トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > 伊福部 昭(1914-2006) > 伊福部昭の芸術8 頌 卒寿を祝うバースデイ・コンサート完全ライヴ 本名徹次&日本フィル、東京混声合唱団、コールジューン、卒寿祝賀合唱団(2CD)

伊福部 昭(1914-2006)

CD 伊福部昭の芸術8 頌 卒寿を祝うバースデイ・コンサート完全ライヴ 本名徹次&日本フィル、東京混声合唱団、コールジューン、卒寿祝賀合唱団(2CD)

伊福部昭の芸術8 頌 卒寿を祝うバースデイ・コンサート完全ライヴ 本名徹次&日本フィル、東京混声合唱団、コールジューン、卒寿祝賀合唱団(2CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (3 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (1 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:4件中1件から4件まで表示

  • ★★☆☆☆ 

    Tantaky  |  長野県  |  不明  |  2014年09月08日

    初めてこの演奏を聞いたのは、BS2のクラシック倶楽部で当時は高校生でした。なんて凄いんだろうと驚き、ハマりました。それから10年経ち改めて聞き直しましたが…。フィリピン〜の最後の最後の不自然な加速、日本狂詩曲の最後の最後で不自然な加速、SF〜の最後の不自然な加速、釈迦での曲の終わり方、タプカーラ交響曲の早すぎるテンポと最後の加速…。当時の私を熱狂させたあの演奏がこんなにも酷いとは思いませんでした(私の価値判断基準が変わったから?いやそれにしても…)。途中で演奏を諦めている奏者がいるようにも思います。なぜこの指揮者は最後の最後で「やらかして」しまうのでしょうか。オーケストラニッポニカでの大澤壽人のピアノ協奏曲でもそうでした。終わりよければ全てよし、という諺がありますが、その逆を行く指揮者の方だと思います。伊福部ファンで、且つこのシリーズを集めている方以外にはお勧めできません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    アンチコバケソ  |  日本  |  不明  |  2006年02月18日

    日本フィルの伊福部録音の集大成ともいうべきディスク。ライヴ録音にもかかわらず演奏の荒れなどがあまり感じられないのは、「伊福部語法」を本当に理解し、それぞれの楽曲を手中に収めている証拠ではなかろうか。広上盤(シリーズ4枚目)ではインテンポだったSF交響ファンタジーの「ゴジラのテーマ」の入りを、アッチェレランドにした本名の解釈には多少違和感を感じるが、ここまで作曲家への敬愛の念にあふれた演奏も貴重である。一連のシリーズに含まれなかった交響頌偈『釋迦』が特に秀演。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Jaime  |  Tokyo  |  不明  |  2005年01月22日

    このライヴ会場にいなかったことを後悔するアルバムです。本当に勿体無いことをしました。さて、CD入手直後は『SF交響ファンタジー』を繰り返し聴いていた私も、今は『交響頌偈《釋迦》』のリピーターです。「この曲は、いつか歌いたい!」という希望を持って聴いています。残念なのは、ヴォーカルスコアが一般に出回っていないこと。これは、是非スコアを見ながら聴きたい。なお序でながら、書籍『伊福部昭の宇宙』、DVD『ゴジラ(第1作)』を合わせて購入することをお勧めします。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    GT−R  |  長野県  |  不明  |  2004年11月04日

    祝卒寿、いまや国民的作曲家といっても過言ではない伊福部昭先生の代表作品を一挙に取り上げたコンサート、伊福部昭万歳!と叫びたくなる一枚、必聴すべし。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:4件中1件から4件まで表示