Books

まんぷく 時代小説傑作選(仮)Php文芸文庫

Miyuki Miyabe

Product Details

Genre
ISBN/Catalogue Number
ISBN 13 : 9784569769899
ISBN 10 : 4569769896
Format
Books
Publisher
PHP
Release Date
January/2020
Japan
Co-Writer, Translator, Featured Individuals/organizations
:

Content Description

いま大人気の女性時代作家がそろい踏み! 
江戸の料理や菓子をテーマに、人情に溢れ、味わい深い名作短編を収録したアンソロジー。

【著者紹介】
細谷正充 : 文芸評論家。1963年生まれ。時代小説、ミステリーなどのエンターテインメントを対象に、評論・執筆に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Book Meter Reviews

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • タイ子

    6人の女性作家による食にまつわる6つの短編集。どれも何かのシリーズからの作品なので読んだこともあり未読もありで面白い。以前から興味あった梶よう子さんの「御薬園同心 水上草介」の作品が良かったのでこれから読んでみたい。宮部みゆきさんはやはりいいですね。捕物帖からの一編だが、以前読んだのを忘れていて思い出させてくれた。今どきの謎解き方法を時代小説の中で絡ませてくる面白さ。絶品、満足、まんぷく!

  • ゆみねこ

    女性作家さんによる料理がテーマの時代小説アンソロジー。「餡子は甘いか」畠中恵・「鮎売り」坂井希久子・「料理茶屋の女」青木祐子・「桜餅は芝居小屋で」中島久枝・「清正の人参」梶よう子・「お勢殺し」宮部みゆき。青木さん、中島さんは初読み。宮部さんは既読、どの作品も良かったです。贅沢な1冊。

  • あっか

    新刊。女流作家による、料理がテーマの時代小説短編集。初っ端、読み続けているしゃばけシリーズのお話だったので入りやすかったです♪(既読の筈なのに忘れていた栄吉の話…笑)宮部みゆき氏と青木祐子氏のシリーズは1冊まるまる読んでみたくなった!やっぱりミステリが好きなのかな…鮎売りが面白かったです。餡子と桜餅とすいとんが食べたくなりました^^

  • 紫 綺

    まんぷく…とまではいかないが、江戸の食べ物に絡む短編6作のアンソロジー。私の好みは「桜餅は芝居小屋で」。小萩のふくよかな優しさがいい♪

  • タツ フカガワ

    女性作家6人による「料理」をお題にしたアンソロジー。既読は梶よう子『桃のひこばえ 御薬園同心 水上草介』からの「清正の人参」と、宮部みゆき『〈定本〉初ものがたり』から謎の稲荷寿司屋台の親父が登場する「お勢殺し」の2編。初読み作家のなかでは煮豆をきっかけに、殺人事件の意外な真相が語られる青木祐子「料理茶屋の女」が面白かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

Recommend Items