トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ショスタコーヴィチ(1906-1975) > 交響曲第7番『レニングラード』 スヴェトラーノフ&ソ連国立響(1968年スタジオ) 

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

CD 交響曲第7番『レニングラード』 スヴェトラーノフ&ソ連国立響(1968年スタジオ) 

交響曲第7番『レニングラード』 スヴェトラーノフ&ソ連国立響(1968年スタジオ) 

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (6 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:7件中1件から7件まで表示

  • ★★★★★ 

    tpkwsv  |  北海道  |  不明  |  2011年06月26日

    これと78年盤のスヴェトラーノフ2種がレニングラードの最高峰だと思います。スヴェトラーノフといえば爆演。そして爆演が似合うこの曲。最高の相性だと思います。とにかく熱い演奏。バーンスタインは足元にも及びません。我が家の家宝です。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    謙ちゃん  |  横浜  |  不明  |  2005年04月20日

    スヴェトラーノフには計4種の「レニングラード」録音があるが、1楽章に関しては、この盤に勝るものは無い。ひたひたと押寄せる恐怖を実に見事に描いている。古い録音にも拘らず、スタジオ盤なのでオン・マイクの鮮明な音が細部を明確にしていることも嬉しい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ヤギ男  |  呉市  |  不明  |  2004年12月21日

    長年の使用で、同じ演奏のビクターのLPが傷んできたので、CDを買った。 戦争の破壊と狂気をこれほどリアルに表現した演奏は他に存在せず、すばらしいと思います。特にスネアドラム(小太鼓)は、ロシアの金管のものすごい咆哮に負けず、第1楽章ほとんどに渡って響きわたっているのは、圧巻です。ただLP版に比べ、録音の深みと奥行きがなくなっているのは残念!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    スターリングラード  |  広島市  |  不明  |  2004年12月18日

    スヴェトラーノフのレニングラードはスウェーデン放送響盤が最高で、かのバーンスタイン盤と共に史上最強の地位に君臨していたが、レーベル活動停止に伴い入手絶望的という残念な状況が続いている。そんな中、当スタジオ録音盤が78 年ライブ盤と共に再発されたことは大歓迎だ。ライブ盤も凄いが、こちらも凄絶。録音が落ちる点のみが唯一の減点要因。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    arabandaluz  |  山梨県  |  不明  |  2004年04月12日

    比較してどうだ、ということではなく、とにかくこの7番は好きだ。端正で力強く見通しがいい。私の中での決定版となった。この魅力には抗しがたい。ショスタコではこれまでムラビンスキーの6番(’72モスクワライブ)、コンドラシンの4番、11番、13番、ザンデルリンク・クリーブランド管15番がそうであったように。5番、8番、10番はいつ出会えるのか?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    T/O  |  岐阜  |  不明  |  2004年02月08日

    とにかく熱く、激しい演奏。ジャケットの写真のように燃え上がっています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    信者  |  モスクワ  |  不明  |  2003年12月12日

    こちらの演奏は、実は後年のライブ録音より全然いいです。爆裂スヴェトラーノフの演奏が楽しめます。どうせ買うならこちらをどうぞ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:7件中1件から7件まで表示