トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > シューベルト(1797-1828) > 弦楽五重奏曲 アウリン四重奏団、ポルテラ

シューベルト(1797-1828)

Blu-rayオーディオ 弦楽五重奏曲 アウリン四重奏団、ポルテラ

弦楽五重奏曲 アウリン四重奏団、ポルテラ

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    風信子  |  茨城県  |  不明  |  2018年10月16日

    シューベルト最期の年は傑作の森だ 病はあってもやはり予感していなかった死だった しかし晩年ハ長調の曲が多数視界に入ってくるのが印象に残る このクインテットも両端がハ長調だ 勿論シューベルトだから転調につぐ転調を展開する Adagioはホ長調の主部とへ短調の中間部から成っているように遠隔調へ自由に飛ぶ Scherzoはハ長調だがTrioが変ニ長調なのだ 調性音楽が破壊される百年後の磁場へ引き寄せられていることをシューベルトは知らない 享年31歳 還暦まで作曲できていたら音楽史は変わっていただろう 話を戻す Vcを二挺使う五重奏曲に人生の終末感はない 緩徐楽章ですら魂宿す命の鼓動が脈打ち一瞬たりと推進力を失うことがない ブルックナーに通じる 交響曲に相当する規模を持ちながら室内楽のフォルムを崩さない 長大さなど感じさせない面白さだ シューベルトの歌に満ちているのは言うまでもない アウリンSQ は完璧なアーティキュレーションを描き絶妙なアンサンブルを披瀝している TACETの名録音とBlu-ray Audioのハイクオリティに満足する あなたも如何   

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示