トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ラヴェル(1875-1937) > ボレロ、ラ・ヴァルス、亡き王女のためのパヴァーヌ、ツィガーヌ、他 リッツィ&オランダ・フィル、ニコリッチ

ラヴェル(1875-1937)

Blu-rayオーディオ ボレロ、ラ・ヴァルス、亡き王女のためのパヴァーヌ、ツィガーヌ、他 リッツィ&オランダ・フィル、ニコリッチ

ボレロ、ラ・ヴァルス、亡き王女のためのパヴァーヌ、ツィガーヌ、他 リッツィ&オランダ・フィル、ニコリッチ

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★★ 

    風信子  |  茨城県  |  不明  |  2018年10月17日

    ラヴェルへの愛を思い出させてくれた 仄暗い小部屋で独り4枚のラヴェル全集を聴きむさぼっていた真冬の少年の日 青白い炎が薄闇の中を飛び回っているようだった心持ちを思い出した エキセントリックであったりヒステリックであったりするラヴェルを否定する リッツィ&オランダpoが奏でるラヴェルは冷涼で柔和だ 品やかで麗しい音彩からは弛まぬ命の鼓動が聞こえている 演奏と録音の見事さを越えてプログラミングに膝を打った ”ラ・ヴァルス”と”ボレロ”を対峙させて 中に”マ・メール・ロワ”と”ツィガーヌ”を挟んでいる ラ・ヴァルスとボレロは発想を同じくする音楽 一個の動機と一個の旋律を繰り返すだけで音楽を作っている ラ・ヴァルスは渦の中心へ収斂し ボレロは渦の外へ飛び出すことで完結する 後のミニマム・ミュージックの先駆けとなった 囲われた二曲にはラヴェルのメロディスト性とオーケストレーションの特性そして彼の血に流れる音楽が披瀝された エピローク或いはアンコールとなった”パヴァーヌ”は美しい Blu-ray Audioの素晴らしさと一緒に あなたも如何  

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    井熊  |  静岡県  |  不明  |  2015年02月26日

    ハイスペック盤(録音)というのも手伝って数あるラヴェルの管弦楽曲集の中でも最高の高音質盤です。演奏も選曲も申し分無し!最高です!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示