トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > シューマン、ロベルト(1810-1856) > 詩人の恋、リーダークライス、歌曲集 フィッシャー=ディースカウ、エッシェンバッハ、デムス(2CD)

シューマン、ロベルト(1810-1856)

CD 詩人の恋、リーダークライス、歌曲集 フィッシャー=ディースカウ、エッシェンバッハ、デムス(2CD)

詩人の恋、リーダークライス、歌曲集 フィッシャー=ディースカウ、エッシェンバッハ、デムス(2CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★★ 

    manmansaru  |  神奈川県  |  不明  |  2012年09月25日

    器楽曲に比べ声楽曲は苦手なのですが、LP時代にフィッシャー=ディースカウの詩人の恋、リーダークライスを購入したことがあります。伴奏者は記憶にありませんが歌にはあまり馴染めませんでした。 最近別の演奏家のシューマン歌曲のCDを購入したのですが????でした。 おりしも吉田秀和氏の「永遠の故郷」に収録されていたフィッシャー=ディースカウがこんなに芳醇だったのかと再認識し、このCDセットを購入しました。発売から大分経っているのですが、この価格設定は間違っていませんか?

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    黒いクリスタル  |  神奈川県  |  不明  |  2012年05月10日

    なんと美しい声とドイツ語の響き。エッシェンバッハは心の奥に傷と闇があるピアニストですね。そして臆することなくそれを音楽の中にさらけだす自虐的なところがある気がします。そこが惹かれる理由と共感できるところ。しかし、ソロだとあまりにも強烈すぎる時があり、耐え切れずに途中で聴くのを断念することも・・・・。だから。 エッシェンバッハはアンサンブルが好い。共演者の魅力を引出し、自分も実に美しく輝いているようなピアノ。共演者と寄り添い、絡み合い。 デームスは落ち着いた優等生。歌いながら、きちんと引き締まったところがとても好き。限りなく惹かれるシューマンです。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示