CD 輸入盤

Scoundrel Days

a-ha (アーハ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
7599.25501
組み枚数
:
1
レーベル
:
Wea
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1986
フォーマット
:
CD

商品説明

Out of print in the U.S.! Scoundrel Days was the Norwegian trio's sophomore album, originally released in 1986. for anyone expecting a repeat of their debut album (and it's hit single 'Take on Me') were surprised to find a darker, moodier beast altogether. Scoundrel Days that seemed to shake off the bubblegummy Synthpop sound of their debut and replace it with an equally melodic batch of eclectic tracks that relied heavily on atmosphere. Features the singles 'Cry Wolf', 'I've Been Losing You' and 'Manhattan Skyline'.

収録曲   

  • 01. Scoundrel Days
  • 02. The Swing Of Things
  • 03. I've Been Losing Myself
  • 04. October
  • 05. Manhattan Skyline
  • 06. Cry Wolf
  • 07. We're Looking For The Whales
  • 08. The Weight Of The Wind
  • 09. Maybe, Maybe
  • 10. Soft Rains Of April

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
80年代のa〜ha。 乱暴に彼らのキャリア...

投稿日:2010/06/04 (金)

80年代のa〜ha。 乱暴に彼らのキャリアをそう区切るとすれば、今作がベストだと言えると思います。 つまりは。。。「Take On Me」において万人に圧倒的なPop感覚で受け入れられてしまった揺ぎ無い事実という1面。 と相反する1stアルバムが持つ「大衆性」を多少犠牲にしてまでも、アーティストとしてのアイデンテティ(=a〜haという記名性)を確立したいという1面。 その両面を互いにギリギリのバランスで実現しえたという事実の面が、もっと評価されるべきでは?と個人的に思うからです。 1stシングル「I’ve Been Losing You」のソリッドでロックで適度に大人な感じ、という絶妙なバランス感覚は、DURAN DURANが「ノトーリアス」といアルバムを実現したのと等しいくらい、本当に絶妙だったと思います。 フェアウェル・ツアーで最後に日本でもその雄姿を残して活動を終えるのですが、願わくば「Take On Me」で有名なa〜ha、という誤った認識が時とともに少しでも浄化される事を祈るばかりです。

bonovox さん | 福岡県 | 不明

8
★
★
★
★
★
ファーストよりもセカンドの方が質が高いで...

投稿日:2007/08/09 (木)

ファーストよりもセカンドの方が質が高いです。曲、ボーカル、アレンジ全てがソリッドでクールな仕上がり!確実にスキルアップしている内容で、ヨーロッパではこちらの方が評価されているみたいです。2.3.5など、名曲がズラリ!最高です。

キティ さん | 神奈川 | 不明

4
★
★
★
★
★
1stよりも個々の楽曲が優れていることは確...

投稿日:2006/01/13 (金)

1stよりも個々の楽曲が優れていることは確実。表題曲やシングルカットされたルージング・ユーなどライブ映えするナンバーが多く、このアルバムで来た武道館での来日公演はロックバンドの香りを漂わせていた。

みっく さん | 千葉 | 不明

3

a-haに関連するトピックス

おすすめの商品