CD Import

Le Sacre Du Printemps: Dudamel / Simon Bolivar Youth O +revueltas: La Noche De Los Mayas

Stravinsky (1882-1971)

User Review :4.0
(9)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
4778775
Number of Discs
:
2
Format
:
CD
Other
:
Import

Product Description

Gustavo Dudamel's two full-frontal force orchestral pieces elicit high octane playing from his Sim n Bol var Youth Orchestra of Venezuela. Both Stravinsky's Rite of Spring and Revueltas's Night of the Maya are revealed as models of revolutionary music making.

Track List   

Disc   1

  • 01. Introduction
  • 02. The Augurs of Spring: Dances of the Young Girls
  • 03. Ritual of Abduction
  • 04. Spring Rounds
  • 05. Ritual of the Rival Tribes
  • 06. Procession of the Sage
  • 07. The Sage
  • 08. Dance of the Earth
  • 09. Introduction (Largo)
  • 10. Mystic Circles of the Young Girls
  • 11. Glorification of the Chosen One
  • 12. Evocation of the Ancestors
  • 13. Ritual Action of the Ancestors
  • 14. Sacrificial Dance (The Chosen One)
  • 15. 1. Noche de los Mayas (Molto sostenuto)
  • 16. 2. Noche de Jaranas (Scherzo)
  • 17. 3. Noche de Yucatan (Andante espressivo)
  • 18. 4. Noche de Encantamiento (Tema y variaciones)

Disc   2

  • 01. Record Label: Deutsche Grammophon
  • 02. Catalog#: 00289 4778775
  • 03. Country Of Release: NLD
  • 04. Year Of Release: 2010
  • 05. Notes: .. Printemps/La Noche De Los Mayas//Simon Bolivar Youth

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
「春の祭典」初演100年記念BOX(20...

投稿日:2013/12/31 (火)

「春の祭典」初演100年記念BOX(20CD)が手元に届いた。 一番最初に聴いたのがこのドゥダメル盤。 C.デイヴィス&コンセルトヘボウ盤、ドラティ&デトロイト盤、 などを差し置いてまず聴いてみた。 彼がシモン・ボリヴァルと入れたCDはチャイコフスキー5番ですでに 聴いていて、才能は認めていた。 「春の祭典」のような複雑な曲にベネズエラのオケがどう反応するか 楽しみだった。 一言で、素晴らしい!原始的な音響、鋭いリズムとも歴代の名盤と同等か それ以上だ。 大みそかのバラエティ番組で、嵐の松本潤へのメッセージを聴いたが 彼の人柄にも惹かれた。 今後がますます楽しみだ。

abbadondon さん | 栃木県 | 不明

1
★
★
★
★
★
これは素晴らしい演奏だ。実演でチャイコフ...

投稿日:2011/02/05 (土)

これは素晴らしい演奏だ。実演でチャイコフスキーを聴いてうるさい印象しか残っておらずドゥダメルはもういいと思っていたが、やはり曲との相性(聴き手とのも)もあるのだろう。まさに音の饗宴といった感じで切れ味も抜群だ、サロネンの新盤とは全く異なるアプローチだがいづれも目下私には最高のハルサイだ。録音に関するコメントが多いようですが、私のオーディオではよく鳴っていました。

papageno さん | 東京都 | 不明

3
★
☆
☆
☆
☆
有名指揮者が誉め、DGからデビュー、音楽...

投稿日:2010/09/19 (日)

有名指揮者が誉め、DGからデビュー、音楽マスコミ大騒ぎ。出される音は立派かもしれないが、この音響の作り方は普通だ。しかも音の変化、消えてゆく様子といった音そのものの面白さを聴くには、エコーが邪魔。わざと被せているのだろうか。細部がぼける。最近このような作りの録音が多い。これでは音を楽しめないと思う。で、この指揮者の音楽は、この演奏は、どのようなところが、何が魅力なのだろうか?結局音楽的に良いとか悪いとかではなく、なんでこの人が受けているのか、だけ語られていることが気になる。もっともこれほどエコーがかけられて細部がぼけたら、誰も語れないのだろうか?鮮明な録音の、過去の名盤とされている演奏の方が遥かにスリリングだ。被せたエコーを除去して出し直して欲しい。これで判断することは難しい。

ポテトチップス さん | 北海道 | 不明

3

Orchestral Items Information

Recommend Items

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト