるスーパーバンド。全米1位の(5)を始め(8)(10)など名曲が盛りだくさんで素晴らしい。ジョンウェイトの哀愁のあるヴォーカル、二ールショーンの情熱溢れるギターも素晴らしい。単に脳天気なロックに終わらないところも彼ららしくて納得。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:15件中1件から15件まで表示