トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > ジャパニーズポップス > インディーズ > 無人島 〜俺の10枚〜 【禁断の多数決 編】

無人島 〜俺の10枚〜 【禁断の多数決 編】 無人島 〜俺の10枚〜へ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2012年10月4日 (木)

無人島 〜俺の10枚〜 vol.168 【禁断の多数決 編】

音楽好きには、超定番の企画『無人島 〜俺の10枚〜』!なんとも潔いタイトルで、内容もそのまんま、無人島に持って行きたいCDを10枚チョイスしてもらい、それぞれの作品に込められた思い入れを思いっきり語ってもらいます!ミュージシャンとしてルーツとなるもの、人生を変えた一枚、甘い記憶がよみがえる一枚、チョイスの理由にはそれぞれのアーティストごとに千差万別です!
今回は、動画サイトに投稿された数々の自作ビデオクリップが話題を呼び、映像そしてその何でもアリの音楽性が高い評価を得ている、DIY精神溢れる謎多き集団“禁断の多数決”が登場!
諸々の映像についてはオフィシャルHPをチェック!はたして、彼らが無人島に持っていく10枚とは…!?

禁断の多数決
【禁断の多数決】
てんぷらちゃん、尾苗愛、ローラーガール、シノザキサトシ、はましたまさし、ほうのきかずなり、処女ブラジルの7人組。
2011年より動画サイトにて自作のミュージックビデオやグラフィックなどを次々に公開。
2012年5月には本アルバムの予告編となるプレデビュー作『禁断の予告編』を限定リリース。

[関連リンク]
  禁断の多数決 オフィシャルサイト
  禁断の多数決 Twitter



禁断の多数決 『はじめにアイがあった』  [2012年10月10日 発売]

クオリティの高い自作ミュージックビデオが動画サイトにて話題となり、デビュー前からかなりわさわさしていた7人組「禁断の多数決」のデビュー作が遂に発売! メッセージ性があるのか?ないのか?一度聞いたら忘れられないバンド名も含めて更なる話題必至!
「やれることはなるべく自分達でやる」、「好きな事だけを追求」、その結果・・・ メンバー自ら演奏、録音、ミックスまでこなした完全DIYによるデビューアルバム。 ニューオーダーを彷彿とさせるエレクトロ曲からブライアン・ウィルソンライクなトロピカル曲、 アニマル・コレクティヴにリスペクトを込めた情報量の多い実験ポップソング、スペインはイビザ島よろしくなチルアウト曲、フィル・スペクターのウォール・オブ・サウンドを盗んだような曲、ここに独特の雰囲気を持った4人の女性ヴォーカリストが華を添え、男性ヴォーカルもイイ感じで登場〜 多種多様な曲のオンパレード。なんじゃこりゃ! 動画サイトで話題になっている彼らの代表曲「透明感」もここに収録。
アートワークはtone twilightの江森丈晃が担当。



【HMV ONLINEオリジナル抽選特典】

禁断の多数決 『はじめにアイがあった』を、HMV ONLINE/HMV MOBILEで期間中にご購入されたお客様の中から抽選で3名様に「メンバー全員サイン入り手ぬぐい」をプレゼント!

【応募方法】対象商品ご購入後(商品出荷時)に、メールにて応募フォームのURLをお知らせ致します。
【購入対象期間】〜2012年11月10日(土)まで ※以前にご予約いただいた方も対象となります。
【応募対象期間】2012年10月9日(火)〜2012年11月17日(土)

※HMV ONLINE本サイト及びHMV MOBILEサイト以外からのご購入、非会員でのご購入は特典対象外となります(HMV Yahoo!店、HMV 楽天市場ストアでのお買い上げは対象外です)。
※お客様の携帯にて指定着信許可をされている場合は、“@hmv.co.jp”のドメイン指定許可設定が必要になります。
※HMV ONLINE/HMV MOBILEでご注文頂いた場合、タイミングによっては対象期間を過ぎる場合がございますことをご了承下さい。
※当選は賞品の発送をもってかえさせていただきます。


【先着特典】

禁断の多数決 『はじめにアイがあった』をお買い上げの方に先着で、未発表音源4曲入りCD-R 『はじめにアイがあった エクストラ 4』をプレゼント!
※先着ですので、なくなり次第終了となります。ご了承ください。
※特典の有無は商品ページにてご確認ください。


収録曲

  • 01. Jesus
  • 02. World's End
  • 03. 透明感 (album ver.)
  • 04. Shine
  • 05. サン・カムズ・アップ
  • 06. Tropical Splash
  • 07. 午後の冒険者
  • 08. Moodhit Landscape
  • 09. The Beach (New Treasure Ver.)
  • 10. アナザーワールド
  • 11. Dreams
  • 12. Malibu Domino
  • 13. Night Safari
  • 14. Merry X'mas Mr.Walken
  • 15. チェンジ・ザ・ワールド
  • 16. Sweet Angel
  • 17. Kushi Dango
  • 18. 勝手にしやがって!!
  • 19. I Saw The Light
  • 20. 溶け出す前にアイスクリームが怒った



禁断の多数決 が選んだ10枚

Die Engel Des Herrn
『天空の先往者たち』 ※廃盤

廃盤 映画を観ているかのような音風景、謎な雰囲気、訳のわからない曲だらけ。そういうものにとても惹かれます。


(ほうのきかずなり)

Talking Heads
『Stop Making Sense』

商品ページへ 世界一好きな曲「This Must Be The Place(Naive Melody)」が収録されてるので無人島に行く時はこれを持って行きます。

(ほうのきかずなり)


Red House Painters
『Ocean Beach』

商品ページへ レッド・ハウス・ペインターズは必ず無人島へは持って行きたい一枚。中でも一番聴いているこのアルバムを選出しました。全体的なアコースティック感、Mark Kozelekのボーカル、どれだけ聴いても飽きが来ませんね。


(はましたまさし)

CORNELIUS
『Point』 ※廃盤

廃盤 これを聴いた時の衝撃たるや、興奮を今でも覚えています。音のチョイス、配置、重なり、どれをとってもこれまで自分が耳にしたことの無い構成でした。そのうえ、曲がポップ!今聴いても中毒性がありますね。夕方から夜にかけてずっと聴いていたいアルバムです。

(はましたまさし)


My Bloody Valentine
『Loveless』

商品ページへ 最初よくわからなくて、いつも小さい音にしてBGMで流してたら、徐々に音量が上がってっちゃった。ノイズの洪水に埋もれて気持ちいい感じ。




(処女ブラジル)

SHORT CIRCUIT / NUDGE'EM ALL
『SUNSHINE TO YOUR LOVE』 ※廃盤

廃盤 おそらく、今までで一番聴いたアルバムです。ふとしたきっかけでこの2バンドを知り、日本のインディーズでもギルバート・オサリバンのような曲をやっているバンドがある!と衝撃的でした。どちらのバンドもコード展開に毎回グッとさせられます。ミックスの感じも柔らかくて好きです。

(尾苗愛)


アニメ
『みつどもべすと』

商品ページへ 夜中部屋の電気を消して真っ暗な中でイヤホンをして大音量で音楽を聴きながらひたすら暴れ回るのが好き、って人結構いると思うんですけど、私も好きです。最近その、暴れタイムによく聴くのがこれです。無人島でもこれを聴きながら暴れたいです。けど、無人島では必要ないのかもしれないな。

(てんぷらちゃん)

Jack Johnson
『In Between Dreams』

商品ページへ 無人島でゆるゆるスローライフを送るのには必携。1日の始まりにこのアルバムを聴いたらその日はゆったりまったり「なるようになるさ」って、いい意味で肩の力を抜けるスーパーオレンジソング。海辺で朝から夕暮れ時までめいっぱい幸せな夢を見れる一枚ね。

(ローラーガール)


Legendary Stardust Cowboy
『Retro Rockets Back to Earth』

商品ページへ デヴィッド・ボウイのアルバム「ジギー・スターダスト」のモデルでもある方達。CDを購入したのは随分と前で、当時は映像なんてあるわけもなく、ただひたすらにクレイジーなおっさんを想像するしかなかった。時が経ちYouTubeで初めてその姿を見て、イメージしていたキャラがそのまま目に前に現れたときは感動した。

(シノザキサトシ)

John Coltrane
『Complete Africa』

商品ページへ タイトルが「アフリカ」。それだけで音にモンド感が増すから不思議だ。ひたすら反復される音は、いったん聴き入ってしまったら何分経過したのかもわからなくなる。そんな曖昧な時間に考えることも、マイルスの「ビッグファン」のタイトルがもし「ギリシャ」だったとしたら?だからキリがない。


(シノザキサトシ)









その他オススメ情報はコチラから!

  • 無人島 〜俺の10枚〜

    無人島 〜俺の10枚〜

    音楽好きには超定番の企画!その名も“無人島 〜俺の10枚〜”!バックナンバーはコチラから!