Special Features Related to This Product

Books

Shin'ai

Nana Mizuki

Product Details

Genre
ISBN/Catalogue Number
ISBN 13 : 9784344019362
ISBN 10 : 4344019369
Format
Books
Release Date
January/2011
Japan

Product Description

水樹奈々を知っていますか?圧倒的かつ熱狂的支持を受ける超人気声優アーティスト、初の自叙伝!!

「私は信じていた。夢を信じ続けるべく父に育てられてきた」
演歌歌手を夢見て365日毎日休むことなく父とレッスンに励んだ幼少期、数々のカラオケ大会に出場し入賞を重ねた思春期、全国大会優勝を果たし上京、そして堀越高校芸能コースへの入学……未来は明るいと信じていた。しかし夢にまでみた高校生活には苦しい現実が待っていた。一向に決まらないデビュー、所属事務所の倒産、食事にすら事欠くほどの経済事情、さらに最愛の父が病に倒れ——。
どんなに苦しくても笑われても、私は夢を信じ続けていた。あきらめるわけにはいかなかった。

声優アーティストとして数々の記録を塗り替え、圧倒的かつ熱狂的な支持を受ける水樹奈々。初めて明かされる知られざる素顔とは?

単なる声優アイドルではありません。彼女の生きる強さに励まされ、直向きさに泣かされます。

【水樹奈々 - プロフィール】
声優・歌手。1980年1月21日、愛媛県生まれ。15歳で演歌歌手を目指して上京。1998年『NOëL 〜La neige〜』で声優デビュー。2000年シングル「想い」で歌手デビュー。04年のシングル「innocent starter」がオリコンチャートで初のトップ10入りを果たす。09年にはアルバム『ULTIMATE DIAMOND』でオリコンチャートで1位を獲得、声優として初の快挙を成し遂げた。同年、西武ドームでライブでは観客3万人を動員。年末には念願の紅白歌合戦に初出場した。また10年の紅白歌合戦へ2度目の出場も決まっている。圧倒的な歌唱力で声優アーティストの歴代記録を次々と塗り替える大活躍をみせている。

※出版社都合により、発売日・価格・仕様等に関しましては、予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

Content Description

「立ち向かわないことは、負けること」まっすぐに前だけを向いて生きる。圧倒的支持を受ける超人気声優アーティストがすべてをありのままに綴る、生きる強さにあふれる自叙伝。誰も知らない水樹奈々の本当の素顔。

目次 : 1 プロローグ/ 2 父と娘―演歌の花道/ 3 青春―女子高生の事情/ 4 デビュー―近藤奈々から水樹奈々へ/ 5 父との別れ―パパとママのこと/ 6 心と声―わたしの仕事/ 7 エピローグ

【著者紹介】
水樹奈々 : 声優、歌手。1980年1月21日、愛媛県生まれ。97年声優としてデビュー。2000年シングル『想い』で歌手デビュー。04年のシングル『innocent starter』がオリコンチャートで初のトップ10入りを果たす。09年にはアルバム『ULTIMATE DIAMOND』、10年にはシングル『PHANTOM MINDS』がオリコンチャートで1位を獲得、また西武ドームをはじめ数々の大会場でのライブを成功させている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Book Meter Reviews

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みりあ

    紅白歌合戦にも出演したアニソン界の女王水樹奈々、いや近藤奈々さんの自伝。やはりただならぬ努力と、人の出会いがあって今の姿があるわけだ。好きな言葉は、「人生に、無駄な経験なんてきっとひとつもない」「出会ったキャラクターの数だけ、声を出せます」等で、もうほんと格好良い。こういうことを素で考えることが出来る人が、やはりスターになるんだろう。だってセクハラ紛いの事をする先生も、まあ恩があったとしても普通許せないだろう。でも奈々さんは大切に思うのだ。出会うべくして出会った人だから。またさらに奈々さんが好きになった。

  • TSUBASA

    物心ついた時から演歌歌手を目指すよう父から教育を受け、一方で自らの「好き」を求めた結果得られた声優そして歌手の水樹奈々。その来し方を綴った自伝。類稀なる歌唱力の裏には父の力強い教えがあったのですね。一面だけ見れば彼女を教えた父や先生は難もあったのかもしれない。でも、そういった出会いや経験も愛情に変え、力強い彼女の声音につながっているのだと思うと感慨深いものがある。要は、水樹奈々は真面目で強くて愛情に溢れ、歌手か声優のどちらか、という二者択一が無意味だと思わせてくれるほど力強いのだなと思わせる自伝でした。

  • うさみP@デレ7th名古屋両日現地

    ETERNAL BLAZEで水樹奈々さんを知ってから6年近く経っただろうか。父の夢を自分の夢に昇華させ、夢を追って二兎を得た近藤奈々の人生。孤独でいじめに苦しんだ幼少時代、厳しくもその奥に優しさを滲ませる両親、苦しくも友達に充実した高校時代、師匠であり最大の障害でもあった先生、意外な経緯で声優となり、どん底から引き上げてくれたプロデューサー。恩人・仇人をひっくるめて私を作ってくれた大切な人と言えるのは凄いなぁ。同名の歌「深愛」の歌詞を思い浮かべながら読むと涙が出る。是非、深愛を聴きながら読んでほしい。

  • ごへいもち

    とっても努力の人だったのね

  • ゆめ

    数々のテレビアニメやナレーターで活躍する声優、水樹奈々の自叙伝。5歳の頃から、厳しくも愛情深い父との二人三脚で目指した演歌歌手への道のり。この本は「声優」が書いた本だと思ってもらいたくない。演歌歌手として紅白出場を夢に見続け、どんなにつらく悲しいことがあろうと夢に挑み続けた、1人の強く美しい女性によって書かれた本なのだから。それくらいに、彼女の人生は過酷でありながら素晴らしい。声優として、歌手としての彼女を知らない人にもぜひ読んでほしい。父への深い愛情と感謝の気持ちの詰まった「パパ、行ってくるね」に号泣。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

Recommend Items

HMV&BOOKS online Recommend