Quiet Corner クワイエット・コーナー Vol.1
心を鎮める音楽 〜クワイエット・コーナーを探して〜

Quiet Corner クワイエット・コーナー

アプレミディ・レコーズが贈る“ 心の調律師のような音楽”

「フリー・ソウル」「カフェ・アプレミディ」など多くのコンピレイションを手掛けてきた橋本徹(SUBURBIA) が、静かなる音楽ムーヴメントの決定打として“心の調律師のような音楽”をキーワードに監修/選曲を手掛けた『素晴らしきメランコリーの世界』。第一弾の『ピアノ& クラシカル・アンビエンス』編では、Nujabes のインスピレーションの源泉となった巨勢典子「I Miss You」、中島ノブユキのピアノがきらめくCALM「East Wind」、静寂のポスト・クラシカル、アルゼンチン〜ブラジルの美しいピアノ曲を収録。第二弾の『ギター& フォーキー・アンビエンス』編では、孤高のSSW ニック・ドレイクへ捧げるスコット・アッペルからサン・キル・ムーン、大人気「Moon River」の心温まるカヴァーのイノセンス・ミッション、マット・デイトンのフォーキー・ソウルが響くベンチ・コネクション、ミナス〜カボ・ヴェルデなど浮遊感に満ちたギター曲を収録。どちらも心の安定剤のような作品。そしてエレクトロニカからスピリチュアル・ジャズを、メロウにロマンティックに追求した『チルアルト・メロウ・ビーツ』や、カルロス・アギーレ周辺のフォルクロリック・ジャズから音響派を、詩情あふれるトーンで描いた『素晴らしきメランコリーのアルゼンチン』も、ぜひこの機会にお聴き下さい。
文●山本勇樹
4件中 1-4件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて