トップ > 音楽CD・DVD > ジャパニーズポップス > 大貫妙子 > Cliche (アナログレコード/6thアルバム)

大貫妙子

LPレコード Cliche (アナログレコード/6thアルバム)

Cliche (アナログレコード/6thアルバム)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (8 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:8件中1件から8件まで表示

  • ★★★★★ 

    ミッキーナック  |  東京都  |  不明  |  2019年09月04日

    王道「黒のクレール」を筆頭に、前作より更にポップな感じの曲が散りばめられた名盤。 「色彩都市」での何とも言えない浮遊感は大貫さんでしか出せないものだな と。 教授アレンジも見事で、今聴いても色褪せない大貫さんの代表作かと思います。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    abbadon  |  tochigi  |  不明  |  2008年04月20日

    黒のクレール、今改めて聴いてみましたが名曲ですねえ。 このアルバムからファンになりました。 ジャン・ミュジューという方がアレンジを担当し、欧州色の彩りで、今時のアーティストには出せない味です。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    おんたい!  |  ykhm  |  不明  |  2007年03月07日

    色彩都市はいつの時代に聴いても良い名曲ですね。空気感がなんともいえません。この時期の坂本龍一アレンジャーものとしてのすべてのアルバム群の中ではミックスの面白さはピカイチですね。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    チャーリー藤原  |  宮城県  |  不明  |  2006年05月20日

    当時マクセルCMソングとして使用された、教授アレンジのアンニュイな名曲「黒のクレール」がヒット。 と共に、パステルトーンなテクノポップの名曲「ピーターラビットとわたし」を収録し、それまでのモノトーンなイメージの強かった大貫妙子をPOPフィールドへ導く足掛かりとなった名盤。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    春るるる、咲ららら。  |  東京都  |  不明  |  2006年03月18日

    '82年発表。かすかにカーテンを揺らす風のような彼女の歌声は、大げさなサウンドが多い世の中でかえって心に強く残る。「ピーターラビットとわたし」他、彼女の曲はメルヘン風シャンソンといった趣きがあり、他の追従を許さない独自の世界を形成する。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    K-B  |  東京都  |  不明  |  2005年08月05日

    ここでは色彩都市がいいでしょう。誰もが聴き入ってしまう美しきハーモニー、シンセも出過ぎず自然と楽器達が奏でるハーモニー。ここは女性人(nao、Iove、ルンメイ、bubu)のハーモニーに任せましょう。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    K-B  |  東京都  |  不明  |  2005年08月05日

    シュガーベイブの直結のような美しいメロディと教授のシンセが響き渡る1〜4曲目。5〜10曲目はジャン・ミュジーでフランスの町並みが漂うワルツなどのアレンジで構成されて心が潤う。シンセ、ストリングス、ピアノのバランスが素晴らしい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    KOJI  |  東京  |  不明  |  2003年04月25日

    静かでアコースティックなアルバム。「風の道」は、ドラマチックなアレンジも手伝ってカンドーモノです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:8件中1件から8件まで表示