TOP > Music CD・DVD > Classical > Bach (1685-1750) > J.S.Bach: 6 Suites For Solo Cello

Bach (1685-1750)

CD J.S.Bach: 6 Suites For Solo Cello

J.S.Bach: 6 Suites For Solo Cello

Customer Reviews

  • ★★★★★ 
  • ★★★★☆ 
    (0 posts)
  • ★★★☆☆ 
    (0 posts)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 posts)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 posts)

Do you want to write a review?

Write you own review

Showing 1 - 8 of 8 items

  • ★★★★★ 

    I.O.U  |  北海道  |  不明  |  09/July/2021

    バッハの無伴奏チェロ組曲としては個人的に演奏・音質とも三指に入る傑作だと思う。 バッハの無伴奏チェロ組曲が好きでフルニエ、ヨーヨーマ、ビルスマ、デュプレなどを所有しているが演奏、音質両面を考慮に入れると聴きやすさではヨーョーマに譲るものの絶対買って後悔しない名演だと思います。オススメ!

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    古き良き時代  |  大阪府  |  不明  |  19/July/2020

    これはこれで立派な演奏です。 この演奏だけを聴くと「力強く、強直で、逞しい演奏」と感じる方が殆どでしょう。 しかし、私には、シュタルケルのバッハ無伴奏チェロでは、やはりその有名なマーキュリー盤を第一に推したくなります。「力強く、強直で、逞しい演奏」の究極でした。どちらを採るかは個人の趣味の問題でしょう。 シュタルケルも年齢と共に大人しくなりました。同じハンガリー人のショルティのベートーベン交響曲全集を思い出しました。

    1 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    mari夫  |  東京都  |  不明  |  21/April/2015

    LP時代に旧盤を愛聴していたが、この新盤は評価も高く、価格もこっちの方が安いので購入した。もはや旧盤は30年ほど前の記憶の彼方だから比較は難しいが、これも豪快で闊達な、太い筆で一気に書かれたようなバッハである。旧盤で著しかった指板の上を指が叩くペタペタと言う音は今回は聞こえないが、発音の明確さは依然として変わらない。ただ、そのうろ覚えの記憶だと(だからあまり当てにはなりません)、今度の演奏の方が色々とアゴーギグが大きかったり、自由闊達さを増したとも、スタイリッシュな趣きがやや失われたともいえそうな気がする。私的にはやや後者かなぁ、という感想で、そのために星半分くらい引きたいかなぁ?でもないから5つにしておきます。

    2 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    ぼなぺてぃ  |  神奈川県  |  不明  |  01/May/2013

    演奏、録音、CPすべての側面から見て、この曲集で初めに購入すべきCDです。融通無碍なバッハの曲なので、その他の演奏・録音の存在意義はそれぞれありますが、まずはこれを聴いてください。

    6 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    おっさん  |  神奈川県  |  不明  |  18/June/2012

     マーキュリー盤と比べて年輪が感じられる。いかにもシュタルケルらしい、きびきびとしたリズムの気持ちよさに、円熟した厚みがある。旧盤とどちらが優れているかは好みだと思うが、技術的な完璧を求めるなら旧盤、人間味を求めるならこの録音、というくらいだろうか。それぞれに甲乙つけがたい名録音。

    5 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    折口茂臣  |  群馬県  |  不明  |  01/November/2011

    無伴奏チェロ組曲には名盤が数多存在するが、現在の私の感性に最も適合している演奏は、このシュタルケルの92年盤である。実に雄大かつ豪快で、チェロ演奏はかくあるべし、というシュタルケルの気概が伝わってくるような力強さを感じる。フルニエを柔とするなら、シュタルケルはまさしく剛といえるだろう(もちろんフルニエ60年盤も大変な名演!)。技術は非常に優れ、それ以上に音楽性が深いため、何度聴いてもすばらしいと感じ入ってしまう。特に第2番ニ短調が好きで、この演奏の重厚さと深さは最高である。また第5番や第6番の巧さも特筆すべきことだ。奏者の息遣いが聞こえるほど録音も鮮明で、そのため一層の緊張感を味わうことになる。基本的に情緒的な甘さは少なく、冷やりとした厳しい空気が漂い、峨峨として聳える霊峰を見るような趣がある。そのためこの組曲に対し、BGMとして聴こうとする人や温かな癒しを求める向きにはあまり合わないかもしれない。  バッハの音楽は懐が深いため、様々な演奏とそれに対する聴き方、接し方というものが無数にあって当然である。私も出来る限りいろいろなタイプの演奏に触れて、感性を磨いていきたいと思っている。だがやはり、この厳しい演奏にこそバッハの真髄の一端がはっきりと感じ取れるようで、私には安心感すら抱くことが出来るのだ。精神の拠り所にしたい高潔さを、私はこの演奏に見出(聴き出)すことになった。大切に付き合うべき音楽が間違いなくここにあるという幸福! 自らの感性に最も合う演奏を探し求められるのも、圧倒的名曲ゆえ名演に事欠かないからこそ。ああ楽しい。

    10 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    PaPaling♪  |  神奈川県  |  不明  |  23/November/2010

    シュタルケルのバッハ無伴奏は、2回目の録音もずっと聴いて来ましたが(録音の良さも相まって)、個人的には、この方が良いかな〜(笑) 荒削りで、それでいて繊細な(=相反していません)シュタルケルの音楽が良く捉えられていますよ☆

    4 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    罪のない猫  |  埼玉県  |  不明  |  20/October/2010

    この演奏、何回も再発売されて、ついに廉価千円台で購入可能となりました。演奏はオーソドックスで万人にお勧めできます。録音も良い。チェロの大家で唯一ご存命のシュタルケル様長生きして下さい。廉価盤のためかブックレットに曲目解説、演奏者の解説が載っていないのが残念。(駅売りCDではないのに)

    5 people agree with this review

    Agree with this review

Showing 1 - 8 of 8 items