トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ストコフスキーRCAステレオ・コレクション(14CD)

CD ストコフスキーRCAステレオ・コレクション(14CD)

ストコフスキーRCAステレオ・コレクション(14CD)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:11件中1件から11件まで表示

  • ★★★☆☆ 

    あまでうす  |  Kagawa  |  不明  |  2017年04月19日

    レオポルド・ストコフスキーは昨日ご紹介したユージン・オーマンディの前任のフィラデルフィア管弦楽団のシェフで、なんと95歳まで生きた。 デイアナ・ダービンが主演した映画「オーケストラの少女」にカッコ良く登場したり、ウオルト・ディズニーの「ファンタジア」に曲をつけたり、ずいぶんクラシック音楽の大衆化に貢献した人だが、バッハの有名な「トッカータとフーガ」を聴いても分かる通り、その音楽のたたずまいには、あまり繊細なところはなくて、豪放闊達にして表情豊かである。 従ってここに収められた14枚の中では、やはりワーグナーの「ワルキューレ」や「トリスタンとイゾルデ」、「マイスタージンガー」や「タンホイザー」などの抜粋、マーラーの「復活」などでエキサイテイングな演奏を繰り広げている。 こういうシンプル&ボールドなアプローチは、当節流行の例えばN響首席指揮者の凡庸なパーヴォ・ヤルヴィの、何かがありそで、なさそで、結局何もない空疎なサクランボの如き神経衰弱音楽のちょうど対極にあるもので、彼の「復活」に間違って拍手喝采してしまった人などには絶対のお薦めである。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    蜻蛉子  |  大阪府  |  不明  |  2013年01月31日

    良い演奏だと思います。もっと派手かと思っていましたが、そんなことはなかったですね…

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    konaka  |  広島県  |  不明  |  2013年01月26日

    独特な演奏です。 ストコフスキー好きでないなら、聴き続けるのは大変かもしれません。 私の場合、多くの曲をストコフスキー盤で最初に聞いてしまったので、 むしろこの演奏がスタンダードにさえ感じることが多々あります。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    半世紀  |  千葉県  |  不明  |  2012年12月30日

    ストコフスキーはLP時代から現在まで敬遠してきた指揮者。1960〜70年代の欧米評論家からも高い評価を得ていませんでした。今回じっくり聴くことにしました。予想通り、ストコフスキーを聴きたいのでなければ、選択しないでもよいでしょう。「彼の」演奏なのです。バッハやワグナーなどは面白いし、演奏機会の比較的に少ない曲も楽しめます。けれども、しばしば演奏される名曲の数々は聴き方が違ってきます。名演や名盤にはならないものです。ブラームス4番などはオケが必死で棒に付いてくる猛烈なスピード・加速には仰天しました。そして、そうかこれを楽しむのがストコフスキーの聴き方なのだと感じたのです。いわゆる「名演」ではありません。オーケストラを聴きこんだ者が、他と異なるものにであったとき、ある者にとっては違和感であり、別の者にとっては驚きにも似た出会いなのです。評論家から高い評価を得ないのもうなずけます。傑作映画「オ−ケストラの少女」で颯爽と指揮する姿を想い起こします。ただ、このセットのオケはしばしば乱れます。それが、彼らしいのか、彼らしくないのかはわかりませんが。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    フランツ  |  宮崎県  |  不明  |  2012年08月16日

    わたしは以前発売されたセットで持っています。今回のセットで初めて聴かれた方も多いようで、前出のレビューの中には少々的外れの文章もありますが、こうしてデッカのフェイズ4以外のストコフスキーも多くの人に聴かれていくことは、ファンとして素直にうれしいものです。ストコフスキーというと、派手なオーケストレーションの変更や楽譜の変更、カットをする指揮者、という一面だけが一人歩きしている感がありますが、ベートーヴェンやブラームスなどカットや改編無く堂々とストコフスキーサウンドで勝負していることや、近現代の作品は極めて正統的に演奏していることをこのようなCD集で聴かれてストコフスキーについてのある種の誤解が解けることもまたうれしいです。没個性的な指揮者が多くなってしまった現代にストコフスキーのような個性的な指揮者の演奏を聴くことは、芸術の本質、パフォーマンスの原典を見直すことにも通じると思います。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    らびっと  |  福島県  |  不明  |  2012年04月21日

    ブラームスやベートーヴェンは意外と普通でしたが、マーラーは結構びっくり。でも最高に特筆すべきは編曲したバッハですね。 ヴァイオリンソロやオルガンの曲をここまで派手に演奏するとは驚きです。 全般的に言えるのは、オーケストラの音外しが非常に多いことですねぇ。 私個人的には完璧に演奏して、そこからの遊び心があれば星5つでしたが とにかくどのオーケストラもうまいアマチュアオーケストラみたいで、当時はこの程度の演奏でも許されていたんだと感心しました。 音の雰囲気は、古い映画を音声だけ聞いているような?? まぁ値段が値段だけに文句は言えませんが、初心者と言うよりはある程度聞き込んだ人向けのお楽しみってところでしょう。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    fukifuki  |  茨城県  |  不明  |  2012年03月04日

    こんなにまとまった数のストコフスキーのCDを聴くのは初めてで興味津津 値段も手ごろ。 disk1このベートヴェンブラームスは意外と普通の演奏。しっかりしたテンポで曲に語らせている雰囲気。録音が比較的新しい割にはもう少し高音の冴えがほしい。 disk2のハチャトゥリアン3番はぶったげました。多量のトランペットのファンファーレ、オルガンまで出てしまう。文字通りハチャメチャトゥリアン交響曲でした。大いに楽しみました。ショスタコも気難しさは薄れて聴きやすかったです。録音も優秀。 disk3セバスティアン組曲はなかなかチャーミングな曲が多く、ロメジュリも表情豊かな演奏でした。54年録音とは思えないほど瑞々しい音にびっくり。デジタル録音?なんて勘違いしてしまうほど。 disk4,5録音極めて優秀。弦の音が素晴らしい。コントラバスの低音が恐ろしく響きます。珍しい声楽入りのワーグナーです。スケールが大きく大河の感があります。 disk6前半の合唱曲は皆親しみやすい曲で大いに楽しめました。水上の音楽も珍しい編曲ですこぶる楽しめました。ハーティー版と甲乙つけがたい面白さ。一発で気に入りました。録音は極めて優秀。 disk7オーヴェルニュはやや素朴さに欠けますが、個性的なモッフォの歌声が何とも言えません。 これはこれで説得力があります。 disk8新世界は金管が雄弁な1楽章、14分余りをかけて情感たっぷりに切々と歌うラルゴ。一番ぶったまげたのは 終楽章前奏が終わって主部に入るところの驚異的なリタルダンド。やってくれるじゃないですか。 disk9  悲愴は強烈な個性的演奏ではないですが、情感たっぷりな演奏はやはりストコか。ルーマニア狂詩曲も本場ブカレストフィルの演奏よりよっぽど面白く聴くことができました。 disk10 シェラザードはあの超名演のロンドン響盤よりもおとなしい感じがしますが、また新しい演奏に 挑戦しようとする意気込みが感じられました。 disk11 トランススクリプバッハはキャピタル盤と甲乙つけがたい。王宮花火は最後に花火の破裂音が派手派手に入っているのにびっくり。楽しませてくれますね。 disk12、13 ブラ4は意外とおとなしい演奏。復活は、いろいろ難しく考えないわかりやすい演奏で、私のようにちょっとこの曲が苦手な人には曲に入りやすい演奏でした。 disk14 トッカータとフーガはキャピタル盤がやや音が古臭くなっているのでこちらの演奏のほうが音に鮮度と迫力があります。おまけのリハーサルも楽しめました。  いやはや14枚一気に聴いてしまいました。選局もポピュラーなものから珍曲までバラエティーに富んでおり 何より、ストコフの聴かせ上手なことにはまいりました。そして、録音も低音がしっかり入っておりスケール感があり好感を持てました。録音年代を考えるとどれも優秀です。特に、アメリカのオーケストラの録音が素晴らしいです。ほかのボックスセットよりリーズナブルで録音も優秀と来ています。ストコフ入門に最初このボックスセットから聴き始めるというのもいいのかなと思います。

    10人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    カズニン  |  東京都  |  不明  |  2012年03月02日

    現代流のスマートな演奏に比べると個性的な歌い回しが多いですね。こういった演奏もアリと思うのが音楽を聴く楽しみでもありますね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    TKOクラシック  |  神奈川県  |  不明  |  2012年02月26日

    ご存じ「ストコ節」。面白い指揮者いたものだと。巨匠の「シェヘラ」「展覧会」「禿げ山」「火の鳥」「惑星」「幻想」「チャイ5」などLPで愛聴していました。それ以外で聴いていないものあるので購入しようかなと思っています。上記のもので入っていないものがあるので残念、なので★4としました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    裏庭の英雄  |  宮城県  |  不明  |  2012年02月25日

    LP時代さんざんお世話になったストコ、CDは98年再発の国内盤2枚しかだぶっていなかったので買いました。リマスターで音質も向上していたし、デッカ、キャピトルのセットとともにこれで代表的なステレオ録音がそろいました。ところどころ出てくるストコ節に、聞きながら思わずニヤッとしてしまいます。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    蓮華人  |  千葉県  |  不明  |  2012年01月18日

    立派な箱に入った「いにしえ」の14枚組を宝物にしている。銀色の箱の中には、一枚一枚、丁寧な解説が添えらた「単売型CD」が詰められている。しかし「1882年、ドヴォルザークが40歳の誕生日の数ヶ月後、ストコフスキーがロンドンに生を受けた」というような、まあ、たいした蘊蓄が書かれいてるわけでもないので、不要といえば不要で、要は「音楽」だけとすれば、「銀の箱」も無用の長物なのかな? 「持っていない人は是非」というべきなのかもしれないが、ここはそれ、「箱がチャッチイし解説なしでは」と無謀な、あえての四つ星を。姑息。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:11件中1件から11件まで表示