CD Import

It Could Be The End

Sal La Rocca

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
IGL230
Number of Discs
:
1
Label
:
Format
:
CD
Other
:
Import

Product Description

Nathalie LoriersやSabin Todorovとの共演作で知られるベルギーのベーシストSal La Roccaが、リーダー作としては2003年『Latinea』以来となるアルバムをリリース。テナー奏者Jacques Schwarz-Bartをはじめ、彼自身もアルバムに参加した注目のピアニストPascal Mohyら若さ溢れる面々による非4ビートのコンテンポラリー・ジャズを展開。全編に渡り、Jacques Schwarz-Bartの太いテナーをフロントでフィーチュアしながらも、しっかりとボトムを支える骨太なRoccaのベース、斬新なソロを聴かせるPascal Mohy、そして6曲で参加しジョン・スコ的アプローチを感じさせるLorenzo Di Maioのギターなど聴き所満載だ。コルトレーンのM4を除いては全てRoccaのオリジナル。芯の通ったサウンドが非常に魅力的な仕上がりとなっている。

Sal La Rocca : Bass
Pascal Mohy : Piano
Jacques Schwarz-Bart : Sax
Lorenzo Di Maio : Guitar on 1, 3, 5, 6, 8, 9
Hans VanOosterhout : Drums

Track List   

  • 01. Insomnia
  • 02. Lazy Lion
  • 03. It could be the end
  • 04. Crescent
  • 05. Season Heat
  • 06. Stand Point
  • 07. Red In Black
  • 08. Osuna
  • 09. Bluemondo

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Modern Jazz Items Information

Recommend Items