Quiet Corner クワイエット・コーナー Vol.1
心を鎮める音楽 〜クワイエット・コーナーを探して〜

Quiet Corner クワイエット・コーナー

【クワイエット・コーナーを探して…】クレプスキュール(黄昏) の風景

昨年、僕が選曲を手掛けた『From Melancholy Garden』というコンピレイション。CD の帯には選曲のテーマとして「淡い音の色彩をメランコリックに綴るクレプスキュール( 黄昏) の風景」と記した。陽が落ちはじめる冬の黄昏時、センティメンタルな気分に浸りながら聴きたい音楽は、柔らかなアコースティックなサウンドと飾り気の無いイノセントな歌声だけでいい。そして出来るだけ小さなヴォリュームで聴きたくなる。ネオアコにも似た淡く切ない音のスケッチを描くイノセンス・ミッションやローズ・メルバーグ。ヴァージニア・アストレイへの憧れを感じさせる田園風景のポスト・クラシカルはヘザー・ウッズ・ブロデリック。トラッド・フォークにクラシカルなアレンジが美しいヴァシュティ・バニヤン。ジョルジオ・トゥマ作品にも参加したマティルデ・ダヴォリの中性的な歌声とドリーミーなフォークトロニカ・アレンジが心地よいガール・ウィズ・ザ・ガン。最後はリンジー・ウィルソンの気だるい歌声とヴィニー・ライリーのギターがアンビエンスに揺れる、ホーギー・カーマイケル「I Get Along Without You Very Well」のカヴァーが黄昏の冬空に溶けていく。そう、こんな音楽を聴きながら窓の外を眺めているのが、たまらなく好きなのです。
文●山本勇樹
6件中 1-6件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて