トップ > アニメ > 商品情報 > Blu-ray・DVD > 『フラクタル』キャストインタビュー

『フラクタル』キャストインタビュー HMVアニメ インタビューへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2011年3月2日 (水)



『フラクタル』キャストインタビュー
2011 年1 月13 日より毎週木曜日24:45〜
フジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送!
関西テレビ1/18(火)25:35〜、東海テレビ1/20(木)26:05〜、BS フジ2/26(土)25:00〜放送
フジテレビ On Demand で2011 年1 月14 日から見逃し配信開始!

2011年1月にスタートする作品の中でも一際アニメ・ファンの注目を集めている『フラクタル』。
HMVアニメ!も勿論この作品には興味津々と言うことで、放送開始まで1ヶ月を切った12月某日、アフレコが行われている都内の録音スタジオにお邪魔し、主演を務める声優、小林ゆうさんと津田美波さんのお二人にお話を伺ってきました。未だ全貌が明らかになっていないストーリーについて、キャラクターについて、ヤマカンこと山本寛監督について…制限時間ギリギリまで存分に語っていただきました。

 

---まずストーリーについて。『フラクタル』とはどのような作品なのでしょうか?

小林ゆう:世界を管理するフラクタルシステムというものが完成し、働かなくとも生きていける世界が出来上がってから更に千年が経ったずっと未来のお話です。いま私たちが生きている現在からは想像もつかないような、そして視聴者の皆さまに世界ってこんなふうに変わるのかな、と思って頂けるようなとても興味深い作品になっています。(津田さんに向かって)ねっ?

津田美波:そうですね。

---なるほど。では小林ゆうさん演じるキャラクター「クレイン」について。

小林:クレインさんは14歳の少年で、性格的には受身で心優しい草食系男子です。 山本監督からはどこにでもいる普通の男の子のような感じに演じて欲しい、と言われました。 そして彼はこの物語の主人公で、とある島にひとりで住んでいるんです。 のんびりとした日常を過ごしてきた彼が、フリュネさんやネッサさんらと出会うことで 物語が動き始めて彼も次第に変わっていく…クレインさんはそんな少年です。

---一方のヒロイン、津田さん演じるキャラクター「フリュネ」について。

津田:フリュネはクレインくんよりも2歳年上の16歳の女の子です。 1話の登場からしてちょっと謎めいていて、突然クレインの前に現れ、ネッサだけを残してまた突然消えてしまう謎多き巫女です。巫女ということもあり、祝詞みたいなことも言います。クレインくんが受け身体質なのに対して、しっかりとしていて凛とした女性ですね。

フラクタル キャラクター


---お互いのキャラクターについて第一印象は?

小林:フリュネさんとの出会いが凄く印象的で。クレインさんはフリュネさんと会うまでドッペル(※ドイツ語で分身、二重といった意味)と一緒に過ごしてきたので、自分と同じような姿かたちをした女の子と出会うことがなかったんですね。だからもの凄くドキドキしたりとか、これまで感じたことのないような感情を抱いたり…なんて言うのでしょう、鼻息が荒くなったりとか、表情がどんどん豊かになっていくんですね。私はそれが凄く嬉しくて!クレインさんの日常に色がついて変わっていくんです。フリュネさんは澄んでいて凛としていてとても魅力的なキャラクターだと思います。

津田:私はクレインくんがフリュネに対してハッとしたり、あたふたしている所を見るのが凄く面白くて(笑)。 元々彼はドッペルに囲まれて暮らしてきたせいか感情を表に出すタイプではないのですが、フリュネたちと関わっていくうちにどんどん表情豊かに変わっていくんですね。彼は皆から、からかわれることが多くてその反応ひとつひとつが面白いんです。ああ、こうやってクレインくんは変わっていくんだなあ、としみじみ思いました。

---お二人から見て他に気になるキャラは?

小林&津田:いっぱいいますよー。

小林:キャラクターひとりひとりが個性豊かなので、ひとりに絞るのが難しいです!

津田:私個人としてはスンダさんがカッコいいと思いました。彼はまだ若いのに大きな目的や考えがあって、さらにグラニッツ一家を支えるリーダーなんです。そんな姿がとてもカッコいいなと思いました。フリュネとしてはクレインくんとの関係が今後どうなっていくのかも気になりますし、ネッサとの関係も気になりますし、う〜ん、本当に選べないですね(笑)。

小林:フリュネさんにもドキドキさせられて非常に気になるのですが、もうひとり挙げるならネッサちゃんですね。花澤香菜さんが演じられているキャラクターなのですが、無邪気で自分の気持ちをパァっと出す、とても可愛いキャラなんです。クレインさんとネッサちゃんの二人の間にある「あたたかい感じ」が凄く好きです。

---ゆうさんはこれまでにも多くの少年役を演じられてきましたが、 今回のクレインを演じられる上で心がけた点や難しかった所などはありますか?

小林:監督さんと音響監督さんに導いて頂き、キャラの個性を理解した上でクレインさんを演じさせていただいております。彼は熱血漢ではないので、やる気を出して何かをやるぞ!というときでもはっちゃけることのないように、怒ったり喜んだりするときでもあくまでも彼の感情の枠の中で、というように、彼独特の温度を保つように心がけています。

---津田さんは初めてのヒロイン役ですが現在のお気持ちは?

津田:もう第一話の収録から緊張していました。まさかヒロイン役を演じさせて頂けるなんて思ってもいなかったのでブースの中に入ってもガチガチだったのですが、周りの方が凄く優しく接してくださってすぐに緊張は解けました。 現在はいい緊張感を持って演技をさせていただいています。演技のことについて監督さんに質問をしてもきちんと答えてくださるので、フリュネという役にすっと入ることが出来ました。

『フラクタル』キャストインタビュー


---なるほど、ではアフレコ現場は和気あいあいとした感じで?

小林:そうですね、ファミリーみたいな感じでひとつになっています。私たちをスタッフの皆様や先輩のベテランの皆様が見守って下さる様な雰囲気もあって。とてもあたたかい現場です。

---アフレコ現場には山本監督も毎回いらっしゃるのですか? ここに入る前に監督とすれ違ってビックリしました。

小林&津田:はい、いつもいらっしゃってます。

---毎回山本監督から演技指導があったり?

津田:休み時間にはブースに入ってきてくださったりとか。 基本的に指導をされるというよりはこちらから訊きに行くという感じで、ブースの後ろで見守って下さっています。時々後ろを見ると目があったり(笑)。

---いまアフレコはどの程度まで進まれているのでしょう。

小林&津田:今日で5話ですね。ちょうど半分くらいまで進んだところです。

---山本監督についてお伺いします。お二人から見た監督の印象は?

小林:初めてこちらの現場でお会いさせていただいた時、いつもスーツを着ていらっしゃって、インテリジェンスでクールな、気品というかピリッと糊の利いた・・・光るスーツ!みたいなイメージがありました。でも、お話しするととっても親しみやすく、緊張を解いてくださる方で。私たちがお芝居をしやすいように環境を作ってくださいます、 気配りの上手な…本当の意味での監督様だと思いました。

津田:私も最初にお会いしたときにスーツでビシッとしていらっしゃって素敵な方だなぁと思いました。でも、お話してみると、どっちかというとお兄ちゃんみたいな、ちょっかいかけつつかけられつつみたいな方で。怒ると怖いのかなってイメージもあったんですけど、実際そんなことは全くないフレンドリーな…今も向こうでコーラ飲んでいらっしゃいますが。(笑)ああいうキュートでおちゃめさんな、素敵な監督さんです。(ブースの外からコーラを片手に、にこやかに手を振っている山本監督が見える。一同和やかな雰囲気に)

---本作は山本監督が声明を発表したりと、かなりの意気込みを感じさせられます。プレッシャーはありますか?

小林:私もこちらの声明文(オフィシャルHPへ)を読ませていただいて、現場に入るまでは緊張していました。実際現場は暖かいんですが、研ぎ澄まされた緊張感を感じる瞬間が多々あります。何て言うんでしょう、「澄んでいる」って空気を感じます。純粋に良い作品を追求しようという澄んだ空気ですね。私も切れることない集中力をもってそれに応えていかなければと思いますし、このプレッシャーを喜びとしてかみ締めて、もちろん皆様にお世話になっての事なのですが、主役という大役に全力で臨んでいきたいです。

津田:私は、実はこの声明を読ませていただいたのが、役が決まった後だったのでびっくりしてしまいました。すごくプレッシャーも感じましたし「引退!?私初めての主役なのに…」と。でも山本監督のこの作品にかける大きな思いを感じとったので、プレッシャーに押し潰されずにこの役を演じきることで、その思いに報いていけたらいいな、と思っています。

---お二人の役はオーディションで決まったものですか?

津田:私はフリュネちゃんの役を受けて、そのまま受かりました。

小林:私もクレインさんを受けさせていただいて、合格となりました。

---では、お二人ともご希望叶っての配役ということですね。

小林:本当にありがたいことです。

津田:はい。本当に嬉しくて、すぐに母に報告しました。母もすごく喜んでくれました。

---『フラクタル』は未来の世界を描いた作品です。この作品で描かれる未来についてお二人はどう思いますか?

津田:『フラクタル』みたいな世界が来るかも知れませんし、違う未来になるかも知れません。『フラクタル』みたいな未来になったら、それはちょっと寂しい気がします。

小林:『フラクタル』は働かなくてもいい、という世界ですが、私はお仕事が大好きなので、もしフラクタルシステムになっても働きたいです!お仕事したいし、夢を追いかけたいです。

---『フラクタル』はノイタミナ枠での放送作品です。この枠に対するイメージなどありましたらお聞かせください。

小林:ノイタミナさんの作品は普通に、毎週楽しみに見させていただいていた枠なので、その送り手側の一員として関わらせていただけて本当に嬉しいです。ずっとファンだった、憧れていた場所、っていうイメージがあります。

津田:私はこれまで子供向けのアニメを見ることが多くて、あまり深夜アニメのことは知らなかったんですが、ノイタミナ枠を見て、こういうふうに大人に向けて、アニメでメッセージを送っている時間があるっていうのは、すごく素晴らしいことだなと思いました。

---それでは最後に作品に対する意気込みとメッセージをお願いいたします。

小林::クレイン役の小林ゆうです。『フラクタル』は自分が演じている、という点を抜いても純粋に面白い!という作品です。どうなっていくんだろう?といつも先の展開が気になります。私はこの作品の世界観が大好きで、現代ともリンクした問題も盛りこんであって、いろんなことを気付かされます。キャラクターも魅力的で、背景もきれいで、いろんな角度から楽しめる作品になっています。私は「終わらない世界に立ち向かう決意」をしましたので、クレインさんと一緒に全力でがんばっていきたいと思います!

津田:フリュネ役の津田美波です。本当にこの作品に関わらせていただいて感謝しています。大人の方だけでなくて、お子さんにも見ていただきたい、強いメッセージのこもった作品になっていますので、たくさんの方に是非見ていただきたいと思います。私はこれからもフリュネちゃんを一生懸命演じていきますので、よろしくお願いいたします。

『フラクタル』イントロダクション

終われない世界”に、立ち向かう決意をした
“退廃した未来”を舞台に、少年と少女の出会いを描いた壮大な冒険物語

世界を管理する“フラクタルシステム”が完成し、人類は史上初めて、もはや働かなくても生きていくことができる圧倒的な楽園に足を踏み入れた。

それから千年―

システムはいまだに生き残り稼働し続けていたが、もはや誰もそのシステムを解析できなかった。
多くの人々が、その維持こそが、人類の幸せの条件だと信じて疑っていなかった。

物語は、そんな「フラクタル」が崩壊し始めた、ある大陸の片隅の島で始まる―

漫然と日々を生きる少年・クレインは、ある日何者かに追われ崖の下に転落した少女・フリュネを助ける。少女との出会いに心躍らせるクレイン。
だが、フリュネはブローチを残しクレインの前から姿を消した。ブローチに残されたデータには、少女の姿をしたアバター、ネッサが閉じ込められていた。

ネッサとともにフリュネを探し旅にでるクレイン。そこで彼は“システム”の秘密を知ることになる―

スタッフ&キャスト

監督:山本寛 『私の優しくない先輩』『かんなぎ』
原作:マンデルブロ・エンジン
シリーズ構成:岡田麿里 『黒執事II』『とらドラ!』
ストーリー原案:東浩紀 『クォンタム・ファミリーズ』
キャラクター原案: 『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』
キャラクターデザイン/総作画監督:田代雅子
セットデザイン:青木智由紀/イノセユキエ
プロップデザイン:田中裕介 メカニックデザイン:林 勇雄
美術監督/イメージデザイン:袈裟丸絵美
色彩設計:中島和子 撮影監督:石黒晴嗣
編集:坪根健太郎 音楽:鹿野草平 音響監督:鶴岡陽太
プロダクション協力: Ordet
アニメーション制作:A-1 Pictures

【CAST】
クレイン:小林ゆう フリュネ:津田美波 ネッサ:花澤香菜
エンリ:井口裕香 スンダ:浅沼晋太郎

©フラクタル製作委員会


※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

第1巻【数量限定生産版】「ねんどろいどぷち ネッサ」付

フラクタル 第1巻【数量限定生産版】「ねんどろいどぷち ネッサ」付

Blu-ray Disc

フラクタル 第1巻【数量限定生産版】「ねんどろいどぷち ネッサ」付

価格(税込) : ¥6,264
会員価格(税込) : ¥5,387
まとめ買い価格(税込) : ¥5,387

発売日:2011年04月22日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

第2巻【数量限定生産版】「ねんどろいどぷち フリュネ」付

フラクタル 第2巻【数量限定生産版】「ねんどろいどぷち フリュネ」付

Blu-ray Disc

フラクタル 第2巻【数量限定生産版】「ねんどろいどぷち フリュネ」付

価格(税込) : ¥8,316
会員価格(税込) : ¥7,152
まとめ買い価格(税込) : ¥7,152

発売日:2011年05月27日

%%header%%閉じる

%%message%%

BD/DVD

  • フラクタル 第1巻

    Blu-ray Disc 限定盤

    フラクタル 第1巻

    価格(税込) : ¥5,184
    まとめ買い価格(税込) : ¥4,406

    発売日:2011年04月22日


    • 映画/TV/アニメDVD&ブルーレイ3点で最大26%オフ 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • フラクタル 第2巻

    Blu-ray Disc 限定盤

    フラクタル 第2巻

    価格(税込) : ¥7,236
    まとめ買い価格(税込) : ¥6,151

    発売日:2011年05月27日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • フラクタル 第3巻

    Blu-ray Disc 限定盤

    フラクタル 第3巻

    価格(税込) : ¥7,236
    まとめ買い価格(税込) : ¥6,368

    発売日:2011年06月24日


    • 映画/TV/アニメDVD&ブルーレイ3点で最大26%オフ 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • フラクタル 第4巻

    Blu-ray Disc 限定盤

    フラクタル 第4巻

    価格(税込) : ¥7,236
    まとめ買い価格(税込) : ¥6,151

    発売日:2011年07月22日


    • 映画/TV/アニメDVD&ブルーレイ3点で最大26%オフ 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • フラクタル 第1巻

    DVD 限定盤

    フラクタル 第1巻

    価格(税込) : ¥4,104
    まとめ買い価格(税込) : ¥3,488

    発売日:2011年04月22日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • フラクタル 第2巻

    DVD 限定盤

    フラクタル 第2巻

    価格(税込) : ¥6,156
    まとめ買い価格(税込) : ¥5,233

    発売日:2011年05月27日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • フラクタル 第3巻

    DVD 限定盤

    フラクタル 第3巻

    価格(税込) : ¥6,156
    会員価格(税込) : ¥616

    発売日:2011年06月24日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • フラクタル 第4巻

    DVD 限定盤

    フラクタル 第4巻

    価格(税込) : ¥6,156
    まとめ買い価格(税込) : ¥5,233

    発売日:2011年07月22日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

映画/TV/アニメDVD&ブルーレイ3点で最大26%オフ このアイコンの商品は、 映画/TV/アニメDVD&ブルーレイ3点で最大26%オフ 対象商品です

『フラクタル』OP/EDはこちら!

ハリネズミ

CDシングル

ハリネズミ

AZUMA HITOMI

ユーザー評価 : 4点 (1件のレビュー) ★★★★☆

価格(税込) : ¥1,258
会員価格(税込) : ¥1,158
まとめ買い価格(税込) : ¥1,070

発売日:2011年03月09日
入荷日未定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

早くもコミカライズ!

フラクタル 1 ガンガンコミックスonline

本

フラクタル 1 ガンガンコミックスonline

赤崎睦美

価格(税込) : ¥607

発行年月:2011年01月

  • 品切れ

%%header%%閉じる

%%message%%