Blu-spec CD

Phil Spector Presents The Phillies Album Collection

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICP20330
組み枚数
:
7
:
日本
フォーマット
:
Blu-spec CD
その他
:
コレクション
追加情報
:
Blu-specCD
紙ジャケット
最新リマスター音源
歌詞・対訳・解説付き

商品説明

“ウォール・オブ・サウンド”の完成期ともいえる1962年から64年にリリースされたフィル・スペクター・プロデュース作品6タイトルを初めてCD化。モノ音源から最新リマスターを施し、LP当時の紙ジャケット仕様で、豪華コレクターボックスに収納。またボーナス・ディスクとして文字通り入手困難なBサイド集も。当時のフィル・スペクター・サウンドの歴史を詳細に解説したブックレット付き。

内容詳細

ロネッツ「ビー・マイ・ベイビー」、クリスタルズ「ダ・ドゥ・ロン・ロン」「ヒーズ・ア・レベル」など、“ウォール・オブ・サウンド”と呼ばれるユニークな音響で数々のヒット曲を世に送り出したフィル・スペクターが、62年から64年までに自身のフィレス・レコードから発表した6枚のオリジナル・アルバムが初CD化。さらに、シングルのB面に収めていたインスト・ナンバーを集めるボーナス・ディスクが付く。すべて最新のリマスタリング音源で、日本盤のみBlu-spec CD仕様。アメリカン・ポップスを知るうえで避けては通れないボックスだ。(い)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
☆
☆
☆

2.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
いやいや、そういう人のためのボックスじゃ...

投稿日:2012/12/28 (金)

いやいや、そういう人のためのボックスじゃないと思います。この箱を非難するんでしたら、フィレスの経営方針を、さかのぼって非難しているだけです。ま、当時は結局はこういう売られ方をされていたんだなぁと思いますね。装丁ががっしりしていて、実に立派でLPさながらです。インスト集はまぁ、確かに、大したものではないかもしれません。単なるジャムセッションみたいな感じですから。私がここで問題にしたいのは音ですね。サム・クックのリマスタも担当した、ヴィック?なんとかさんですけど、私はこの人は、フィルの音を理解していないように思います。結構あったかくて聞きやすい音になっていますが、フィルのファンはそういうのを望んでるんじゃないのです。もう時間なくて、ぐしゃっとつぶれた、当時の勢いのある音を聴きたいのです。この箱では、フィルが完全にオールディーズ化してしまいましたね。丁寧にマルチバンドコンプで凹凸が整えられていますが、これでいいのですかね。小さくまとまった「ダ・ドゥー・ロン・ロン」の音はどうでしょうか。当時の音を知らない人が「読み替え」たスペクターボックスですね。音楽も文学みたいなものなのでしょうね。

くるとん さん | 山形県 | 不明

2
★
☆
☆
☆
☆
近年まれにみるクズ箱。曲目のダブリが酷す...

投稿日:2011/11/14 (月)

近年まれにみるクズ箱。曲目のダブリが酷すぎ。バージョン違いは1曲だけだよ。シングルを寄せ集めるというこの時代のアルバムを、オリジナル・フォーマットで再現する意味があんのか? B面集も、繰り返し愛聴する程のインストじゃぁないよ。これ目当てなら、やめとき。アブコの箱とは雲泥の差。

南橋ヨット さん | 千葉県 | 不明

5

Variousに関連するトピックス

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド