Books

おやつトランポリン コドモエのえほん

大塚健太

Product Details

Genre
ISBN/Catalogue Number
ISBN 13 : 9784592762898
ISBN 10 : 4592762894
Format
Books
Publisher
Release Date
April/2021
Japan
Co-Writer, Translator, Featured Individuals/organizations
:

Content Description

いちごがトランポリンで「ぽよーん」と跳ねて、「すたっ!」と着地したのはケーキの上。次々と食べ物が跳ねる姿と音が楽しい絵本。

いっちに いっちに。
走ってきたいちごが、トランポリンで「ぽよーん」と跳ねて「すたっ!」と着地したのは……ショートケーキの上!
食べ物たちが次々に現れて、トランポリンで見せる華麗なジャンプとユーモラスな擬音が楽しい絵本。
キャラクターたちの愉快な表情が愛らしく、濃密に描かれた食べ物はとてもおいしそう。
まるで本当にジャンプしたような開放感が、読者を笑顔にしてくれます。

【著者紹介】
大塚健太 : 1976年、埼玉県生まれ。おはなしを手がける絵本作家。主な絵本作品に『いちにちパンダ』(くさかみなこ/絵 小学館)、『おにゃけ』(柴田ケイコ/絵 バイ インターナショナル)、『フンころがさず』(高畠純/絵 KADOKAWA)などがある

小池壮太 : 1977年、東京都生まれ。画家として油彩で風景・静物画を制作する傍ら、絵本作家としても活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Book Meter Reviews

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • リラコ

    オノマトペ。 幼い子どもたちの言語体験を豊かにするために、本来欠かせない部類なのだ。豊かなオノマトペの使いこなしは、各家庭に任されているのが現状で、そこにこういう絵本が一冊あるだけでも、動きを伴う絵とともに自然と感じ、使えるようになってくれることと思う。 こういう時にこういう言葉を使いますよ、と教わって身につくモノではない。しかしながらどこかで触れなければ、それへの感覚は研ぎ澄まされない。 可愛いお菓子たちと、出来上がったケーキ。私は途中のパフェに目が釘づけ。 そこがまた、良い。

  • ごへいもち

    楽しいんだけど、やっぱり私は食べ物が床に落ちたりすることに抵抗感

  • spatz

    明るい色彩とダイナミックな絵柄が魅力的な作者の絵。これは、甘い物を控えねば、と思っているものにはちょいとつらい。おいしそう。トッピングの果物やチョコレートや、が、たのしそうでおいしそう。とくに女子はどんどんじぶんでなにかをつくりたい、といろいろやってみる、その光景につながる。うちは男子ばかりなのだけど、小学校の女子は眩しいほど手作りに長けている。男子も負けてない部分はあるけど、やはりお菓子作り、は女子の得意分野なのだろうか。

  • スナフキン

    トランポリンで着地すると美味しい物に変身。 最後はみんなでトランポリンをして豪華なホットケーキに‼︎ 子供が大きくなったらもう一度読んであげよう。

  • 遠い日

    かわいい食べ物たちが「ぽよよ〜ん」とトランポリンで飛んで、キレッキレの着地をするところがなんとも気持ちいい。文字まで踊っていてとっても楽しい。そして、それらがスイーツとくれば、なんとも言えない幸福感に包まれます。 さてさて、できあがったものがまた、すばらしいこと。おなかが空きました。#おやつトランポリン#NetGalleyJP

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

Recommend Items