BUMP OF CHICKEN

CD orbital period

orbital period

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:78件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    太陽の塔  |  大阪府  |  不明  |  2012年07月10日

    「かさぶたぶたぶ」の曲は、どこの世界を探しても彼にしか作れないだろうなぁ。絵も上手いしいつか絵本を出してほしい。「かさぶたぶたぶ」や「ダンデライオン」を絵本で見てみたい

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    LAMP  |  兵庫県  |  不明  |  2010年08月06日

    個人的にBUMPで一番好きなアルバムかもしれないです(^ω^)! ブックレットの方もCDの方もとにかくホントに感動しました。 おすすめは3,4,6,7,10,12,14です。ってかもう全部の曲がやばかったです。才悩人応援歌はすごく共感できました!! レビューまとまってなくてすいません;; 参考になったら嬉しいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    赤坂  |  東京都  |  不明  |  2010年02月19日

    BUMPの魅力が詰まったアルバム。 またブックレットが藤原さんの世界観が表現されていて素晴らしいです!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    とん  |  東京都  |  不明  |  2009年05月16日

    このアルバムですっかりバンプにはまりました。盛り上がれる曲からしっとり浸れる曲まで、また遊び心もあって、1枚でかなり満足できる作品だと思います。発売されてからもうかなり聴きましたが、今でも新鮮な気分楽しめます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Rei  |  宮城県  |  不明  |  2009年05月16日

    聴くたびに元気を貰ってます。飽きをこさせません。初めてバンプの魅力に気付きました。個人的には「ハンマーソングと痛みの塔」と「arrows」が好きです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    もすし  |  神奈川県  |  不明  |  2009年05月02日

    このアルバムでバンプにハマりました。購入したきっかけは、「花の名」ですが、他もいい曲ばっかり。個人的には、「星の鳥」から「メーデー」に変わるところがめちゃくちゃかっこよくて好きです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    0123  |  不明  |  2009年01月25日

    とにかくバンプのアルバムは一回聴いただけで判断してはいけない。 自分も最初に聴いた時はいまいちだった。 でも、聴いていく内にハマってくる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    みゅーじっく。  |  TOKYO  |  不明  |  2009年01月18日

    遅めのレビューです... 感想があまり まとまってませんが... 今作の 『orbital period』は 「28周期」という 壮大なタイトルを背負っています。 だけど、その壮大に 負けない程 素晴らしいアルバムです。 「花の名」や「supernova」 など、じんわり涙を誘う曲や 「才悩人応援歌」など、 心に突き刺さる印象深い曲など 素敵な曲ばかりです。 「voyager」から始まり 「flyby」で終わる... 私の場合は、 1周聴き終わって、 2周に入ると、 アルバムの壮大さに気付きました。 今からでも遅くない 買うべきです(*´∀`)⌒☆

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    '89  |  不明  |  2009年01月10日

    初期のメロコアの音はもうここにはなく、注目すべきは前作から見られる、(アンプラグドなものを含む)クリーンサウンドへの変遷とアレンジの冴え。ルーツミュージックを取り込んだものもあれば、ブライアン・メイを真似たギターもある。じっくり聴けばM-1の音の重ね方、M-12のアンサンブルの妙に引き込まれる。断言する、このアルバムは彼らのキャリアの中で最も音楽的な広がりを持った作品だ。ただ、個人的に惜しむらくは歌詞…。「ユグドラシル」にあった何処か醒めた、皮肉なストーリーの方が冴えてたかな、と思えてしまうので、それだけが(本当個人的に)残念です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    はるか  |  nagoya  |  不明  |  2009年01月07日

    今までは、シングルが出ればチェックする・アルバムはレンタル、という程度の関心しかこのバンドにはありませんでした。でもこのアルバムは本当に凄い。視聴してみて妙に心に残る楽曲がいくつかあったのと、88ページものブックレットが気になって購入を決めました。初めて通して聴いた時に感じた、恐怖に近いほどのスケールの大きさは今も忘れられません。あの感覚は言葉では言い表せないので、とにかく一度聴いてみて欲しいです。arrouws→涙のふるさとの流れは特に秀逸。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    moja  |  okinawa  |  不明  |  2008年08月08日

    このCDは私の人生を変えました。藤原さんすごいです。これからも応援します。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    earth  |  tokyo  |  不明  |  2008年06月23日

    名曲揃いの名盤。「プラネタリウム」「supernova」「花の名」は何百回聴いても感動するし、どんどん心の奥深くまで染みていく曲。「メーデー」の歌詞もすごく良い。「ひとりごと」「飴玉の唄」「arrows」「flyby」は藤原さんでなくては書けない、純度の高い切なさを持つ曲。是非、歌詞カードを読みながら聴いてほしい。ライブで聴いた「arrows」は凄かった。ブックレットのストーリーもいろいろなことを考えさせられる、示唆に富む内容です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    メーデー  |  ギルド  |  不明  |  2008年05月25日

    相変わらずたいしたことのないアルバムだが、前作や前々作よりはだいぶマシになってる気もする。考えてみればMr.ChildrenやB'zが後に名作と言われるアルバムを出すのはやはり五枚目から七枚目あたりだし、このバンドはまだメジャーデビュー三枚目。過剰な売り上げと過剰なファンによる評価を抜きにすればまあまあ妥当なのかもしれない。ただ「涙のふるさと」を聴いて、藤原のソングライターとしての限界を見た気がした。これから新たな方向性を探るのか、マンネリ歌謡曲で固定ファンにしがみつくのか、少し気になる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    みはる  |  徳島県  |  不明  |  2008年05月24日

    ユグドラシルで初めてCD買おうかなどうしようかなって、自分の購入意欲の射程に入って、今回のアルバムで初めて購入を決めた、自分みたいな新規なファンもいるわけで。 前に比べてとっつきやすくなったと思う。多分自分がそう感じているところが逆に、前からのファンの人には違和感を感じるところと一致してるんだろうなと思うけど。 メロディーの愛唱性が高くなった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ダン  |  東京  |  不明  |  2008年05月10日

    全体的に静かなアルバム。 ”歌える”バンドの落ち着き感が溢れてると思う。 荒さは無くなったけど ボーカルは以前に増して 綺麗になってる。 とても好きです

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:78件中1件から15件まで表示