トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > ジャパニーズポップス > 【連載】 KEYTALKの わしらならこれ聴(キー)トーク 〔第24回〕

【連載】 KEYTALKの わしらならこれ聴(キー)トーク 〔第24回〕 KEYTALKの わしらならこれ聴(キー)トークへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

ROCK NEXT STANDARD

2015年12月15日 (火)


(photo/伊ケ崎 忍 text/国府田直子)

HMV店舗一覧へ KEYTALKのメンバーが毎回お題に合った作品を紹介!
シーズン2はメンバーひとりずつにじっくり答えてもらいます!

※この連載は、全国のHMV・ローソン店頭で配布しているフリーペーパー『月刊HMV』(毎月15日刊行)に記事前半を、ローチケHMVに後半を掲載しています。


【第24回】 自分のルーツ/影響を受けたもの

今回答えてくれたのは… 小野武正(g/cho)
今回は自分のルーツであったり、プレーヤーとして影響を受けた作品についてお話を伺いました!


▼『月刊HMV』2016年1月号の続き▼

「ブワッて泣けたり、ゾクッとしたりと、こちらの感情を動かす何かが込められたマンガってあると思うんですけど、『SLAM DUNK』はやっぱり何度読んでもすごいなと思って。『SLAM DUNK』のようなライブがしたいですね!」

――『SLAM DUNK』のようなライブ?(笑)

「観てる人たちをブワーッ!とか、ゾクッ!とか、させるような。そういうのってライブでもギタープレイでも絶対あると思うんですよね。魂を揺さぶられるものが好きというのは、音楽でもそうなんです。実体験はもちろん、“誰かが提供してくれた作品”でそういう体験をするのってけっこう大事だなって思っていて。そういうこともあって、マンガを読んでるところもあります。物語を自分に置き換えて読んでますね」

――自分に置き換えて、ですか?

「『SLAM DUNK』のようなサクセスストーリーがすごい好きなんですけど、言ってみれば僕らも何もないところから武道館ワンマンやるとこまできて、さらにもっと先に向かって……という、サクセスストーリーをやってるわけで。マンガとかで描かれたサクセスストーリーを知っていると、いろいろな事柄が今の自分に置き換えられて、困難に立ち向かうとか選択を迫られたときなどに、自分はどうすればいいかという、そういう感覚が研ぎ澄まされていくようなところがあって」

――なるほど。ちなみに『SLAM DUNK』を最初に読んだのはいつごろでしたか?

「僕は遅くて、中学生のころでしたね。小学生のときに読んでたら、たぶんバスケ部に入ってバスケの選手になってました。影響されやすいんで(笑)。今回は本当に悩みましたけどね〜。なんのマンガにするか。正直、音楽よりマンガ選ぶほうが悩みましたからね(笑)」

――(笑)。

「マンガについては、日常系のマンガとかもすごく好きですけどね。『黄昏流星群』とか。高年齢の方々の恋愛を描いたマンガなんですけど……」

――サクセスストーリーじゃないものも好きなんですね。

「ま、ある意味、サクセスストーリーですよね。年を取ってからもこんなふうに恋愛できるんだっていう」

――(笑)。

「あと金貸しのマンガとかも好きですね〜。『闇金ウシジマくん』とか『ナニワ金融道』とか『ミナミの帝王』とか。ああいうのも、けっこう参考になるというか……」

――参考にって……(笑)

「はい、参考にしてます(笑)。なんかパワーもらえるんですよね」

――マンガ以外の本は読みますか?

「星 新一のショートショートがすごく好きです。僕は、音楽でも3分以内に収まっている曲が好きなんですね。BEATLESとかも短い曲が多いですけど、3分程度の楽曲にいろいろと入り組んだポップワークがあったりするとすごいなって思うんです。星 新一のショートショートはそこに通じるものがあると思うんですよね。すごく短い物語なのに、独自の世界観があって、読後に何かを心に残してくれるという。長編小説も読みますけど、短編を選ぶほうが多いです。あと星 新一や楳図かずおのSFがすごく好きですね。“人間こんなことやってたら将来こうなっちゃうでしょ”というある程度予測可能な範囲内の未来と、絶対あり得ないような未来をつなげてくる感じがたまらないです」

――小野さん、忙しいのに、本もマンガも音楽も本当にたくさん読んだり聴いたりしてますよね。

「そうですね〜。それが趣味なんですよね。ギターもライブも好きでやってるから、忙しいって感覚があまりないし、趣味との境目もあまりないんですけどね(笑)」

――しかも小野さんは、そうして聴いたり読んだりするものを、ただ「好き」とか「いい」とかだけではなく、すごく分析してますよね。先ほどの音楽関連のルーツのお話を伺っているときにもそう感じたのですが。

「そうですね。高校生のころにバンアパを聴いたときには、あんな具体的な言葉にはできていなかったかもしれないですけど、やっぱり異質感というか、ただ単に好きなだけではない、惹かれるものをすごく感じていました。自分もこんなふうにやりたい!と思いましたし。バンアパだけじゃなく、例えばもう少し激しいサウンドのWRONG SCALEとか、ホーンセクションとかも入れているalaとか。それをもっとポップでキャッチーな感じにしたASPHALT FRUSTRATIONとかRiddim Saunterとか……。パワーコードだけじゃなくてコード感で攻めていくという音楽を開拓したパイオニアたちだと思うんですね。今まで聴いてきた音楽とは違うなと思ったし、僕もそういうところから、ジャズとかファンクに興味を覚えていきましたし」

――そういうジャンルの音楽を聴く、入り口になったということですよね。

「そうですね。いきなりそういうジャンルの音楽を聴かされても、例えばボサノヴァだったら『なんかカフェで流れてそうなオシャレな音楽だな〜』くらいで終わってたかもしれないなと。でも、例えばバンアパの『fool proof』というボサノヴァとパンクをミックスした楽曲があるんですが、その曲展開に感銘を受けることによって、『ボサノヴァってどういうジャンルの音楽なんだろう』と興味を持って入っていけたりとか。そういう、架け橋になってくれるバンドというのは素晴らしいなと思うんですよね」

――今のKEYTALKにもそういう要素がありますよね。

「そうですね。そうありたいと思っているし、僕自身もいろいろなジャンルの音楽を聴いてリスペクトしているから、自然とそうなっている部分も多いんだと思います」

――ちなみに、バンアパなどに出会う前はどんな音楽を聴いていましたか? もっと子どもの頃とか……。

「いちばん最初に自分でCDを買ったのはポルノグラフィティでしたね。テレビで『サウダージ』が流れていたのが、たぶん小6くらいのときだったと思うんですけど、すごく耳に残るなと思っていて。中学生のころに『アゲハ蝶』がはやって、そのときにCDを買いました」

――家族の影響とかは?

「僕、一人っ子なんですよ。母親はミーハーな感じなので、テレビのヒットチャートを聴いてる感じでしたね。ユーミンとか野猿とか(笑)。そのころは一緒に聴いてましたけど、自分でCD買ったりしはじめたのは中学生になってからで、ポルノグラフィティとかゆずとかが好きでしたね。そうそう、はじめは“アコギと歌”というのが大好きでしたね。その後、カウンターみたいなのがきたんですよね。ディストーションギターと速いビートのほうがかっこいい!みたいな」

――モンゴル800とか?

「もろ世代ですね。中3のころはロードオブメジャーがすごい好きで、コピーもしてました。中3、高1のころは、とにかく速さと重厚感を求めてましたね。The Offspringとか、Bad Religionとかは今でも大好きです」

初めて買ったギターと一緒に武道館へ


――小野さんがギターを実際に弾きはじめたのはいつごろですか?

「まず、クラシックギターを中2のときに習ってたんですね。それで中3のときにアコギを弾きはじめて、そのあとエレキギターを買って……」

――あ、はじめはクラシックギターだったんですね。それは、いずれバンドでギターをやりたいと思って始めたんですか?

「そうだと思うんですけど、あんまり覚えてないんですよね(笑)。なんかギターやりたかったからとりあえず……だったのかも」

――ちなみに今はSGを使ってらっしゃいますが、初めて買ったエレキギターは?

「初めて買ったエレキギターはフォトジェニックという比較的安いギターを出しているメーカーがあって、そこで1万円くらいでレスポールを買いました」

――初めて買ったのはレスポールだったんですか。

「そうなんです。その後すぐに『やっぱりギブソンが欲しい』と思って、でも『高い!』と(笑)。高1のときに親に頼み込んで、自分でお年玉をためてた貯金をはたいて、残りはお父さんに足してもらって、ギブソンのレスポール買うことにしたんですね。それで楽器屋に行ったら、なぜか分からないけど『SGのほうがかっこいいな』と思って急にSG買ったんです。で、いまだにそれを使ってるんです」

――え! 今使ってる、今日の撮影にも持ってきてもらったSGがそれですか?!

「そうです」

――高1のときからずっと?!

「そうなんですよ。このギターと、まさか武道館まで一緒に行くことになるとは……。すでに2回くらいネックも折れて修理してるんですけどね。なんとか武道館に連れて行けました」

――うわ! それ、すごくいい話じゃないですか!

「あ、そうですか? そうですよねー! いい話にしようと思って、ほかのギターにしないでずーっとキープしてきたんですよ!(笑)」

――(笑)。好きなギタープレーヤーがSGを使っているとか、なにかSGにするきっかけはあったんですか?

「そういうのはまったくないですね。僕のプレイスタイル的に『アンガス・ヤング好きでしょ?』とかよく言われるんですけど……」

――そうかもしれないですよね。

「よく言われるから、それで、聴いてみた感じですね。アンガス・ヤングを。あれ、なんか俺に似てるなって思って。キャラ的にちょっとかぶってんなって(笑)。逆にね!(笑)」

――(笑)。

「そういう、プレーヤーからの影響とかはないんですけど、なぜかフェンダーよりギブソンのほうが欲しいっていうのが頭にあったんですよね。まずはギブソンで、そのうちバイトしながらエピフォンの高いのとか、エドワーズのいいやつ欲しいと思っていた時期もありましたけど。高校生のころとかは、どんどん高いギターが欲しくなっていったんですけど、いつの間にか楽器じゃないなと思いはじめて……。エフェクターとかも高1から変えてないんですよ。今となっては機材はそこまでこだわってないですね。それよりもプレイのほうにこだわるようになりました」

――それもすごいですね。高校の頃から足元変わってないなんて、逆に高校生でどんなバンドをやってたんだ?って思いますけど(笑)。

「いや、そもそもすごいシンプルなんですよ。ディレイとリバーブと歪(ひず)みしかないんで。あとチューナーと」

――じゃあギターはもうこれ一本ですか?

「僕のギターはこれ1本ですね。あとは先輩にSGを借りてます。実はそっちのほうが高いものなんですけど(笑)。『スターリングスター』はそれでレコーディングしています」

――あ、そういうこともあるんですね。

「そうなんです。そのときは僕のSGがちょっと調子悪かったこともあるんですけど。その先輩から借りてるギターは生まれた年が僕と一緒なんですよ。そういうのもちょっといいなと思って、お借りしてるんですけど」

インプットしたものはすべてKEYTALKにつながっている


――小野さんは高校時代に軽音部でバンドをやっていて、八木さんとはその当時から一緒に演奏してらっしゃるんですよね。それで大学も音大に進学して……。プロのミュージシャンになろうというのはいつ頃から意識していたんですか?

「いつ頃ですかね……。音大に進学を決めたのは、ずっと音楽関係に携わっていたいというのがあったからなんですけど、それはギタリストとか、プレーヤーじゃなくてもいいという気持ちでしたね。だから高校のときは、もちろんギタリストとしてやれたらいいなというのはあったと思うけど、『絶対にそれでやってくんだ』という強い気持ちはあんまりなかったんですね、今思えば」

――KEYTALKの前身ともいえるrealというバンドでは、小野さんがボーカルだった時期もあるんですよね?

「realでは3代目のボーカルでしたね。最初は軽音時代から続けていたボーカルがいて、そのあと募集して来てもらった二人目のボーカルになって。その二人目が抜けて巨匠(※KEYTALKの寺中さん)が入るまでの間を僕が歌ってたんです」

――ずっとボーカルをやろうとは思わなかったんですか?

「いや、僕としては今でもメインボーカルの座を狙ってるんですけどね!(笑)」

――(笑)。寺中さんを誘うことになったきっかけは?

「巨匠とは音大が一緒だったんです。大学でアンサンブルというみんなが演奏したり歌ったりする授業があって、そこで巨匠がスティービー・ワンダーの『isn't she lovely』を歌っているのを聴いて『超、歌うまいな!』と思って。ちょうどバンアパの影響を受けていた時期だったので、英語で歌えて、しかもそんなに声質が高くなくて歌い上げられるボーカリストがいたらいいなと思っていたから、もう本当にぴったりだなと」

――運命の出会いですね。

「ほんと、そうですよね。今、思えば(笑)」

――今回は“自分のルーツ/影響を受けたもの”として象徴的な2曲を紹介してもらいましたが、例えば、プロになると意識してからほかに影響を受けた曲とかありますか?

「いっぱいありますね。僕は“この一曲”というのは特になくて、だから今回もすごく悩んだんですけど(笑)。要所要所で影響を受けているアーティストや作品はたくさんあります」

――ギタリストとして影響を受けた曲というのは?

「うーん……。ギタリストとしてというのは、実はあんまりないんですよね。逆に『こういう曲にギターが入ってればいいのにな』とか『この曲のここでギターがフューチャーされてたらもっといいのに』というのはけっこうあります。例えばスカのThe Specialsを聴いて、このホーンセクションのところでギターがもっと目立ったらいいのにと思ったり。ピアノとかサックスとかの演奏部分を、僕だったらそういうフレーズを取り入れてこう弾いてみるのになって考えたりとか。さっきマンガを自分に置き換えて読むって話をしましたけど、音楽もいつもそんな感じで聴いてますね。ポール・チェンバースというジャズのベーシストがいるんですけど、彼が、ウッドベースを弓みたいのを使ってギーギーと音を出す奏法をするんですね。ある意味、前に出つつも土台を支えるという。そういうのはギターに通じるところもあるなと思って、じゃあ、パワーコードを弾きながらオクターブ奏法で色付けをしたらどうなるかな……と考えてみたり。メロコアを演奏するにも、ジャズの奏法を取り入れて考えたら、誰もやっていないことができるかもな、とか。常にそんなことを考えて、新しいアプローチを探してます」

――なるほど。

「エルビス・コステロもすごく好きなんですけど、彼はアドリブでレコーディングしているような曲もあって。そういうのも影響受けましたね。ポップスでもフレーズを決めてレコーディングしなくてもいいんだって考えを得たり。……僕、こういう話をしだすときりがないですね(笑)」

――そうですね(笑)。本当に、常にそうやって、自分のギターに変換しながら聴いているんですね。

「もともと自分で曲を作るのも『自分で聴きたい曲を作りたい』というのがあるんですよね。いろいろな曲を聴いても『これだ!』とドンピシャでハマるということが少なくて『ここはかっこいいんだけどな〜』ってなっちゃうから。若いときは、音楽が耳に入るたびに『違う! 違う!! 違う!!!』って思ってましたからね(笑)。それはそれでハングリー精神があってよかったと思ってるんですけど、最近は僕も大人になったのか『これはこれでいいんだろうな』と思える曲が増えてますけどね」

――ちなみに小野さんはプレイスタイルにも特徴がありますよね。ワイヤレスでステージを縦横無尽に駆け巡り……。あのプレイスタイルは昔から?

「そうですね。意識してそうしてるんですけど。極端な話、あれこれ考えて細かいところでギタープレイにこだわっても、ギターマニアじゃない大半の人にはそんなこと全然分からないですからね(笑)。そういう人たちに伝えるには、まず、派手なアクションかなと。そういうのを、エンタテインメント性として大事にしたいというのが僕のなかであって。まずは楽しんでくれて、音楽を好きになってくれて、注目してもらって。もちろん、分かる人にはギタープレイのこだわりも分かってほしいし、僕がそうだったように、若いリスナーで最初は細かい演奏のことは分からなかったけど好きなバンドの影響でだんだんと分かるようになっていくという人がKEYTALKを通じて増えてくれたら本当にうれしいし。もちろん、自分がステージで楽しみたい、楽しませたいという想いで自然に出ている動きでもあったりしますけど(笑)」

――先ほど小野さんがおっしゃっていた『SLAM DUNK』のようなステージをしたいというところにつながってきますね。

「そうですね。KEYTALKはライブをすごく大事にしてるんですけど、僕の場合はすべてのことがそこにアウトプットされるという感じがあって。音楽を聴いたりマンガを読んだりして自分が感じることも、すべてがそこにつながっています」




【最新シングル】

KEYTALK 『スターリングスター』【グッズ付き10,000枚完全限定生産盤】 [2015年10月14日 発売]

2015年5月にリリースした3rdアルバム『HOT!』がオリコンウィークリーチャート4位と、ロックシーンでの存在感を確実なものとし今夏フェスシーズンに突入するKEYTALK。6thシングルをリリース!完全限定生産盤には10月28日に開催される初の日本武道館公演記念盤として「KEYTALKオリジナルネックストラップ付きパスケース」を同梱!オリジナルデザインのネックストラップ付きパスケース。


【グッズ付き10,000枚完全限定生産盤】
■ KEYTALKオリジナルネックストラップ付きパスケース 同梱

  通常盤はこちら

【KEYTALK (キートーク)】

寺中友将(vo/g)、小野武正(g/cho)、首藤義勝(vo/b)、八木優樹(ds/cho)。
2009年7月に結成、2013年11月20日にシングル「コースター」でメジャーデビュー。
  KEYTALK オフィシャルHP
  KEYTALK Twitter




その他オススメ情報はコチラから!

  ジャパニーズポップス Topページへ
Twitter 【 最新J-POP情報つぶやき中! HMV J-POP Twitter!】
HMVの邦楽バイヤーによる、邦楽専門アカウントです。独自の視点でオススメ作品をご紹介!特集・連載企画などもバシバシUpしていきますよ。
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

シングル限定盤

スターリングスター 【グッズ付き10,000枚完全限定生産盤】

CDシングル

スターリングスター 【グッズ付き10,000枚完全限定生産盤】

KEYTALK

価格(税込) : ¥2,376
会員価格(税込) : ¥2,186

発売日:2015年10月14日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

通常盤

  • スターリングスター 【通常盤】

    CDシングル

    スターリングスター 【通常盤】

    KEYTALK

    価格(税込) : ¥1,296
    会員価格(税込) : ¥1,192
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,063

    発売日:2015年10月14日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

12/18(火)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ このアイコンの商品は、 12/18(火)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ 対象商品です

MV集

  • MUSIC VIDEO COLLECTION 2010-2015 (Blu-ray)

    Blu-ray Disc

    MUSIC VIDEO COLLECTION 2010-2015 (Blu-ray)

    KEYTALK

    価格(税込) : ¥4,860
    会員価格(税込) : ¥4,374
    まとめ買い価格(税込) : ¥3,985

    発売日:2015年09月30日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • MUSIC VIDEO COLLECTION 2010-2015 (DVD)

    DVD

    MUSIC VIDEO COLLECTION 2010-2015 (DVD)

    KEYTALK

    価格(税込) : ¥3,780
    まとめ買い価格(税込) : ¥3,100

    発売日:2015年09月30日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

厳選CD・DVD・ブルーレイ2点買うと最大30%オフ このアイコンの商品は、 厳選CD・DVD・ブルーレイ2点買うと最大30%オフ 対象商品です

関連作品

  • HOT! (+DVD)【初回限定盤】

    CD 限定盤

    HOT! (+DVD)【初回限定盤】

    KEYTALK

    価格(税込) : ¥3,564
    会員価格(税込) : ¥3,101
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,922

    発売日:2015年05月20日


    【封入特典】スペシャルグッズ応募アンケートハガキ / KEYTALKロゴステッカー / 日本武道館公演チケット最速web先行抽選予約用シリアルナンバー

    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • HOT! 【通常盤】

    CD

    HOT! 【通常盤】

    KEYTALK

    価格(税込) : ¥3,024
    会員価格(税込) : ¥2,782
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,480

    発売日:2015年05月20日


    【封入特典】スペシャルグッズ応募アンケートハガキ / KEYTALKロゴステッカー

    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • 桜花爛漫

    CDシングル

    桜花爛漫

    KEYTALK

    価格(税込) : ¥540
    会員価格(税込) : ¥497

    発売日:2015年04月29日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • FLAVOR FLAVOR

    CDシングル

    FLAVOR FLAVOR

    KEYTALK

    価格(税込) : ¥1,296
    会員価格(税込) : ¥1,192
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,063

    発売日:2015年03月04日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • OVERTONE TOUR 2014 at AKASAKA BLITZ

    DVD

    OVERTONE TOUR 2014 at AKASAKA BLITZ

    KEYTALK

    価格(税込) : ¥4,104
    まとめ買い価格(税込) : ¥3,365

    発売日:2014年12月17日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • MONSTER DANCE

    CDシングル

    MONSTER DANCE

    KEYTALK

    価格(税込) : ¥1,296
    会員価格(税込) : ¥1,192
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,063

    発売日:2014年10月22日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • OVERTONE

    CD

    OVERTONE

    KEYTALK

    価格(税込) : ¥2,916
    会員価格(税込) : ¥2,683
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,391

    発売日:2014年05月21日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • パラレル

    CDシングル

    パラレル

    KEYTALK

    価格(税込) : ¥1,296
    会員価格(税込) : ¥1,192
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,063

    発売日:2014年03月12日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • コースター

    CDシングル

    コースター

    KEYTALK

    価格(税込) : ¥1,296
    会員価格(税込) : ¥1,192
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,063

    発売日:2013年11月20日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • ONE SHOT WONDER

    CD

    ONE SHOT WONDER

    KEYTALK

    価格(税込) : ¥2,469
    会員価格(税込) : ¥2,271
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,025

    発売日:2013年03月06日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • SUGAR TITLE

    CD

    SUGAR TITLE

    KEYTALK

    価格(税込) : ¥1,851
    会員価格(税込) : ¥1,703
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,518

    発売日:2011年11月09日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • TIMES SQUARE

    CD

    TIMES SQUARE

    KEYTALK

    ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥1,944
    会員価格(税込) : ¥1,788
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,594

    発売日:2010年07月07日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • KEYTALK HOT! バンドスコア

    本

    KEYTALK HOT! バンドスコア

    価格(税込) : ¥3,456

    発行年月:2015年06月


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

12/18(火)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ このアイコンの商品は、 12/18(火)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ 対象商品です
厳選CD・DVD・ブルーレイ2点買うと最大30%オフ このアイコンの商品は、 厳選CD・DVD・ブルーレイ2点買うと最大30%オフ 対象商品です

セレクトアイテム

  • Eric.W

    CDシングル

    Eric.W

    the band apart

    ユーザー評価 : 5点 (23件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥1,234
    会員価格(税込) : ¥1,136
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,013

    発売日:2009年02月25日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Up All Night

    CD 輸入盤

    Up All Night

    John Scofield

    ユーザー評価 : 5点 (5件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥3,013
    会員価格(税込) : ¥2,772
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,959

    発売日:2003年05月20日


    • 12/18(火)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

12/18(火)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ このアイコンの商品は、 12/18(火)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ 対象商品です
12/18(火)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ このアイコンの商品は、 12/18(火)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ 対象商品です