TOP > Music CD・DVD > Soundtracks > Various > Kettei Ban Taiga Drama Zenkyoku Shuu

Various

CD Kettei Ban Taiga Drama Zenkyoku Shuu

Kettei Ban Taiga Drama Zenkyoku Shuu

Customer Reviews

Do you want to write a review?

Write you own review

Showing 1 - 4 of 4 items

  • ★★★★★ 

    Tea  |  東京都  |  不明  |  06/July/2011

    「待ってました!!」と思わず声を上げてしまった、一作です。「秀吉」がコンピレーションになっているのを知ってから、今か今かと待ちわびていました。2009年に「特選 大河ドラマ名曲集」が出ましたが、幕末・維新と戦国時代だけじゃ物足りない!やっぱり平安時代や鎌倉時代等の全曲入っているのが欲しい!!そう思うのが、大河ドラマ音楽ファンのサガではないでしょうか。サントラを買いそびれて、一番聴きたかった「葵 徳川三代」を始め、「琉球の風」等当時小学生で、大河ドラマに興味を持つ前の、でもとても懐かしい曲、「いのち」のようなどこか聴きたことはあるけど思い出せない曲等々・・・。この2枚のCDはそんな曲であふれています。これは大河ドラマ音楽ファン、いや、NHK音楽ファン必携の一品と言ってもいいでしょう。一つ欲を言わせてもらえば今年放送の「江」を入れて50作として欲しかった。しかし、これはNHKさんの事情もあると思うので、このくらいに留めておきましょう。とにかく素晴らしい!!

    1 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★☆ 

    えせがっぱ  |  岩手県  |  不明  |  26/June/2011

    「秀吉」のあたりまでは毎年テーマ曲のコンピ盤が旧ポリドールよりリリースされていたと思う。その後出ていなかったのはTVサントラがマーケットでの需要があったと判断されたため、コンピ盤が出にくかったのではないだろうか。大河50作目という節目にこの企画を「復活」させたEMIにまず拍手を送りたい。今では巨匠となった作曲家たちの足跡を辿る意味でも、また新進気鋭の若き作曲家やクラシック畑以外の作曲家の側面を見る意味でもこの作品は意義深いのではないだろうか。ただ惜しむらくは、旧ポリドール盤のライナーには必ずあった各ドラマの「詳細データ」がないこと。配役紹介も主要なものしかない。この手のアルバムはデータベース的な面も併せ持つ必要があると思う。欲を言えば放送当時の世相や出来事も付け加えれば完璧。

    1 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★☆ 

    一人のクラシックオールドファン  |  兵庫県  |  不明  |  21/May/2011

    丁度二年前、大河ドラマテーマ曲集盤(昭和38年〜平成8年分収録、カタログ番号POCN1123)でレビューを書き込んだ分を軸に本盤でも繰り返しになりますが書き込みさせていただきます・・・広い意味でクラシック・ジャンルに含めてNHK大河ドラマの冒頭テーマ音楽は殆どの人が何らかの曲を聴いたら思い出すほど日本に根ざしたもので本アルバムは昭和38年「花の生涯」から平成22年「龍馬伝」までの曲・・・何れも1.5分〜2.5分の曲・・・は懐かしい限りです。私などは昭和39年の芥川也寸志作曲「赤穂浪士」(タイム1’41)テーマ曲が長谷川一夫の「おのおのがた・・・」という台詞とともに強烈に印象に残っており台詞とテーマ曲をよく口にしたもので更に昭和44年の冨田勲 作曲「天と地と」(2’30)、昭和45年の依田光正 作曲「樅の木は残った」(2’17)はNHKSOを今は亡き森正や岩城宏之が夫々その個性を発揮しての演奏は素晴らしく最近では平成14年の渡辺俊幸 作曲「利家とまつ」(2’37)、平成20年の吉俣良 作曲「篤姫」(2’45)などもずぅっと記憶に残るでょう。ただ東京の方のレビューにもあります様にキリの良い50作目放映中の「江」も入ればなぁと私も思いました。平成5年に珍しく二作品が半年ずつオンエアーされており次回はきっちり50年分といううたい文句で来年分も入れて出るのでしょうか?・・・。とにかく大河ドラマはこの冒頭タイトル画面でのバックテーマ音楽次第で成否が決まってしまうかも知れませんし、そしてそれを良いことに・・・二番煎じのイメージ曲は許されないことも感じております。(タイムについては盤により多少異なる場合があります)

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    つよしくん  |  東京都  |  不明  |  15/January/2011

    大河ドラマのファンにとって、待望のアルバムと言える。大河ドラマは、原則として1年間に渡って放送されるので、メインテーマについては約50回程度聴くことになり、どのような音楽でも自然と耳に入ってしまう。それ故に、過去の大河ドラマのメインテーマを聴くと、それぞれの年の想い出とオーバーラップして聴くことになるのが、懐かしくもあり、楽しくもある。そのような貴重な体験をさせてくれる意味でも、きわめて意義の多いアルバムと言える。私個人としては、大河ドラマを通しで見たのは峠の群像以降であるが、1年を通して聴いた曲については、正に、それぞれの年の想い出に浸りながら楽しく聴かせていただいた。峠の群像以降に限って言えば、ドラマとしての最高傑作は徳川家康といのち、楽しさだけに限れば、独眼竜政宗と八代将軍吉宗だと考えているが、メインテーマはいずれも超一流の作曲家の手による作品であり、音楽自体はいずれも実に高水準の優れたものであると言える。それにしても、世界的な作曲家であるモリコーネや武満徹、富田勲をはじめ、池辺信一郎など、超一流の者ばかりであるし、演奏も、デュトワやアシュケナージをはじめ、我が国を代表する指揮者によるもの。加えて、我が国最高のオーケストラであるNHK交響楽団が演奏するというもの(3作目以降)であり、あらためて、大河ドラマの豪華さを思い知った次第である。残念なのは、50作目の江が入っていないこと。2月発売のCDとの兼ね合いがあることはよくわかるが、それであれば、時期を遅らせて、江を含めた上で発売しても良かったのではないかと思った聴き手は私だけではあるまい。

    7 people agree with this review

    Agree with this review

Showing 1 - 4 of 4 items