フェルト 80年代 Cherry Red / Creationレーベル 全アルバム10タイトルが新装ジャケットで再発

2022年04月06日 (水) 18:00

|

HMV&BOOKS online - ロック


フェルトの Cherry Red〜Creationレーベル全アルバム10タイトルが新装ジャケットアートワークで再発

地元バーミンガムで1979年に結成。「10枚のシングルと10枚のアルバムを発表して解散する」と公言するなど、偏屈で変わり者としても知られるローレンス・ヘイワード (vo, g)、美麗なアルペジオギターや独創的なフレーズを紡ぐモーリス・ディーバンク (g) を中心に、80年代UKインディロック〜ネオアコースティック〜ギターポップシーンを牽引したフェルト。1981〜89年 Cherry Red、Creation レーベルに残した歴代アルバム10タイトルが新装ジャケットアートワークで一挙再発。


Crumbling The Antiseptic Beauty (1982)

1982年にCherry Redレーベルから発表された6曲入りのデビューアルバム。

ネオアコ〜インディポップ界の名プロデューサーであるジョン・A・リヴァースがプロデュースを担当した本作は、ローレンスのつぶやくような歌声やモーリスの儚いギター、ゲーリー・エインジのドタバタなドラムなど、フェルトの世界観はこの頃から創出されており、彼らの初期衝動とまだ拙さも感じさせるぎこちなさも記録された。


輸入盤CD

Crumbling The Antiseptic Beauty

CD輸入盤

Crumbling The Antiseptic Beauty

Felt

(1)

価格(税込) : ¥2,299

会員価格(税込) : ¥2,001

まとめ買い価格(税込) : ¥1,495

発売日: 2022年04月29日

収録曲


Splendour Of Fear(1984)

前作に引き続き6曲入りのアルバムで、プロデュースも同じくジョン・A・リヴァースが担当。ローレンス曰く「もっとも完成したフェルトのレコード」とのこと。中でもモーリスが奏でる凛々しくも耽美なギターは白眉。本作にはベースとしてミック・ロイドが参加。ジャケットは、アンディ・ウォーホルが監督した「チェルシー・ガール」のポスターがオマージュされている。


輸入盤CD

Splendour Of Fear

CD輸入盤

Splendour Of Fear

Felt

(2)

価格(税込) : ¥2,299

会員価格(税込) : ¥2,001

まとめ買い価格(税込) : ¥1,495

発売日: 2022年04月29日

収録曲


Strange Idols Pattern And Other Short Stories (1984)

プロデュースは、XTCやストーン・ローゼズなどで知られるジョン・レッキー。全10曲からなる本格的なアルバム仕様となっており、さらに、よりポップへと振れた内容のため “ネオアコのフェルト” としての印象を決定付けたアルバム。本作は、ルー・リードのようなローレンスのヴォーカル、モーリスの柔軟かつ創造性のあるギタープレイ、シンプルに刻まれるドラムとベースなどギターロック然としたバンドサウンドが特徴的。


輸入盤CD

Strange Idols Pattern And Other Short Stories

CD輸入盤

Strange Idols Pattern And Other Short Stories

Felt

(2)

価格(税込) : ¥2,299

会員価格(税込) : ¥2,001

まとめ買い価格(税込) : ¥1,495

発売日: 2022年04月29日

収録曲


Ignite The Seven Cannons(1985)

プロデュースは、コクトー・ツインズのロビン・ガスリーが担当。本作から、現在プライマル・スクリームで活動しているマーティン・ダフィがキーボードとしてメンバー入りし、ベースもミックからマルコ・トーマスへと変わっている。

ロビンのプロデュースということで、全体的に淡いリヴァーブのかかった音像の中、ダフィのしなやかなキーボードとモーリスの優美なギターがスリリングに響く秀作。「Primitive Painters」ではコクトー・ツインズのエリザベス・フレイザーがヴォーカルで参加。本作後、ギターのモーリスが脱退している。


輸入盤CD

Ignite The Seven Cannons

CD輸入盤

Ignite The Seven Cannons

Felt

価格(税込) : ¥2,299

会員価格(税込) : ¥2,001

まとめ買い価格(税込) : ¥1,495

発売日: 2022年04月29日

収録曲


Seventeenth Century(1986)

Cherry Redとの契約が終了した1986年に、アラン・マッギーが主宰する当時の新興レーベル Creationに移籍してリリースした5thアルバム。

マーティン・ダフィのハモンドオルガンを軸にしたインスト曲で構成された本作は、当初『Let the Snakes Crinkle Their Heads to Death』というタイトルだったが、2018年の再発時にローレンスの意向によりタイトルが現在のものに変更された。


輸入盤CD

Seventeenth Century

CD輸入盤

Seventeenth Century

Felt

価格(税込) : ¥2,299

会員価格(税込) : ¥2,001

まとめ買い価格(税込) : ¥1,495

発売日: 2022年04月29日

収録曲


Forever Breathes The Lonely Word(1986)

プロデューサーに再びジョン・A・リヴァースを起用。ジョンもこの頃はジャズ・ブッチャーやクローズ・ロブスターズ、パステルズなどを手掛けており、お互いに円熟味を増した頃の邂逅となった。

ギターのモーリスが脱退したことにより、サウンドの要がマーティン・ダフィのキーボードへと移り変わり、そのためバンドサウンドとしてもひとつの極みへと達したような、フェルトのもうひとつの “ネオアコ名盤” として評価されている。


輸入盤CD

Forever Breathes The Lonely Word

CD輸入盤

Forever Breathes The Lonely Word

Felt

(1)

価格(税込) : ¥2,299

会員価格(税込) : ¥2,001

まとめ買い価格(税込) : ¥1,495

発売日: 2022年04月29日

収録曲


Poem Of The River(1987)

レッド・クレイヨラのメイヨ・トンプソンがプロデュースを担当した7thアルバム。

テレヴィジョンやヴェルヴェット・アンダーグラウンドの影響下にあるローレンスが紡ぎだすメロディ、マーティン・ダフィのハモンドオルガンなど、レイドバックなバンドサウンドで人気を博す1枚。今作でローレンスはヴォーカルにほぼ専念しており、抑揚をつけた歌声も聴きどころのひとつ。


輸入盤CD

Poem Of The River

CD輸入盤

Poem Of The River

Felt

(1)

価格(税込) : ¥2,299

会員価格(税込) : ¥2,001

まとめ買い価格(税込) : ¥1,495

発売日: 2022年04月29日

収録曲


Pictorial Jackson Review(1988)

ベーシストとしてミック・バンドが新加入し5人体制で制作された8thアルバム。

テレヴィジョン・パーソナリティーズやビフ・バン・パウのメンバーであり、アラン・マッギーとともにCreationを設立したジョー・フォスターがプロデュースを担当。パステルズやジャズ・ブッチャーのような同時期のCreation組と同調するような、ポップなガレージサウンドを展開している。


輸入盤CD

Pictorial Jackson Review

CD輸入盤

Pictorial Jackson Review

Felt

(1)

価格(税込) : ¥2,299

会員価格(税込) : ¥2,001

まとめ買い価格(税込) : ¥1,495

発売日: 2022年04月29日

収録曲


Train Above The City(1988)

ローレンスは一切演奏に参加しておらず、マーティン・ダフィのピアノインストによる心地よいジャズやクラシカルピアノ曲が収録されている。他のメンバーは、ドラムのゲイリー・エインジのみが参加。しかしながら、ローレンスは作品のコンセプト作りやイメージを提供していたとのこと。


輸入盤CD

Train Above The City

CD輸入盤

Train Above The City

Felt

(2)

価格(税込) : ¥2,299

会員価格(税込) : ¥2,001

まとめ買い価格(税込) : ¥1,495

発売日: 2022年04月29日

収録曲


Me And A Monkey On The Moon (1989)

70年代後半から活動するポストパンクバンド、ザ・サウンドのエイドリアン・ボーランドがプロデュースを担当した、通算10作目のラストアルバム。

久しぶりにローレンスが全曲の作詞・作曲を手掛けて、またラストアルバムを意識して制作されたこともありローレンスのカラーが色濃く反映された力作。10作目でやっと到達したローレンスによるフェルトサウンドの最終形態のようでもあり、本作をフェルトの最高傑作と位置付けるファンも多い。


輸入盤CD

Me And A Monkey On The Moon

CD輸入盤

Me And A Monkey On The Moon

Felt

(2)

価格(税込) : ¥2,299

会員価格(税込) : ¥2,001

まとめ買い価格(税込) : ¥1,495

発売日: 2022年04月29日

収録曲


フェルトの関連商品情報

2018年〈FELT A Decade In Music〉7インチシングル付きボックス再発シリーズ


お気に入り登録で最新情報を受け取る

%%message%%


関連トピックス


洋楽各カテゴリの最新情報をチェック!

 

Feltに関連するトピックス

HMV&BOOKS online最新トピックス

最新トピックス一覧を見る