UNISON SQUARE GARDEN

CD Catcher In The Spy

Catcher In The Spy

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    micarosu  |  静岡県  |  不明  |  2014年09月07日

    アルバムを聴いてまず思ったのは、”おかえり”という言葉だった。 「Populus Populus」、「CIDER ROAD」とポップさが前面に出たアルバムが続いていたが、今回はそれよりも前の彼らの音に近い。 その音というのは、余計な音が少なく、ギター、ベース、ドラムという彼ら3人の音で構成されているということだ。 でも以前よりも圧倒的に音が洗練されていて、この音だけでも最高と言える。 そして3人の音で構成されているということは、同時にライブ感が前面に出ているということでもある。 そのライブ感はアルバムの始まりから全開だ。 「サイレンスインザスパイ」の攻撃的なサウンドで一気に惹きこんだかと思えば、間髪いれずに「シューゲイザースピーカー」、「桜のあと(all quartets lead to the?)」と畳みかけ、聴き手の心をキャッチして離さない。 その後も彼ららしいキャッチーなメロディはそのままに、時にハードに時に軽快なロックで攻め立てる。 中でも「天国と地獄」の変則的で攻撃的なメロディとサウンドには度肝を抜かれた。 「harmonized finale」という繊細な曲の後ということで印象が強いのもあるが、この変則的なメロディの上にロックとキャッチーさを絶妙なラインで乗せるなんてことは簡単にはできない。 作詞作曲の田淵さんのセンスはもちろんだけど、それを可能にした演奏と歌声も素晴らしいの一言だ。 こんな強烈な一曲をアルバム後半に潜ませているわけだから、アルバムを聴き進めるのが本当に楽しく、最後の「黄昏インザスパイ」まで一気に聴いてしまっている。 そして、聴き終えたときの満足感は過去最高と言っていい。 それこそ一本のライブを全力で見終わった感覚に近いかもしれない。 それくらい密度の濃いアルバム。 彼らの進化は留まることを知らない。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示