トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > 冨田 勲(1932-2016) > イーハトーヴ交響曲 大友直人&日本フィルハーモニー交響楽団、初音ミク、他

冨田 勲(1932-2016)

SACD イーハトーヴ交響曲 大友直人&日本フィルハーモニー交響楽団、初音ミク、他

イーハトーヴ交響曲 大友直人&日本フィルハーモニー交響楽団、初音ミク、他

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:6件中1件から6件まで表示

  • ★★★★☆ 

    テリーヌ  |  大阪府  |  不明  |  2016年04月02日

    仏山人交響曲やラフマニノフといった過去の楽曲を素材に、外山雄三さんや間宮芳生さんのような手法(引用)で新しい付加価値を与えたものと評価できます。新日本紀行やクッキングや大河ドラマ勝海舟の創造者が何をバックボーンとしていたかが浮かび上がります。アンコールの「リボンの騎士」は懐かしく、名曲中の名曲だと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    爺さん  |  千葉県  |  不明  |  2016年01月30日

    「冨田氏の新譜のSACDではないか!」と早速聴いてみた。牧歌的な調と美しい合唱、初音ミクの異次元な声色が相まって曲が沁みてくる。録音も素晴らしい。一方、「あれ?ラフマニじゃん」という個所があったのでブックレットを読むと、ダンディ(このCDで初めて知った)やラフマニの引用があるとのこと。 面白いなぁ。 欧州の先人が残した曲と、岩手の山や宮沢賢治の世界観が違和感なく溶けている。とても良い。 もし、ハンス・ロットしか聴いたことがない人が(それはそれで奇跡でしょうけど)マーラーを聴いたら、「マーラーはけしからん!」ってなっちゃうかなぁ・・・このCDのおかげでダンディの「フランスの山人の歌による交響曲」という曲を知りえたことも冨田氏のおかげだと思ってます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ひまらやすぎ  |  神奈川県  |  不明  |  2013年09月27日

    NHKの特番2つを見た上で書きます。80歳の冨田氏が昔の読んだ宮沢賢治の詩から「印象+東日本大震災」のために作曲と「編集」をしたものと捉えるべきではないでしょうか。純粋に「作曲」したものもありますが、確かに過去の作曲家の作品を「借りてきた」部分があるのも、事実です。そこは、「したり顔」などせずに「純粋」に作品を楽しんだ方が良いです。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★☆☆☆☆ 

    ぶる  |  東京都  |  不明  |  2013年09月01日

    果たしてこの曲を冨田勲作曲といっていいんでしょうか? とても引用というレベルではありません。あまりにそのまま使いすぎです。特に第3楽章はダンディの交響曲の第2楽章の中間部分と第3楽章の復帰部分をつなぎ合わせただけです。これじゃダンディ作曲です。1楽章も2楽章もこの3楽章ほどでなくても引用とは言い難いですね。 4楽章ではプロコフィエフのアラーとローリーを使ってますし、5楽章ではラフマニノフの引用、7楽章はまたダンディって、いい加減にして欲しい、純粋に冨田勲作曲の部分ってどれだけあるんですか? これじゃ控えめにいってもダンディの「フランスの山人の歌による交響曲」による「イーハトーヴ交響曲」と言うべきですね。作曲家としてこんなことやっていいんですか?

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    愚猿  |  茨城県  |  不明  |  2013年02月18日

     不思議な魅力に溢れた音楽であり、優れたCDである。音も自然で人工的な加工の跡が感じられず、マルチチャンネルで聴くとホールの真ん中で聴いたような感じになる。私は音楽に特別な意味を持たせて聴くことはあまりなく、音自体の美しさに惹かれるのだが、まさに演奏された音楽そのものに没入できた。それでいて聴き終えた後に残るのは、かつて文字を通して味わった宮沢賢治の世界そのものである。作曲者にはもちろん、演奏された皆さん、録音にかかわった皆さんに心から敬意を表したい。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    kasa  |  北海道  |  不明  |  2013年01月26日

    これは、絶対におすすめの一枚。 オーケストラと大合唱団と初音ミクがコラボレートし、冨田勲が音像化する宮沢賢治の世界。 因みに、初音ミクはD3、D4、D5、D7、D8に登場します。 アンコール1曲目D8「リボンの騎士」は、エンディングの方ですが、なんか少々照れますが、えー久しぶりに「胸キュン」しましたね・・。 ジャングル大帝も演奏して欲しかったなあ、なんて欲張りですね! D6「雨にもまけず」、個人的にはハイライト。 感動しました。 無伴奏合唱で歌われます。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:6件中1件から6件まで表示