TOP > My page > Review List of ハッチ

Review List of ハッチ 

Showing 1 - 15 of 191 items

%%header%%

%%message%%

  • 0 people agree with this review
     2021/06/13

    フランス映画の決定版。
    名匠、ルネ・クレマンの名を世界に知らしめた傑作。
    ラストシーンは涙なくては見られない。
    イエペスのギターの名曲は、
    映画史に残る傑作。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/06/13

    古き良き時代のアメリカミュージカルは
    非常にシンプルだが、
    華があった。
    モーリス・シュバイエが脇を固め、
    レスリー・キャロンが愛らしかった。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/06/13

    ガーシュインの名曲に乗って、
    パリを舞台に繰り広げられるアメリカミュージカルの傑作。
    映画の本場においてもパリは特別の街。
    キュートなレスリー・キャロンに
    胸きゅんだった。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/06/13

    ピグマリオン。
    気品あるミュージカルの傑作。
    オードリー・ヘップバーンの大変身は、
    多くのファンをヘップバーンの虜とした。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/06/13

    動物パニック作品の傑作。
    鳥がこんなに恐ろしい作品はなかった。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/06/13

    ヒッチコックの心理的サスペンスの傑作。
    サルバドール・ダリによる美術効果は
    抜群のサスペンスを持って展開する。
    銀幕の美女、イングリッド・バーグマンの美しさが光る。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/06/13

    ロシア映画史に残る、エイゼンシュタインの傑作。
    有名な「オデッサの階段」シーンは、
    モンタージュ技法を駆使した、
    永遠の名シーン。
    ショスタコーヴィッチの5番によって
    世界的な名作へと昇華した
    世界映画史に残る名フィルム。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/06/13

    戦争が引き裂く運命は過酷。
    イタリア映画の巨匠、ヴィットリオ・デ・シーカ監督
    晩年の名作。
    ヘンリー・マンシーニの哀愁のメロディが悲劇を語る。
    マルチェロ・マストロヤンニ、ソフィア・ローレン、
    そしてロシアのリュドミラ・サベーリエフ。
    戦後の世界ではこのような人生劇は日常であった。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/06/13

    水の都、ベニスを恋人たちの聖地とした作品。
    名匠、デヴィッド・リーン監督は、
    「戦場にかける橋」と「アラビアのロレンス」で
    オスカーを独占したが、
    本当のリーン監督の名作は、
    「逢びき」であり「旅情」であり
    「ドクトルジバゴ」といったラブストーリーの
    名手でもある。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/06/13

    エドモン・ロスタン戯曲の古典的名作。
    フランス文学の奥行、
    作家、遠藤周作さんのエッセイで紹介され、
    文学座の舞台を見たのが中学生の頃。
    以来「シラノ像」は私の男の美学と化した。
    アメリカ映画ホセ・ファーラー盤も素晴らしかったが、
    フランス盤は更に素晴らしかった。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/06/13

    ヒルトン原作、MGM映画の傑作。
    グリア・カースンの美しさと、
    ふたつの人生を交互にすれ違いドラマの古典。
    ラストシーンでは文芸もののエッセンスを感じた。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/06/13

    アメリカ映画メロドラマの傑作。
    香港を舞台に繰り広げられる女医、
    ハン・スーインの自伝を映画化。
    慕情のテーマ曲はアカデミー賞に輝き、
    誰もが知る名曲へ。

    グリースの冒頭で流れるのも「慕情」。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/06/13

    10歳の時にテレビで見て、
    子ども心に感動。
    それ以来映画を観続け50年。
    恐らく1000本以上の映画マニアになる
    きっかけとなった作品。

    イタリア映画の特徴である
    父と子の関係は、
    名作「エデンの東」を連想させる。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/06/13

    ニューヨーク、音楽の殿堂カーネギーホールを舞台とした音楽映画。
    クラッシック音楽ファンにとっては、
    ハイッツエフ、ルービンシュタイが本人役で出演。
    歴史的な意義のある作品。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/06/13

    韓国「四季シリーズ」のユン・ソクホ監督の名作。
    2世代に続く運命と絆を描く。
    監督の色彩感覚の素晴らしさは秀逸で、
    特に前半の70年代第1世代の第一部は、
    胸キュンキュンの展開。
    少女時代のユナさんの美しさに一目ぼれした名作。
    全編に流れる音楽もロマンチックの極み。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

Showing 1 - 15 of 191 items