CD

名曲アルバム-舞踏への勧誘: Kegel / Suitner / Neumann / Etc

User Review :4.5
(2)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
KICC3530
Number of Discs
:
1
Label
:
Format
:
CD

Product Description

ベリー・ベスト・クラシック1000
キング・クラシック最強ベーシック・シリーズ誕生。

「ドイツ・シャルプラッテン」「キング(ファイアバード/セブンシーズ)」「クラーヴェス」のレーベルから過去に評判の良かった盤を50タイトル厳選して1,000円(税込)で再発売(2枚組は税込1,700円)。手軽にホーム・クラシックを楽しみたいライト・ユーザーから、レーグナー&読売日本交響楽団のベートーヴェン全集、スイトナーのブラームス全集などをこの価格ならコレクションに加えておきたいと思うクラシック・マニアまで、幅広い購買層にアピールする廉価盤クラシック最強シリーズの登場です。(キングレコード)

名曲アルバム〜舞踏への勧誘
フィギュアにバレエにダンスにとBGMとして耳にすることの多い“舞踊音楽”の名曲を網羅。ケーゲル、レーガー、ノイマン、スウィトナーら名指揮者の競演でお楽しみください。

【収録情報】
・ハチャトリアン:「仮面舞踏会」〜ワルツとギャロップ
 ヘルベルト・ケーゲル指揮、ドレスデン・フィル

・ラフマニノフ:前奏曲嬰ハ短調op.3-2『鐘』
 ジークフリート・シュテッキヒト(ピアノ)
 ロベルト・ハネル指揮、ベルリン放送管弦楽団

・モンティ:チャルダシュ
 エゴン・モルビッツァー(ヴァイオリン)
 ロベルト・ハネル指揮、ベルリン放送管弦楽団

・リスト:交響詩『死の舞踏』
 ハインツ・レーグナー指揮、ベルリン放送管弦楽団

・ヴェーバー:舞踏への勧誘
 ロベルト・ハネル指揮、ベルリン放送管弦楽団

・ブラームス:ハンガリー舞曲第5番
 ヴァーツラフ・ノイマン指揮、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

・ブラームス:ハンガリー舞曲第6番
 ヴァーツラフ・ノイマン指揮、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

・グリーグ:アニトラの踊り
 ヴァーツラフ・ノイマン指揮、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

・ベルリオーズ:「ファウストのごう罰」〜ハンガリー行進曲
 ゲルハルト・ヴィーゼンヒュッター指揮、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

・ロルツィング:「皇帝と大工」〜木靴の踊り
 クルト・マズア指揮、ドレスデン・フィル

・ドヴォルザーク:スラヴ舞曲第1番
 ヴァーツラフ・ノイマン指揮、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

・グルック:清らかな精霊たちの踊り
 ヘルベルト・ケーゲル指揮、ドレスデン・フィル

・リムスキー=コルサコフ:熊蜂の飛行
 ゲルハルト・ヴィーゼンヒュッター指揮、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

・ドリーブ:ナイラ・ワルツ
 ロベルト・ハネル指揮、ベルリン放送管弦楽団

・チャイコフスキー:弦楽セレナード〜ワルツ
 オトマール・スイトナー指揮、シュターツカペレ・ドレスデン

Track List   

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ひょんな事から、私がクラシックを聞き始め...

投稿日:2021/04/01 (木)

ひょんな事から、私がクラシックを聞き始めた1970年前半頃の、NHKFMのクラシック番組のテーマ曲が掲載されたサイトを見つけました。大方の番組のテーマ曲は分かっていたのですが、前から分からなかった番組が家庭音楽鑑賞でした。この番組は大変不思議で、FM番組なのにモノラル、ステレオ録音の作品をわざわざモノラルで放送していました。その後の番組がやはりモノラルで朗読の時間でした。それはさておき、その家庭音楽鑑賞のテーマ曲が、ロルツィングの木ぐつの踊りだとわかり、このアルバムになりました。FMで使われていた演奏ではなかったですが見つけられて良かったです。また、このアルバムの収録曲目も、タイトルの名曲アルバムにふさわしい有名名曲ばかりでしかも廉価盤。良い買い物をしました。

k.k さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
☆
少しフィギュア・スケートを意識したような...

投稿日:2011/07/16 (土)

少しフィギュア・スケートを意識したような選曲だ。 それはともかく、踊るための楽曲を集めたCDは意外と珍しいのではないか。 このCDはドイツのシャルプラッテンの音源を使用しているようで、旧東ドイツの演奏家による物が多い。 演奏その物は上手く聴かせてくれる物が多く、ノイマンのスラヴ舞曲、ケーゲルの仮面舞踏会は名演奏だ。 東ドイツのオペレッタ指揮者・作曲家である、ロベルト・ハネル指揮の4曲も楽しい。 録音年は記載がないため不明だが、そこそこ古いのではないかと思う。 ただ気になるような音質ではない。

レインボー さん | 不明 | 不明

0

Recommend Items