CD 輸入盤

Wretched: The Ruinous

Unearth (アンアース)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
19658701142
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

MAメタルの信念を貫く重鎮“UNEARTH”全人類と地球に警鐘を鳴らす8作目『The Wretched; The Ruinous』

KILLSWITCH ENGAGEと並び最重量級のメタルコア・サウンドを轟かせる旗手UNEARTH。8年ぶりに実現した2023年1月の来日2公演(チケット完売)も記憶に新しいバンドが8作目『The Wretched; The Ruinous』をリリースする。2018年の前作『Extinction(s)』以来、約5年半ぶりとなる今作も、プロデューサーにWill Putney (BODY COUNT、THY ART IS MURDER、MACHINE HEAD)を起用。バンド創設メンバーKen Susi(現在はAS I LAY DYINGに加入)脱退の影響を感じさせないアグレッシブな作品を届けてくれた。2023年1月17日@代官山ユニット公演の模様や、渋谷の街中で歌うTrevorを収めたMVが話題を呼んだタイトルトラック(1)「The Wretched; The Ruinous」は、作品全体の要素を集約した楽曲。そして日本のファンにとって特別な楽曲となるだろう。続いて、ドラマティックに躍動する(2)「Cremation of the Living」、疾走感溢れる(3)「Eradicator」と前半から会心の作品であることが確信できる充実ぶりである。またインタールード的な立ち位置の(8)「Aniara」から(9)「Into the Abyss」への流れは、バンドにとって斬新な試みといえるだろう。楽曲の多くは、地球の環境破壊、何百万もの種の大量絶滅、そして気候変化への危機感の無さなど、我々に対する責任を声高に訴えている。今作が持つテーマは重く深刻であり、全人類が考え、取り組むべきものなのだ。「“The Wretched; The Ruinous”は、地球上の80億人のことを歌っている。数々の過ちを正すのに、あまりにも時間がかかりすぎている。全ての問題は現実のことなんだ。未来ではなく“今”の問題であり、俺はこの作品でそれらの問題について語っている」とボーカルのTrevor Phippsは語る。

<UNEARTH>
Vocals - Trevor Phipps
Guitars - Buz McGrath
Bass - Chris O'Toole
Drums - Nick Pierce

(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

  • 01. The Wretched; The Ruinous
  • 02. Cremation of the Living
  • 03. Eradicator
  • 04. Mother Betrayal
  • 05. Invictus
  • 06. Call of Existence
  • 07. Dawn of the Militant
  • 08. Aniara
  • 09. Into the Abyss
  • 10. Broken Arrow
  • 11. Theaters of War

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ヘヴィーメタル に関連する商品情報

おすすめの商品