CD

Populus Populus

UNISON SQUARE GARDEN

基本情報

カタログNo
:
TFCC86360
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

人気3ピース・バンドの3作目。屈託のないメロディやヴォーカルが魅力だが、ここではハーモニーをより強調したような曲がダイナミックに展開していく曲が強い印象を放っているのがミソ。タイトルが“ポピュラー”(大衆的)に起因しているところにバンドの自信が感じられる。(詩)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. 3 minutes replay
  • 02. kid,I like quartet
  • 03. プロトラクト・カウントダウン
  • 04. きみのもとへ
  • 05. 僕らのその先
  • 06. スカースデイル
  • 07. ワールドワイド・スーパーガール
  • 08. CAPACITY超える
  • 09. 場違いハミングバード
  • 10. カウンターアイデンティティ
  • 11. 未完成デイジー
  • 12. オリオンをなぞる
  • 13. シュプレヒコール~世界が終わる前に~

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
このアルバムの帯にはこう書いてある。 「...

投稿日:2011/07/22 (金)

このアルバムの帯にはこう書いてある。 「それでも、それでも明日を探す」 常に自分達の表現したいものを模索した彼らの、一つの到達点ともいえるのが、この「Populus Populus(ポプラ ポプラ)」。 それくらい素晴らしい作品だ。 このアルバムで彼らは、ロックバンドでありながら、ポップという面にも思い切って振っている。 代表的な曲としては、シングルとしてもリリースした「オリオンをなぞる」。 曲の感じや展開などには彼ららしさが存分に出ているが、この曲ではピアノの音を取り込んでおり、タイトルどおりに繊細だけど壮大で広がりのあるような曲に仕上がっている。 この流れを、いい意味で昇華させたのがこのアルバムといえる。 アルバムの前半では今までの彼ららしさ、そして後半にはポップさが前面に出て、最後は「未完成デイジー」、「オリオンをなぞる」、「シュプレヒコール〜世界が終わる前に〜」で終わる。 この展開は今までの彼らを知っている人からは驚かれそうだが、ここには驚き以上の心地よさと安心感を得る。 彼らがポップに振ったら、こんないい音楽ができるのかと。 そう思って改めてアルバムタイトル「Populus Populus」を見てみると、UNISON SQUARE GARDENというロックバンドに、PopをPlusした=Populusという風にも取れる。 そんな彼らの挑戦と確信が詰まった一枚。 文句なしの名盤です。

micarosu さん | 静岡県 | 不明

1

UNISON SQUARE GARDENに関連するトピックス

おすすめの商品