トップ > Blur > Park Life (2枚組アナログレコード)

Blur

LPレコード Park Life (2枚組アナログレコード)

Park Life (2枚組アナログレコード)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:21件中1件から15件まで表示

  • ★★★★☆ 

    てっぺいさん  |  宮崎県  |  不明  |  2012年09月19日

    私が思うに、London LovesとTrouble in the Message Centreの2曲は、Coxonの生涯で一番のギタープレイだと思います。 Girls & BoysとParklifeでは、曲調に合わせてプレイしていますが、 上の2曲は、フロントマンDamonのPOP調に反抗するようなプレイです。 Blurは、アメリカ・オルタナ調のアルバムとしてGrahamのプレイが評価されています。 それはDamonとGrahamがお互いに尊重し合い曲が成り立っています。 言うならば、Damonの中にGrahamが安住しています。 しかし、明らかに上の2曲のプレイは曲に合っていません。 Grahamが主張しています。 ギターソロでは、Cobainに似たものを感じます。 今やTelecaster Deluxeを主に使用している彼は、これほどまでに歪ませるプレイをしないかもしれません。 Coxonの全盛期のプレイを聴きたい方におすすめです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    がすたふ孫  |  神奈川県  |  不明  |  2010年03月23日

    ブラーといえば間違いなくコレ、曲の流れが完璧で、各曲はロンドンを舞台にしたショートフィルムを観てるよう。アルバム一枚で一つの映画のような名盤。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    FAR FROM HOME  |  不明  |  2009年04月25日

    '94年発表。前年の傑作アルバム「モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ」から1年もたたないうちに、モッズっぽいロックンロールありの、映画のサントラ調ありの、歌謡ポップありの(以下省略)と、とんでもなくバラエティ豊かな17曲がポイッと投げ出されてしまった。そのきっぷのよさと、やりたい放題の、ほとんど破天荒なまでのとっちらかりよう、もとい多様性に、最初はとてもラフな作品という印象を受けたのだが、いやぁ、聴くほどにわかる大胆な構成力に感動することしきり。 前作がこれまでのイギリスのポップ/ロックの流れを汲むものだったとすると、このサード・アルバムはサウンド的には延長上にありながらも、そうした過去の歴史に倣おうとする殊勝さがカケラもない。前作で繰り広げた歴代ブリティッシュ・サウンドは、今や完全に彼らの骨肉となり、本作ではよりダイナミックに、より野心的に、より奔放に、彼らの演れることの可能性を極限まで追求している。これを聴くと、あの前作ですらちんまりした印象を受けてしまうほどだ。 この途方もない冒険的アルバムは、意識的にロックであること、ロックすら否定することから生まれた。90年代の70年代ロック的なものが復活した風潮の、まったく逆を行くやり方。ロックのうねりが、魂の叫びが、原点が、という周囲の動きをせせら笑うかのように、ブラーは強靭な演奏力をもって触れれば弾けんばかりのポップを叩きつけ、誰にも予測のできないような音の世界にグイグイと漕ぎ出していくのだ。まるで4人の不遜な表情が浮かんでくるような、ふてぶてしい存在感がたまらなくいい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ipp  |  不明  |  2006年11月19日

    捨て曲無し。文句なしの名盤。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    まさ  |  岡山県  |  不明  |  2006年11月18日

    ブラーのアルバムのなかではこのアルバムとMODERN LIFE〜のアルバムが最高傑作だと思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    KAP  |  東京都  |  不明  |  2005年10月25日

    イギリス的なアートワークにブリティッシュロックの影響色濃いサウンド…。コンセプトアルバムのような統一感がすばらしいアルバム。それ故、日本盤ボーナストラックのリミックスは改悪以外の何物でもない。邪魔だ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Rz  |  千葉県  |  不明  |  2005年10月20日

    ブラーのガールズandボーイズやキュアーのラヴキャッツみたいな跳ねる感じの可愛い曲が大好きです

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    堕落プロぐれ  |  アメリカ  |  不明  |  2005年09月27日

    Britt Popの最高傑作。おちゃらけ感もスピード感も、グラマーもデカダンもあり。多彩な曲のバラエティが彼らの充実した実力ぶりを如実に示す。根底にあるのはキンクス、XTCにも通じるシニカルなユーモア。彼らはその後この路線に背を向けるが、同時にこの愛すべきユーモアも失われ、やけにシリアスぶるよになってしまった気がする。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    JACKSON  |  東京都  |  不明  |  2005年05月08日

    「Girls&Boys」のスマッシュヒットを受けてこのアルバムもヒットした。前作で明らかになったイギリスというキーワードをさらに突き詰めた内容。捨て曲がないとは言えないが、どの曲もバンドの旨味を凝縮した充実の出来。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    RAZORMAN  |  SAITAMA  |  不明  |  2005年04月12日

    死ぬまで聞き続けるんじゃないかな?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    にくじゃが  |  埼玉県  |  不明  |  2005年02月24日

    これ好きな人はpre-schoolのpeace pactってアルバム聴いてみて!楽しめるはず(笑)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    matsu  |  shizuoka  |  不明  |  2004年12月21日

    「Girl & Boys」が苦手で、どうも聴く気になれなかった(私はベスト盤からでした。)作品でしたが、蓋を開ければ「Trouble In The Message Centre 」なる名曲が・・・。そして全体を見渡せばちらほらいい曲がるじゃありませんか!だいたい3分の1はいい感じ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    犬一  |  神奈川  |  不明  |  2003年08月09日

    自分的には初めてblurを聞く人はTHINK TankよりPARKLIFEを聞いてほしいと思います!僕のblur最強伝説はPARKLIFEから始まった!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ファっキン・ストリート  |  愛知県  |  不明  |  2003年03月30日

    これほど愛すべきUKの作品はない!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    でー  |  不明  |  2003年01月17日

    90年代を代表する名盤 デーモンは”その時代を定義するようなバンドになりたい”と言っていたけど、本当にこの頃のブラーはそうだったとおもう アルバムからその勢いが伝わってくる 捨て曲なし

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:21件中1件から15件まで表示