トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > ロック > オルタナティヴ/パンク > 来日パンク/ハードコア・バンドをチェック!

来日パンク/ハードコア・バンドをチェック!

2008年1月8日 (火)

  3年ぶり新作を引っさげて来日!!


Jimmy Eat World > Jimmy Eat World
Jimmy Eat Worldの2004年発表の前作『Futures』から約3年、遂に新作を発表!アルバムの評価もすこぶる好調&現在オンエア中のアサヒスーパードライのCMで「Sweetness」が起用されるなどエモ・リスナー以外の幅広いリスナーから注目を集める今、待望の来日公演決定!作品ごとに深みを増したロック・サウンドを聴かせてくれるJimmy Eat Worldが、過去最高傑作ともいえる新作を引きつれエモラーを泣かせにやってきます!

【アルバム】
『Chase This Light』




オープニング・アクトに決定!!

Maritime > Maritime
Jimmy eat Worldのアメリカツアーに数ヶ所参加していたMaritimeが今回ゲストとして来日!Promise RingとしてJEWと同時期に活動した、元祖エモ好きには一昔前を錯覚させるようなコンビネーションでこちらも必見!9月にリリースした新作『Heresy & The Hotel Choir』もPromise Ring全盛期をモロに想起させるバンドアンサンブルで泣ける!

【アルバム】
『Heresy & The Hotel Choir』






  フジに引き続き再来日!


Mae > Mae
今夏はFUJI ROCK FESTIVAL'07も大好評を博し、デジャー・デビュー作となった最新作もビッグ・セールスを記録したMaeの再来日ツアーが決定!! 胸に迫る叙情的なメロディ、透明感のあるヴォーカル・ライン。そして新たに加わった壮大でダイナミックな要素が絶妙に合わさって、より厚みを増しスケール・アップした新しいMaeの世界観を堪能できることでしょう!!

【アルバム】
『Singularity』






  待望の単独来日ジャパン・ツアー!


Sum 41 > Sum 41
サマソニ'07のヘッドライナーを飾った我らがSum 41が約3年ぶりとなる待望の単独来日ジャパン・ツアーしにやってきます!今まででベストとも言いきる最新アルバム『Underclass Hero』をリリースし、音楽的にもバンドの方向性も成長をしたSum 41の新たなチャプター!全国全5ヵ所、合計6都道府県を回る全国のSumファンへ捧げられる歓喜の来日!

【アルバム】
『Underclass Hero』






  モーション再び…!


Motion City Soundtrack > Motion City Soundtrack
2007年最も期待されるバンドとしてAPの表紙を飾り、まさにその言葉通りNEW ALBUMがバンド史上最高位となるビルボード初登場16位を記録!今最も勢いのあるMCSがFUJI ROCKに続き単独来日公演決定!!MCOS独特のレトロなムーグ・シンセと切ないメロディ!加えて強烈なおっ立てヘアーで期待度は満点!

【アルバム】
『Even If It Kills Me』




盟友Cartelも参戦!

Cartel > Cartel
一昨年リリースされたデビュー・アルバム『Chroma』が好評で早くから期待されたcartelの2ndアルバム!MTVの人気企画というタイアップもあり本国USでは大ブレイク!その定評あるメロディアスな曲作りにはいっそう磨きがかかり、もちろん日本でも昔からのファンを含め全エモ・リスナーの心を捉えることに!!

【アルバム】
『Cartel』






  奇跡の再結成!来日ジャパン・ツアー!


Taken > Taken
あの伝説的叙情派ニュースクール・バンド、Takenの未発表音源(ライブトラックすべてが日本未発表!)を収録したBサイド・コレクションと、彼らに影響を受けた日本のバンドたちによるTakenトリビュート・アルバムの2枚をセットにした激情すぎる2枚組が登場!!そしてまさかのリユニオン・ツアーで日本へ来日!

【アルバム】
『This Is Forever The B-side Collection』




意外とこちらも話題!!

Horse The Band > Horse The Band
ファミコン+エモ!?”ニンテンドーコア”の代表的バンド、Horse The Bandが遂に来日決定!! 古きよき8ビット・ゲーム・ミュージックとエモ/ハードコアを融合させた”ニンテンドーコア”界を代表するバンドであり、チープなキーボードと激しいギター、疾走感あふれる演奏の奇妙なハーモニーが魅力!メンバーはいたって本気(マジ)のギャップがかなりエモーショナルでカオティック!

【アルバム】
『Natural Death』








日米ハードコア・フェス、PUMP UP THE VOLUME FES!!

『PUMP UP THE VOLUME FEST 2008』 このフェスはEndzweckの宇宙氏が発起人となって実現された、日米のハードコア・バンドが集結する ですが、遂に出演バンドが全部出揃いました!!

トリはMisery Sugnalsに決定!!05年の道場で来日して以来の2度目の来日。Ferretからリリースした2ndアルバム『Mirrors』も人気が高く、いよいよといった感じ!そして、NYのSworn Enemyや向こうじゃトリを務めるくらい人気のBaneなどの参戦!さらに日本からも熱いバンドたちが多く出演し、熱心なハードコア・リスナーには見逃せない内容となっています!




  Pump Up The Volume ラインナップ!!!!


Misery Signals > Misery Signals
プロデューサーにDevin Townsend を迎えて制作された1st『Of Malice...』をリリースした後、 初来日となった05年6月のEXTREME THE DOJO Vol.14では、卓越した演奏力と爆発力を兼ね揃えたステージングで日本のオーディエンスを圧倒したMisery Signalsが再来日!エモーショナルかつダイナミズムを表現した名盤2nd『Mirrors』から、後任のタフvo.Karl Schubachにチェンジしているのでそちらにも注目!新曲も聴けるかもしれないっすね!

【アルバム】
『Mirrors』





Sworn Enemy > Sworn Enemy
3作目となるフル・アルバム『Maniacal』をリリースしたばかりのSworn Enemyが来日!新作は「自分達が今まで作った中で最高、かつ最もスラッシーな作品」と語るように、 ニューヨーク・アンダーグラウンドに根づく野蛮極まりないモッシュ・サウンドが炸裂!油断してると怪我するぞ!コワ〜イ兄貴たち本気汁100%のパフォーマンスは想像以上の興奮を約束いたします!

【アルバム】
『Maniacal』





Bane > Bane
日本には何度か来日を果たしているBane!オールドスクール・サウンドをベースにモダンなHCエッセンス、そしてエモーショナルな楽曲と熱いヴォーカリゼーション何度みても熱くなるッス!他のHCバンドと比べてBaneは聴けばそれと分かる独特のアグレッシヴ感がカッコいいー!

【アルバム】
『It All Comes Down To This』




Love Is Worth It > Silent Drive/Love Is Worth It
上記のBaneのZach JordanとPete Chiltonが在籍するSilent Drive!Baneよりもさらに深く掘り下げたポスト・ロック・サウンドで、ハードコアの新たな方向を示しているかのような落ち着いた雰囲気、Baneとはまったく違うシットリ感、そして真の男のエモーショナルって感じ...。




Mutiny > Set Your Goals/Mutiny
現代の7 Secondsともいうべき、Eulogyのポジティヴ・バンド、Set Your Goalsが参戦決定!ちょっとオバカそうな憎めないキャラとポジティヴな楽曲でチッタも猛烈にあったまるんじゃないでしょ〜か!彼らのライヴは楽しいに決まってる!





Burn Your Bones > Comadre/Burn Your Bones
Endzweckが共にUSツアーをこなした仲良しのComadre!激情なヴォーカルに、キャッチーに刻まれるハイテンション・サウンドは毎度聴いても味がありますな〜!ダンサンブルで子気味よく進む展開&激情サウンドが病みつきになるです。





Naked And The Dead > Endzweck/Naked And The Dead
PUTV Fes主催者である宇宙氏在籍のエンズさんも最新アルバムをリリース!!東京のハードコアシーンの創世記から活動しひたすら突っ走ってきた彼らですが、活動10周年という節目を迎えた今も超活発なライブ活動を続けており、もはや誰も追いつけない存在に!





Loyal To The Grave > Loyal To The Grave/Still Crimblin'Still Believin'
LOUDPARK’06にも出演するなど日本を代表するハードコア・バンド、L2G!ブ厚いギターからお約束のモッシュ・パートからビートダウン・パートまで、縦横無尽にシフト・チェンジするリズムは多くのニュースクール・バンドの中でもズバ抜けたレベル!このフェスに来る方にはお馴染みだとは思いますが欠かさずチェックを!





Split > Shook Ones ・ Easel/Split
昨年のShook Onesとのスプリットもすごい良かった、東京のメロディック・パンク・バンドEasel!LifetimeやSavesTheDay、90年代中期辺りに影響を受けたであろう哀愁を帯びたエモーショナルな楽曲と日本語詞が絡んで沁みる〜!





Split > At One Stroke/Illusionistic World
東京ニュースクール・ハードコアの重鎮At One Stroke!常にシーンを支えてきた彼等は、デスメタルの影響が濃く現れたへヴィかつブルータルな楽曲で一気にオリジナルサウンドを確立し、一躍東京のニュースクール・ハードコアの代表的存在である彼らにはリスペクトするバンドも多いです!!





Split > Fc Five/Super Bloom
海外バンドの来日ツアーのサポートから、アジア各国でのライブ、もちろん多数の国内ツアーまで積極的にこなして音とともにビッグになた我等がFC Five!前作はBill Stevensonでしたが、新作ではプロデューサーにPelle&Eskill(Refused,Poison The Well,In Flames等)を迎えスウェーデンにてレコーディングを敢行!




> PUTV Fest オフィシャル・ページ





春の恒例、パンクの祭典PUNKSPRING!!

『PUNKSPRING 2008』 今年で3度目になるパンクスの祭典、PUNKSPRING!
年末には第2弾出演アーティストが発表され、そろそろ第3弾も発表されるのでは??と期待は高まる一方!

現在発表されているバンドだけでも充分豪華すぎますが、おそらく最後にサプライズ的なビッグなあのバンドが待っているはず!!!??こっりゃ〜待ち遠しくて大変だなオイ!




  PUNKSPRING 08 ラインナップ第2弾から!!!!


Envy On The Coast > Envy On The Coast
ニューヨーク州はロング・アイランドにて結成された5人組、Envy On The Coast!!Fall Out Troyのような少しヘヴィーなポスト・ハードコア・サウンドをベースに、変拍子を多様したプログレ・エモ・サウンド、さらにピアノを主体としたメロディアスなサウンドまで幅広くリスナーを飽きさせない魅力を持った次世代バンド!

【アルバム】
『Lucy Gray』




> PUNKSPRING出演のその他のバンドはこちらでチェック!

> PUNKSPRING 08 オフィシャル・ページ





> ページTopへ戻る