アンディ・ウィリアムス (ヴォーカル)

CD Emperor Of Easy: Lost Columbia Masters 1962-1972

Emperor Of Easy: Lost Columbia Masters 1962-1972

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (0 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★☆ 

    masa  |  富山県  |  不明  |  2020年06月15日

    アンディの未発表音源集が発売された。アルバム用に録音されたが結局アルバムに収録されなかった曲ばかりというところ。アンディらしくて気持ち良く聞けるのは、アントニオ・カルロス・ジョビンの“ボニータ”、バート・バカラックの“ア・クエスチォン・オブ・ラブ”、これがとても良い。さらにミュージカルから“スルー・ザ・イヤーズ”、そして“ホワッツ・ザ・マター・ガール”、ナット・キングコールの“ツーヤング”というところ。アルバム「アンディ・ウィリアムス・ショー」(1970)用に録音されたが埋もれていた曲、“ふられた気持ち”、“花のサンフランシスコ”、“プラウド・メアリー” など5曲も出てきた。久々にアンディの張りのある声が聞ける。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示