トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ムソルグスキー(1839-1881) > ムソルグスキー:展覧会の絵、ベートーヴェン:交響曲第4番 カラヤン&ベルリン・フィル(1988年東京ライヴ)

ムソルグスキー(1839-1881)

CD ムソルグスキー:展覧会の絵、ベートーヴェン:交響曲第4番 カラヤン&ベルリン・フィル(1988年東京ライヴ)

ムソルグスキー:展覧会の絵、ベートーヴェン:交響曲第4番 カラヤン&ベルリン・フィル(1988年東京ライヴ)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:27件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    せごびあ  |  愛知県  |  不明  |  2020年02月08日

    4番についてはじめは「ん?」と思いましたが気付けば最後まで集中して聞くことができ、ポイントをしっかり押さえた演奏といえましょう。ただ名演か?と問われるならばそこは?がつきます。展覧会の絵は冒頭部分が修正されているとのことですが、どんなんだったか気になるところです。ただ修正されたとはいえ、最後まで不安定であることは否めませんが、CDだからそんな聞き方をしてしまうのであって、当時会場に居られた方はさぞ感動されたことと想像はつきます。うらやましい・・・。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    つよしくん  |  東京都  |  不明  |  2012年09月17日

    本盤には、カラヤンによる最後の来日公演(1988年)のうち、最終日の1日前(5月4日)の公演において演奏されたベートーヴェンの交響曲第4番とムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」がおさめられている。カラヤンは、サントリーホールの建設に当たって様々な助言を行ったが、当初は1986年のサントリーホール開館記念コンサートに合わせて来日公演を行う予定であった。しかしながら、健康状態が思わしくないことから、当該来日公演をキャンセルし、その代役を小澤がつとめることになったところだ。1988年の来日公演も、カラヤンの健康状態が依然として芳しいものでなかったことから、その実現が危ぶまれたところであるが、それでも、カラヤンは気力を振り絞って来日を果たした。私も、当時の新聞の社説に「約束を果たした男」などという批評が掲載されたことを鮮明に記憶している。いずれにしても、心身ともに最悪の状態にあったのにもかかわらず、愛する日本のために来日して公演を行ったという、カラヤンの音楽家としての献身的な行為に対して、心から敬意を表するものである。もっとも、カラヤンが、こうした心身ともに万全とは言い難い状態にあったということは、本盤の両曲の演奏にも影を落としており、本演奏は、随所にアンサンブルの乱れやミスが聴かれるなど、カラヤン&ベルリン・フィルによるベストフォームにある演奏とは必ずしも言い難いものがあると言える。ベートーヴェンの交響曲第4番で言えば、本演奏の11年前にベルリン・フィルとともに来日時に行われたライヴ録音による超名演(1977年)とはそもそも比較にならない。そして、ムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」で言えば、本演奏の2年前にベルリン・フィルとともに行われたスタジオ録音(1986年)の方がより優れた名演であり、それら過去の名演と比較して本演奏を貶めることは容易ではあると言えるだろう。現に、レコード芸術誌において、とある高名な音楽評論家が本演奏について厳しい評価を下していたのは記憶に新しいところだ。しかしながら、本演奏については、演奏上の瑕疵や精神的な深みの欠如などを指摘すべき性格の演奏ではない。そのような指摘をすること自体が、自らの命をかけて来日して指揮を行ったカラヤンに対して礼を失するとも考えられる。カラヤンも、おそらくは、今回の来日公演が愛する日本での最後の公演になることを認識していたと思われるが、こうしたカラヤンの渾身の命がけの指揮が我々聴き手の心を激しく揺さぶるのであり、それだけで十分ではないだろうか。そして、カラヤンの入魂の指揮の下、カラヤンと抜き差しならない関係であったにもかかわらず、真のプロフェッショナルとして大熱演を繰り広げたベルリン・フィルや、演奏終了後にブラヴォーの歓呼で熱狂した当日の聴衆も、本演奏の立役者であると言える。正に、本演奏は、指揮者、オーケストラ、そして聴衆が作り上げた魂の音楽と言っても過言ではあるまい。このような魂の音楽に対しては、そもそも演奏内容の細部に渡っての批評を行うこと自体がナンセンスであり、我々聴き手も虚心になってこの感動的な音楽を味わうのみである。いずれにしても、私としては、本演奏は、カラヤン&ベルリン・フィル、そして当日会場に居合わせた聴衆のすべてが作り上げた圧倒的な超名演と高く評価したいと考える。音質は、1988年のライヴ録音であるが、従来CD盤でも十分に満足できる良好なものであると評価したい。

    11人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★☆☆☆☆ 

    オットー  |  福島県  |  不明  |  2011年02月06日

    イマイチだなあ〜!別に修正されていても一向に構わないのですよ。そもそもCDは何回も鑑賞することを目的としているのですから毎回同じミスを聞かされるのも困りますし。編集するという選択は正しかったと思います。だが,演奏が全然ダメ。録音が悪いのもあるが,やはり録音の所為ではない。65年盤と比べてはいけないかもしれないが,やはりあの完成度の高い65年盤を聞いてから聞くと,散漫な印象を受ける。演奏は80年代のDGスタジオ盤をもっとヨボヨボにした感じ。80年代スタジオ盤はあれはあれで80年代のカラヤン独特の夕映えの味が楽しめて,それなりに完成度も高かったからよいが(65年と比べれば当然完成度は落ちるが)このライヴ盤は演奏そのものの完成度が低いように思う(ミス云々といったレベルの低い話ではない!)。なぜならいつもの「おれはこう演奏したいんだ〜!」という彼の強い意志が感じられないからだ。表現が徹底されていないのである。だからなおさらぼやけて聞こえる。まあ,こういったことも含めてカラヤンの意図なのかもしれないが。60年代,70年代,80年代ときっちり10年単位でオーケストラの音色,表現が変わるんだから,88年のこの演奏も計算済みなのかもしれない。と考えればとたんにこの演奏は面白くなるが。しかしそういった聞き方をしない限りわざわざ2800円も出して買う価値のある演奏には思えない。ベト4に関しても同様なことが言える。もたもたして重いことやアンサンブルのずれは一向に構わないが,ここでも強靭な信念が感じられない。だから面白いとも言えるし面白くないとも言えるあたりが面白いのかもしれないが笑・・・・。 ただ,ひとつだけ言えることがある。 「カラヤンはライヴの人間ではなかった(巷では彼のライヴはえらく評判がいいが私には理解できない)」。 カラヤンはやはりいろんな意味で「スタジオ録音が一番面白い」。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Hirohiro  |  兵庫県  |  不明  |  2009年10月17日

    聴くたびに、あの日の東京文化会館を思い出します。キエフの大門では録音の限界を感じますが、当日のホール全体が鳴る状況を少しは伝えてくれるように思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    東京シャルプラッテン  |  東京都  |  不明  |  2009年05月13日

    レコードを聴く喜び、ここにあり。それ以上の言葉はいらない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    松山高校OB  |  埼玉県比企郡  |  不明  |  2009年01月23日

    高校生のとき、FM生中継で聴きました。懐かしいです。吹奏楽部のあある部員がこの日のライブを聴きに行きたくても行けなくて、その同級生が東京文化会館に聴きにいったことを妬み怨んでいた、というエピソードと一緒に思い出しました。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    Pianist  |  Tokyo  |  不明  |  2008年12月15日

    期待の大きすぎたブラームスよりは好印象。第四は確かにもっさりしているが、それでも重さを跳ね除けようとするカラヤンの意思的な棒がオケを「覚醒」させる過程が興味深い。第二楽章も美しい瞬間がある。但しスタジオ録音盤より各段に素晴らしいかと言うと少々疑問。展覧会はティピカルなカラヤン風の演奏。これまで86年録音のDG盤で親しんでいたが、この東京ライブも「聴かせ上手」に素直に乗せられ、抵抗はなかった。当日公演の団員が何と証言しようと、終わったばかりの興奮が消え去って後に聴き直してみてこそ本当の価値が分かる事もあるのでは?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    じゅんじゅん  |  東京都  |  不明  |  2008年08月09日

    演奏は最高! しかし、『展覧会の絵』の録音が悪い。冒頭の修正には目をつぶる。しかし、「キエフの大門」最後、銅鑼や鐘が鳴り響く箇所から、急にオーケストラの音が薄っぺらくなってしまっている。実演はこんなだったはずがなく、明らかに録音の不手際。ハノーヴァーの最新技術をもってしても、どうにもならなかったのだろうか? ここぞという肝心な箇所でのことなだけに痛い。非常に悔やまれる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    金さん  |  長野県長野市  |  不明  |  2008年06月14日

    修正があるとはいえディスクとしては上出来だと思います。ベートーヴェンはカラヤンはドイツ物が下手だと思っていましたが、重厚な響きのベートーヴェンらしい演奏で素晴らしいと思います。 展覧会の絵はカラヤンらしい色彩感がやや薄れているものの重い響きは巨匠の最晩年の素晴らしさを感じさせます。 楽譜をめくる音が聴こえていいですね。悲愴も素晴らしかったので、ブラームスも買うことにしました。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    恐怖のタヌキ男  |  地球  |  不明  |  2008年06月03日

     カラヤン、最後の来日の記録ですが、録音も上々。ベートーヴェンはカラヤンの老いも感じられるものの、ベルリン・フィルが、後のアバドやラトル時代とは根本的に異なるスーパー・オーケストラであったことを示す記録で、こんな重厚なサウンドを見せていたとは驚きました。展覧会の絵、ラトルの指揮とは全く違う、重量感に満ちたもので、大満足です。当時、NHKのFMで聴きました。NHK音源のCDとしては、久々のヒットものです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    のりっく  |  つくば  |  不明  |  2008年05月27日

    私も運良く東京文化会館の演奏に行くことが出来ました。展覧会の絵の冒頭のミスはありましたが、最後にはそんなことを忘れるくらい楽器を良く鳴らせた素晴らしい演奏でした。キエフの大門の最後の鐘の音が今でも忘れられません。本CDは88年にFMでライブ放送されましたが、その後しばらくして再放送された物をそのままCD化したものではないでしょうか。録音レベルが不自然な部分はありますが、演奏自体はとても素晴らしいと思います。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    J.S.バッハ  |  東京  |  不明  |  2008年05月25日

    「展覧会の絵」冒頭のTpの修正はそれほど大きな問題ではないだろう(ライブ収録でこうした修正がなされるのは常).何よりこの演奏がCD化されることが夢のようだ.この演奏は会場で聴いていたが,実演はかなりデッドだった記憶があった.そのためベートーヴェンは実演ではなかなか良さを味わえなかったが,今回のCD化では素晴らしい音響になっている.展覧会の絵は,修正されていることを割り引いて考えたとしても,十二分に第一級の演奏だ.とりわけキエフの大門は圧倒的な音響絵巻であり,これぞカラヤンの真骨頂である.

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    トロ  |  神奈川  |  不明  |  2008年05月22日

    発売当日に購入しました。展覧会の絵の冒頭のTPのミスは修正されてます。(タスキに一部編集・補修との表記有り)ベートヴェンも展覧会の絵も素晴らしい演奏ですが、演奏会場の違いからか、同じシリーズのモツ39、ブラ1のような「生々しい音」を感じさせるような録音ではありません。もちろんFM放送時よりも音質は向上しているので、買う価値はあると思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    amyamu  |  神奈川 川崎  |  不明  |  2008年05月21日

    我々は、あまりにもカラヤンの完璧なスタジオ録音になれてしまっていたようだ。その結果あの気持ちが悪いまでのレガートに、人間離れした機械的な究極の美に拒絶反応を起こす人までいただろう。しかし、死語20年経った今正規のライブ録音を聞けるようになって、これほどまでに熱く、人間くさいカラヤン・BPOを聞くことができ、子供の頃聞いた、最近あまり聞かなくなったカラヤンのCDを再度聞き直すチャンスを与えてくれた。残念なのは録音がひどい。最後は明らかに録音レベルの不自然な調整で何かおかしい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    かつみ  |  八王子  |  不明  |  2008年05月21日

    本日待望のCDが届きました。申し訳なくも展覧会の冒頭から掛けてしまいました。自分としては正直残念でした。やはり、しっかり修正?がなされてまして・・・・・。貴重な演奏・演奏会であるということで、ママでリリースしてほしかった。ま、それはそれで貴重な演奏記録であることは間違いないのですが、貴重であればあるほど手を加えてしまうのはどうも納得いきません。こんな風に思ってしまうのはよくないですかね(~_~)。エアチェックテープには今しばらく現役で頑張ってもらうしかありません。今回のこの評価は、ユーザーの本心というか本当の

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:27件中1件から15件まで表示