CD 輸入盤

Tokyo 1978

Weather Report (ウエザー・リポート)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
EQ2CD6004
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

As close to a supergroup as jazz ever came, Weather Report played a storming set for their adoring audience at the Shinjuku Kosei Nenkin Hall in Tokyo in 1978. The gig - broadcast live by NHK Radio on 28 June - featured the band as a quartet for the first time, with Joe Zawinul, Wayne Shorter and Jaco Pastorius joined by new kid Peter Erskine on drums. This recording captures the band at their creative height and showcases their music from the establishment of their signature jazz-funk fusion sound, through to their critically acclaimed and ground-breaking albums Black Market and Heavy Weather, material from which is heavily featured on this wonderful 2CD set.

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Elegant People
  • 02. Scarlet Woman
  • 03. Teen Town
  • 04. A Remark You Made
  • 05. Black Market

ディスク   2

  • 01. Gibralter/Band Intros
  • 02. Shorter Solo/Zawinul Soko/Shorter and Zawinul Duo
  • 03. Birdland

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ウェザーリポートを知ったのは1982年くらい...

投稿日:2020/04/11 (土)

ウェザーリポートを知ったのは1982年くらい。このライブは1978年だから私が高校生だったころ。そのころこんなすごい演奏をするジャズバンドがあったのかという感じです。 ウェザーリポートやジャコを知ってすぐに好きになりましたが、残念ながらジャコ在籍時のウェザーのステージは見ることができず、ハキム/ベイリー時代と、ジャコのビッグバンドをかろうじて見ることができました。ジャコはまだ絶頂期を維持していたと思います。しかし、その2年後くらいに見たジャコは急速に落ちぶれた状態になっていました。 このライブはジャコがエネルギッシュだった時代の好演奏が聴けます。 数年前にすでにネットからのダウンロード販売もされていたようです。最後の三三七拍子は当時の恒例だったという話も聞きますが、何なのでしょうか。 こういうアーカイブ音源は当時を知る人たちが老いていく前にもっとどんどん出していただきたいです。

30ラロッカ さん | 兵庫県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Weather Report

 『ブラック・マーケット』『ヘヴィー・ウエザー』の連続ヒットによってついにWRは押しも押されぬジャズ界の大物にのし上がった。このグループの進撃は『ナイト・パッセ−ジ』まで続き、ジャコ在籍時代がスリリングという意味ではWRの黄金時代といっていいだろう。ジャコ=ピーター・アースキンを中心線にウエインとジョーが左右でグループを引っ張るというこの時期のWRの形を最後に体現したのがこの作品だった。

プロフィール詳細へ

Weather Reportに関連するトピックス

フュージョン に関連する商品情報

おすすめの商品