トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > New Year's Concert > ニューイヤー・コンサート 1987 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ウィーン・フィル

New Year's Concert

Blu-ray Disc ニューイヤー・コンサート 1987 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ウィーン・フィル

ニューイヤー・コンサート 1987 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ウィーン・フィル

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:22件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    れいくー  |  奈良県  |  不明  |  2011年01月02日

    毎年、ニューイヤーコンサートを見た後に、カラヤンのこのDVDを見ます。 そして、これ以上のニューイヤーはこれ以前も今後も現れる事はないという事を毎年実感しております。 87年にカラヤンが最初で最後のニューイヤーコンサートを指揮した放送を見た時、感動のあまり涙を流しながら、見させていただいたのですが、今でもその感動は続いています。 「別格」という言葉は相応しい「超」の付く名盤とは、まさにこのDVDの事であると思います。

    13人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    karajan fan  |  北海道  |  不明  |  2010年07月26日

    カラヤン最晩年のウィーンフィルとの歴史的なニューイヤーコンサート。 ウィンナーワルツが持つ独特の『間』と『アクセント』を見事に体現しており、その一音一音に命を吹き込んだこの演奏は、どの楽曲にも生命力が満ち溢れている。 そしてなによりもウィーンフィルとカラヤン自身が音楽することを楽しんでいることが伝わってくる演奏である。 多分もうこのような演奏を聴くことは出来ないであろう。 カルロス・クライバーもこんな演奏がしたくて、2回もニューイヤーコンサートを引き受けたのかもしれない。

    9人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    パパムーミン5145  |  東京都  |  不明  |  2010年02月28日

    LDというメディアが、ようやく浸透し始めた頃。ソニーからテレモンデアル画源のカラヤンが出るというので、大変な騒ぎとなった。バラとその数枚をBoxにしての第一回発売の中に、このニューイヤーが有った。予約して買って視た。もう老年期だったが、くっきりとした映像に老いを撮られながら、依然カリスマとしてのオーラが凄かった。その時を、思い出し購入。しかし、導入したてのデジタルフルハイ画面で視えたのは、ちいさいサイズの中の老カラヤン。時代というものは、恐ろしい。だが、老いてなおその音楽に対峙するスケールの大きさは只事で無く、あらためて、感慨ひとしおでありました。今の若い世代に伝わる事多し。大推薦!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ayukawa  |  UNITED STATES  |  不明  |  2010年01月16日

    全編にわたって立ちのぼる豪華絢爛なウィーンの薫り、これほど華麗で格調の高いニューイヤーコンサートは他にはありません。聴き終わった後、何とも言えない幸せな気持ちになれること、請け合いです。 ピアノマンさん、玉木正之さん、「本物」の音楽を感じ取れる耳をお持ちでないようですね。お可哀想に…。もっと心を磨かれてはどうですか?

    14人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    mulder  |  福島県  |  不明  |  2010年01月09日

    輸入盤で左右の音がズレていた皇帝円舞曲のリニアPCMの音声が本盤では修正されています。さらに,輸入盤と異なり皇帝円舞曲の前で画像がブラックアウトし,その後曲が始まるまで拍手がカットされています。5.1chサラウンドの音声はこの部分に拍手が入っています。映像は,輸入盤の方が解像度もコントラストも高いように思います。そのほかの曲は確認していないのでわかりませんが,ほかにも違いはあるのかもしれません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★☆☆☆☆ 

    ピアノマン  |  和歌山県  |  不明  |  2009年12月03日

    何故このDVDの評価がこんなに高いの?演奏は玉木正之さんも言ってたように「これを聞いた後クライバーのを聞いて口直しならぬ耳直しをした」というレベル(とにかく鈍重)だし、唯一の見所だったカラヤンのメッセージ 「ピース、ピース、アンドワンスモア、ピース」の部分はばっさり切られているし(私もここは生で見ていて感動しました)。強いて言えば選曲が日本人に馴染みのある曲が多く選ばれていることくらいでしょうか。★ひとつはキャスリーン・バトルに。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    The collector  |  uk  |  不明  |  2008年03月14日

    Marvellous entertainment.This particular concert has always been regarded as one of the best of the New Year concerts and this DVD shows why.It is an object lesson in seeing how a truly great conductor was able to get the maximum out of an orchestra with the minimum of effort.Recommended

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Yuniko  |  新潟県  |  不明  |  2008年02月23日

    ニューイヤー・コンサートではまちがいなく87年が最高!当時NHKの衛星生中継を息を詰めて見ていたが、TVの画面からも馥郁と香り立ってくる典雅なワルツに陶然とした。最高のニューイヤーのかけがえのない記録。ただLDもDVDも収録順が実際の演奏会とは違っているのが惜しい。また「美しき青きドナウ」の前に、カラヤンが「私たちの願いは平和、平和、そして平和です」とスピーチをしていたが、生誕100年の今年こそ、ぜひ正しい曲目で、カラヤンの新年の挨拶も収めた完全版の発売を期待したい。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    スワローズ命  |  静岡  |  不明  |  2008年02月22日

    70年近い歴史を誇るコンサートですが、カラヤンとバトルの双方を拝める貴重な映像です。画像が甘いのは仕方のないところですが、1,597円で買えるとは、本当に良い時代になった・・・。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ブラックジョン  |  広島県広島市  |  不明  |  2006年10月29日

    Mulderさん指摘の《皇帝円舞曲》の冒頭は、やはりリニアPCMでは左右の音が変です。位相が違ったような妙な広がりが出て左右ズレています。演奏が素晴らしいだけに残念です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    koji-n-vpo  |  東京  |  不明  |  2006年08月08日

    曲が終わるたびに拍手をしてしまいました。このように人を魅惑するウインナ・ワルツにはもう出会えないでしょう。トップ奏者たちが、現在も活躍しているひとが多いのも楽しい。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    satobei  |  名古屋市  |  不明  |  2006年01月28日

    カラヤンの指揮にあわせて、我が家の子供も手拍子をしておりました。さすが、カラヤン。いつまでもナンバーワンです。 ウィーンフィルの演奏、特に弦楽器が美しい。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    たか  |  東京  |  不明  |  2006年01月21日

    87年の放送当時は84年来日時よりずい分老けた印象がしたが、今冷静にDVDで聞き直すと良い演奏だということに気がついた。クライバーの勢いとは対極にあるグラマラスな演奏。ゲストのバトルが花を添えているが、こういうゲストの参加はその後はなぜかなくなってしまったようだ。良いアイディアだったと思うが? 画質や編集が甘い部分もなくはないが、最近発売されたボスコフスキーのDVDを除けばこれが最も古いニューイヤーコンサートのDVDなので致し方ない。値段も安いし「買い」の1枚。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    いやみなぶらいあん  |  世田谷区  |  不明  |  2006年01月11日

    演奏に関しては全て良いというわけではない。重厚で格調は高いがやや重たく軽やかさに欠ける。ここでの見ものはオケとこのニューイヤーという一種特別なハレの場をも完全に呑み込んで自己とその演奏演出の舞台にしてしまっている事。これだけはクライバーでも他の(唯一バーンスタインだけが対抗しうるはずだったのだが・・・)誰にもなしえない点で、ここに帝王カラヤンの計算と人間力、そして経験とカリスマ性が凝縮されて出てきている。この余裕の表情が彼の最大の魅力だ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    クラシック歴30年  |  愛知県  |  不明  |  2005年09月30日

    キャスリ−ン・バトルの『春の声』の歌に合わせてウイ−ンフィルが絶妙のサポ−ト。こんなニュ−イヤ−コンサ−ト過去に有りました??。この部分だけでも商品価値は充分に有ります。キャスリ−ンの色気と美声、そしてカラヤンの粋な演出にブランデ−で乾杯!!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:22件中1件から15件まで表示