トップ > 音楽CD・DVD > ロック > QUEEN > Game (紙ジャケット)

QUEEN

SHM-CD Game (紙ジャケット)

Game (紙ジャケット)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:26件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    kam  |  大阪府  |  不明  |  2019年03月27日

    このアルバムには一つ疑問があって、それは愛という名の欲望のリズムギターは誰が弾いているのか?ということ。フレディという話もあるんだけど、ロジャーがジョンが弾いていると言っているインタビューもあって、実際にどちらだかはわからない。ブライアンやロジャーのプレイスタイルでは絶対ないし、ライブでのフレディの弾き方を聴いていると、個人的にはジョンじゃないかなぁ?という気がする。そうだとしたら、地獄へ道連れやドラゴンアタックのベースも凄いし、ジョン大活躍のアルバム。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ニャロメ  |  大阪府  |  不明  |  2012年02月25日

    この作品からは『CRAZY LITTLE THING CALLED LOVE』と『ANOTHER ONE BITES THE DUST』の2曲が全米ナンバーワンになりました。『SAVE ME』と『PLAY THE GAME』もシングルカットされており特にベストアルバムには必ず収録されている名曲ばかり。この他に日本独自でシングルカットされた曲が『NEED YOUR LOVING TONIGHT』で、邦題は『夜の天使』でした。私は東芝EMI時代の国内盤を持っていましたがボーナスEPがプラスされた2枚組の存在がオリジナル作品の価値を、さらに高めたと思います。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    星影のステラー・リージョンズ  |  モロッコ  |  不明  |  2008年07月06日

    クイーンを悲劇のロック・バンドと思い込んでいるリスナーもいるらしいけど、俺的には、それは正しくないと思う。でなければ、初期クィーン中毒のリスナーを、ロカビリーMDとファンクMBで全米1位獲得して、絶句させたり、ノー・ユーズド・シンセサイザーのマニフェストを中期で放棄したりと、やりたい放題出来るかっちゅうの ! 。 よくよく、考えてみると、クィーンとは、ビートルズを越えた、20世紀のイギリスを代表する最大のエンテーテイメント・ロック・バンド,音楽娯楽の総合商社ではなかったか ! 。( フレディーが旅立ち、寂しいのは俺もだが、だからといって、いつまでも、悲しむことはない。それでも作品は残り続けるのだから。 )

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ランブル  |  福島県  |  不明  |  2006年04月07日

    タイツにこだわるランブルはこの頃の革ジャン・髭のハードゲイ路線は?なんだが侮榲゙ィスコ時代流れにうまく乗りました的アルバム。しかしクイーンらしさは失われず、この点数

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ニシ  |  大阪府  |  不明  |  2005年04月28日

    当時この中からガンガンオンエアーされてたけど、Play The GameとSave Meは今聴いてもめちゃくちゃカッコイイ!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    別府  |  東京都  |  不明  |  2004年12月22日

    ハリウッドレコード盤の今作には「愛という名の欲望」でプレスミスがあるので要注意。イントロで音揺れがあります。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    香代子  |  不明  |  2004年04月30日

    恥ずかしながらプライドでクイ-ンを知った者です。グレイテストヒットで完全にハマリ早速ゲ-ムを買いました。この中ではドラゴンアタックが好きだな〜

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    TO-WA  |  東京都  |  不明  |  2004年04月11日

    これも非常にバランスの取れたアルバム。Hot Spaceまで行くとやり過ぎの嫌いもありますが、時代背景をうまく消化した作品として世紀の名盤として語り継がれていくでしょう。初期の代名詞であるオーケストレーションこそ控えめですが、ツボにハマッたアレンジは最高です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    なかいかな  |  不明  |  2003年09月23日

    CD世代の私としては「QUEEN2」より聴きやすいアルバム。本人がどう思っているかは別にしてダンスミュージックだろうがなんだろうが、しっかり弾き分けができるブライアンってやっぱりすごいよな

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    なかいかな  |  不明  |  2003年09月19日

    シンセ初導入。でもその使われ方はチープの一言。ポップでシンプルな作りだけど、どこか宇宙っぽさを感じさせるのは、クイーンならでは。あまりにも板に付いてないフレディのおヒゲにも注目!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    かみまこ  |  名古屋  |  不明  |  2003年09月10日

    ウエンブリーのDVDレビューで「ベースが特につまらない」と書き込んだ人に聞いてもらいたいな〜。フレディーの声と一緒によくうたっているよ!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    May  |  NYC  |  不明  |  2003年05月19日

    ドラゴンアタック、カミングスーン、もうこれはクイーンファンクの大オンパレード。すごい!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    一撃必殺  |  不明  |  2003年04月29日

    シンプルなポップさの中にも彼らのロックの原点があって元気のあるアルバム。その中に挟まれたバラードもいい感じ。8は、ブライアンのバラードでは一番ではないでしょうか。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ながはん  |  不明  |  2003年04月22日

    ロックアルバムの究極の姿のひとつだと思います。俺たちは一枚にこれだけ良い曲を詰め込む事ができるんだ!と世の中に示し、認めさせたアルバム。アクセル・ローズもお気に入り!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    スティング  |  不明  |  2003年02月16日

    全米No1が2曲、シングルヒットした曲が他3曲と、シングルヒット曲集といった感じで初期の荘厳、大作と比べてコンパクトなイメージだが逆にそっちの方がのりがよくて、車で聴くにはいいかも知れない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:26件中1件から15件まで表示