LPレコード 輸入盤

Restless Heart (シルヴァーヴァイナル仕様/2枚組アナログレコード)

Whitesnake (ホワイト・スネイク)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029.502266
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
輸入盤

商品説明

偉大なるロック・シンガー、デイヴィッド・カヴァデール率いるホワイトスネイク。彼らが1997年に発表した、ホワイトスネイク復活作として新たな伝説の幕開けを飾ることとなった名作『レストレス・ハート』が、最新ミックス&リマスター音源となってここに甦る! こちらは最新リミックスが施されたアルバム音源を収録した2枚組シルヴァー・アナログ!!

◆1978年のデビュー以降、そのブルースに根付いたハード・ロック・サウンドでイギリスやヨーロッパ、そしてここ日本でも大きな人気を誇り、その後全米でも絶大な支持を得る、時代を象徴するハード・ロック・バンドとして確固たる地位を確立する、ロック・ヴォーカリストの最高峰:デイヴィッド・カヴァデール率いるホワイトスネイク。彼らが1997年に発表したアルバム『レストレス・ハート』が、約35年の時を経て、新たなミックスが施された姿で再び世界に届けられることとなった。

◆80年代に世界的な栄光を手中に収めたホワイトスネイクのバンドの創始者でありリード・シンガーであるデイヴィッド・カヴァデールは、1995年に3枚目のソロ・アルバムの制作に取り掛かった。しかし、当時のレコード・レーベルからのプレッシャーもあり、当初の方針を変え、デイヴィッド・カヴァデール&ホワイトスネイク名義の作品としてアルバム『レストレス・ハート』を1997年に発表した。アルバム発表直前の名義変更という事態があったものの、このアルバムは全英Top 40ヒットを記録、ここ日本ではアルバム・チャート10位を獲得し、その人気ぶりを強くシーンに印象付けることとなった。驚くべきことにこの作品は全米ではリリースされていなかったのだが、今回5枚組ボックスセットを含む複数形態でリリースされることになり、ようやく全世界でこの名作が正式な形で登場することとなるのだ。

◆10月29日に全世界同時発売となるこの最新版『レストレス・ハート』は、4枚組CD+DVDの5枚組仕様となるスーパー・デラックス・エディションに加え、2CDデラックス・エディション、1CD、そして輸入盤のみの取り扱いで2枚組180グラム重量盤シルヴァー・アナログという、計4形態での発売となる。

◆この2枚組シルヴァー・アナログには、1CDの『RESTLESS HEART: 2021 REMIX』同様、当初今作『レストレス・ハート』を制作している時にデイヴィッド・カヴァデールが思い描いていた通りのサウンドを再現すべく、収録曲順も入れ替え、全く新しい作品として生まれ変わった最新リミックス・ヴァージョンが収録されている。
(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Restless Heart (2021 Remix)
  • 02. You’re So Fine (2021 Remix)
  • 03. Can’t Go On (2021 Remix)
  • 04. Crying (2021 Remix)
  • 05. Take Me Back Again (2021 Remix)
  • 06. Anything You Want (2021 Remix)
  • 07. Too Many Tears (2021 Remix)

ディスク   2

  • 01. All In The Name Of Love (2021 Remix)
  • 02. Your Precious Love (2021 Remix)
  • 03. Can’t Stop Now (2021 Remix)
  • 04. Woman Trouble Blues (2021 Remix)
  • 05. Stay With Me (2021 Remix)
  • 06. Oi (Theme For An Imaginary Drum Solo) (2021 Remix)
  • 07. Don’t Fade Away (2021 Remix)
  • 08. Can’t Go On (Unzipped) (2021 Remix)

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
優れた曲がそろっているのだが、曲順に不満...

投稿日:2010/08/23 (月)

優れた曲がそろっているのだが、曲順に不満。

sabbath sabbath さん | 広島県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
ホワイトスネイクが一時期の休止状態を経て...

投稿日:2010/05/15 (土)

ホワイトスネイクが一時期の休止状態を経ている間にデヴィッドも年をとりました。「Slip of the tongue」のように、ハイ・トーンで歌いまくることも難しくなっていました。そんな時に出たのがこのアルバムです。タイトル・トラックのBなどホワイトスネイクらしい曲も多いですが、@AのようにAOR的な側面もデヴィッドには非常に似合います。のちのインタビューでも漏らしていましたが、本作は彼のソロアルバム用の曲が、ホワイトスネイク名義になったということが、@Aの存在を許している原因です(勘違いしないでください。とっても良い曲です!)。メンバーもエイドリアン以外は一新され、初期のブルーズ・ロックに戻るには、年齢的にも、バンドの立場的にも最適な状況だったと思われます。初期のホワイトスネイクを現代風にやっているという感じですね。ただこの時のデヴィッドの声は、カヴァーデール・ペイジ同様、少し高めの声はだいぶ衰えた印象です。無理をせずにミドルレンジだけで勝負したって素晴らしいヴォーカリストですから、無理しないでください!

ラッキーな男 さん | 鹿児島県 | 不明

1
★
★
★
★
★
誤解して欲しくないのがエイドリアンの作曲...

投稿日:2007/08/23 (木)

誤解して欲しくないのがエイドリアンの作曲能力の低下ではなく『スリップ・オブ〜』の二の舞を繰り返さないというのが本作の課題だった。だからもっとHRな作品を作れたのに敢えて作らなかったという事。楽曲も大人の魅力満載!まあ80年代後半のWSの幻影を追いかける人には永遠に理解できないでしょう。

ランディ さん | 埼玉 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Whitesnake

76年に第3期ディープ・パープルを脱退したデヴィッド・カヴァーデールはソロ活動を開始。77年に『ホワイトスネイク』、78年には『嵐の叫び』と2枚のソロ・アルバムを発表。その後ソロ・アルバムに関わっていたミッキー・ムーディーや元ディープ・パープルのジョン・ロードなどからなるバンド、ホワイトスネイクを結成。78年アルバム『トラブル』でデビューを果たした。

プロフィール詳細へ

Whitesnakeに関連するトピックス

ヘヴィーメタル に関連する商品情報

おすすめの商品