Books

火の科学 エネルギー・神・鉄から錬金術まで

西野順也

Product Details

Genre
ISBN/Catalogue Number
ISBN 13 : 9784806715344
ISBN 10 : 4806715344
Format
Books
Publisher
Release Date
February/2017
Japan
Co-Writer, Translator, Featured Individuals/organizations
:

Content Description

人類の発展は、火と共にあった。暖房や調理、武器から、製鉄や土器・陶磁器づくり、そして蒸気機関に始まったエネルギー利用の変遷まで。先史時代から現代まで広大なスケールで、人類と火の関わりを探る。

目次 : 第1部 暮らしと火(生活の中の火/ 火と神様/ 戦いの火/ ものづくりの火/ 日本の鉄文化/ エネルギーの火/ 現代の火と未来の火)/ 第2部 人類と火(火の使用と文明化/ 日本の先史時代)

【著者紹介】
西野順也 : 1954年宮城県生まれ。東北大学工学部工学研究科応用化学科博士課程後期修了。工学博士。石川島播磨重工業(株)(現在(株)IHI)に勤務後、宇部工業高等専門学校物質工学科教授を経て、帝京平成大学健康メディカル学部医療科学科教授。専門は環境化学、環境プロセス工学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Book Meter Reviews

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • GASHOW

    このジャケットに「火の科学」というタイトル。作者が日本人??一抹の不安を覚えて読み出しました。日本や中国の歴史上の火の使い方が載っていたのは良いのですが、期待していた何かが、ほら、こう。原子力の火の熱さとか太陽の熱さとか。火が自然発火する状況とか、人体発火現象とかなかった。

  • Tamotsu

    火とともに生きるだな

  • つくし

    序盤の火に対する畏怖の感覚や、火の捉え方といった神学や哲学に近いパートにふむふむ、となったのと、終盤、火そのものよりも、火を獲得したという側面からの進化論のようで、面白かったです。中盤は文化的な側面の説明。人の知能ってすごい。

  • とみぃ

    火と向き合う。キャンプでの食事。焚き火。神秘的な気持ちになる人はぜひ。人が扱えるようになってからのこと、地域による生活との関わりの違いなど興味深く読みました。

  • とみぃ

    火と向き合う。キャンプでの食事。焚き火。神秘的な気持ちになる人はぜひ。人が扱えるようになってからのこと、地域による生活との関わりの違いなど興味深く読みました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

Recommend Items