トップ > 音楽CD・DVD > ロック > Pink Floyd > Saucerful Of Secrets: 神秘 【紙ジャケット仕様/完全生産限定盤】

Pink Floyd

CD Saucerful Of Secrets: 神秘 【紙ジャケット仕様/完全生産限定盤】

Saucerful Of Secrets: 神秘 【紙ジャケット仕様/完全生産限定盤】

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:30件中1件から15件まで表示

  • ★★★★☆ 

    tasuke  |  新潟県  |  不明  |  2013年05月10日

    このアルバムが抵抗なく聴けるようになったら、どんな70年代アンダーグラウンド音楽だっていけてしまうんではないでしょうか。シド・バレットという絶対的リーダーではないにしても、グループのコンセプトを作る人物が使い物にならなくなっていったのに、よく完成させたものです。今から考えれば…。恐るべき緊迫感が最後まで続く作品。「夜明けの口笛吹き」が陽気な狂気だったとするなら、喧騒が過ぎたあとの空虚をじっと見つめているような緊迫感です。 わたしは中学生のとき、このアルバムを耳にして、こわくてこわくて仕方がありませんでした。「太陽賛歌」のどろんどろんとした太鼓もこわかったですが、5. A Saucerful Of Secrets で、ニック・メイスンの太鼓が彼方からやってくるところでは本当に逃げたくなりました。6. See-Saw は、「原子心母」のIfにつながるようなリック・ライト作のアコースティック曲ですが、魂を持って行かれそうになります。寂しさの極みです。この寂しさは、ロバート・ワイアットのソロ作にも似ています。 ただ、この段階でウォーターズがリーダーシップをとっていたのか、と言えば違うと思います。ウォーターズの提出するテーマを、他のメンバーやノーマン・スミスがアイデアを交換しながら作り上げていったのではないでしょうか。フロイドは、演奏技量が高かったわけではなく、音そのものの生々しさを拾い上げて編集するセンスが一級品でした。この頃のハーベスト・レーベルに、高性能のエンジニア集団がいたことと無関係ではありません。 最後に、「神秘」というタイトルですが、フロイドは神秘主義者ではありません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ごっちん  |  埼玉県  |  不明  |  2011年12月17日

    デビューアルバム時では作曲者としても健在であったシドの気が狂れてしまった為か、本セカンドでは曲作りはロジャーとリックが健闘している、よってサウンドはシド色が薄まり変化し独自のオリジナリティを放っている。そういった苦難な経緯があった事も考えてみると、アルバムの出来栄えの良さといい、彼らはただ者でないと実感させられる。少々不気味なロジャーの曲が全体の主要色である中、リックの不思議な美しさに溢れたサウンドがアルバムのまとまりとバランスを醸し出している様に思える。そして何と言ってもラストのシドの曲だ、狂気が感じられる楽曲の中に、痛々しくも悲しい内容の詩には心打たれる、ここで「月」に関しても歌われている事から考えてみると、後の名盤「狂気」はシドの存在無しでは決して生まれなかったこと、そしてシドの存在がピンクフロイドを巨大なアーティストへ成し遂げていった事を確信して止まない。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    birdy  |  岩手県  |  不明  |  2010年03月05日

    最新盤が出たという事で期待しましたが、94年のリマスターしかも06年の期間限定プライスリイシュー?魅力感じません。最新リマスターなら買いますが。以前の紙ジャケBOXセットはリマスタリングしてるのかな?いずれにせよそろそろ出してほしいものです。作品はサイケ色が残る最後の初期名盤(彼らの作品は全て名盤なのだが)です。PFは改めて他の何物にも比べようのない、孤高のオリジナリティーと存在感があり、聞いたその瞬間から深い大きな異次元へ一気に連れて行かれます。プログレ食わず嫌い?なリスナーもPFはお勧めしたい。言わずと知れたPFですが、最初に聞くにはこのアルバムは少々気の毒な感あり、「狂気」「炎」が定番ではあります。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    タカヒロ  |  東京都  |  不明  |  2010年01月05日

    本作は聴き手によって特に好き嫌いが極端に偏る類のアルバムだと思う。サイケデリックといえど決してバンド演奏を主体にした正統派な作品ではないし、SEやオーケストレーションを効果的に使った点ではビートルズのサージェント・ペパーズ…に近い雰囲気だ。もっとも、あちら程ポップではないし全体像としては非常にスピリチュアル。Dなんて聴く度に同時代の特撮モノであるウルトラQやら怪奇大作戦のシーンが蘇ってきそうである(笑)

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    sman  |  大阪  |  不明  |  2008年02月28日

    久々に(?)日本盤が出ているとは知りませんでした。ただ残念ながら、最新リマスターでないと今回はパス。十数年間待ち続けているので評価も減点。 ところで、定価で完売するためとはいえ、毎度の「期間限定」では、買いもらすファンも少なくないはず。今のCDは本当に買いにくい。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    sman  |  大阪  |  不明  |  2008年02月13日

    魅力的で、且つ、今となっては比較の対象となるような他アーチストの作品を探すことさえ難しい孤高の内容。もしもフロイドが10数年で解散していたならば、「初期の代表作」として高評価が集中していた作品でしょう。現在の評価点は、ちょっと寂しい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    シンド・バレット  |  埼玉県  |  不明  |  2007年12月14日

    中学生の時に、サイケデリックとはこういう音楽を云うのだ、と分かった振りをして級友に勧めていました。私もむらたさんのように擬似トリップをしながら聞いていましたね。それまで歌謡曲を聞くことの多かった私には、ピンフロの各アルバムは衝撃だったのです。今でもたまに初期の作品を聞くといいなあと思うのです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    男・むらた  |  不明  |  2007年10月24日

    風邪ひいた時に、どこにでも売っている様な風邪飲み薬とこのアルバムを真っ暗な部屋で悶々と聞いて・・・軽くトリップ☆(苦笑) 普段は、他人様へオススメしないが、実はフロイド中でも中々の趣向な出来で今でも好きで聞きますよ!”狂気”をオススメが無難ですし・・・。※普段聞くときはキチンと正座して大人しく聞いていますょ!(笑)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    S x 2  |  S  |  不明  |  2006年08月24日

    あまり言及されないアルバムだが68年という時点でしかもいきなりの方向転換後にあって完成されたコズミック・ロックを確立しており、これでは根っこが私的ビートルポップにあるシドが精神的に参ろうと無かろうとウォーターズとの対立は避けられなかったのではあるまいか。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    S  |  S  |  不明  |  2006年05月26日

    チャーミングな夢幻のストレンジポップとして『シー・エミリィ・プレイ』や『トゥモロウ・ネヴァー・ノウズ』等とともに挙げたいE。ピンク・フロイドとしてはメロトロン使用の曲はこれぐらいではないか、SEやオルガンの音、ウォーターズの舌足らずの声も妖しい。随所にリック・ライトのセンスの良さが目立つアルバム。ジミ・ヘンドリクスとともにジャーマン・ロックに強い影響あり。Bはライヴよりもいい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    Summer05  |  埼玉  |  不明  |  2005年07月08日

    実は、本作ほどあの実験的なジャーマンロック黎明期のサウンドに影響を与えたアルバムは無かろう。すぐに追い越されてしまった感もあるが。それはともかく、ピンクフロイドの歴史のなかで最も構築的かつ白日夢じみた傾向の異色作。構想としては悪くないが、いかんせん例の演奏力だから少し突き抜けた印象が足りない、でも底無しの夢幻的な雰囲気はやはり非凡。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    豚犬羊  |  栃木県  |  不明  |  2005年06月08日

    現在のピンク・フロイドの出発点ではないか 完成度は高く 私の愛聴盤です

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    滋郎  |  不明  |  2005年05月15日

    このアルバムは真夜中に聞きたくなる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    口笛吹き  |  平塚市  |  不明  |  2004年08月24日

    バンドにとって最も辛い時期に作られたアルバム。シドは途中で抜けていますが1stとは全く違う、その後のフロイドの方向性を打ち立てた作品といったところ。(ただ、リックのラブソングは後にはあまり見られない)シドの曲「JUGBAND BLUES」は泣けます。。。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    MA2  |  不明  |  2004年01月04日

    前作の中心人物であったシドが抜け、デイブ・ギルモアを迎えて、バンドはロジャーを中心にこのアルバムで再出発した。だが、そうした危機的状況にあっても、すでに覚醒と陶酔が交錯するフロイド・サウンドの原型が出来上がっているからすごい。「光をもとめて」、「太陽讃歌」等、比較的凝ってはいるが、想像力をかき立てるシンプルで分かりやすいサウンドが全体を包み込んでいる。そこに控えめで何か訴えかけるようなメッセージを内包した歌詞が絶妙なバランスで加味している。プレスでも好意的に迎えられ、全英チャート9位まで上昇。初期の名盤と言える

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:30件中1件から15件まで表示