CD 輸入盤

Birds

Trace (トレース)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
FGBG4176AR
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
France
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

  • 01. Bourree (02:27)
  • 02. Snuff (02:28)
  • 03. Janny (in A Mist) (01:15)
  • 04. Opus 1065 (07:46)
  • 05. Penny (02:53)
  • 06. Trixie-dixie (00:38)
  • 07. King-bird
  • 08. First Avenue (03:41)
  • 09. Sculptor-bird (04:14)
  • 10. Second Avenue
  • 11. Preacher-bird
  • 12. Third Avenue
  • 13. Birdcorps
  • 14. Firecorps
  • 15. Birdcorps / Mail-bird / Fourth Avenue
  • 16. Soul-bird / Mail-bird / Sculptor-bird
  • 17. Second Avenue / Preacher-bird
  • 18. Last Avenue / King-bird / Reflection
  • 19. Birds (short Edit)
  • 20. Tabu (second Version)

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
70年代のオランダ・プログレッシヴ・ロック...

投稿日:2011/09/16 (金)

70年代のオランダ・プログレッシヴ・ロックを代表する名盤!  僭越ながらご紹介させて戴きますと、TRACEは、キーボード、ギター+ベース、ドラムによるトリオ。リック・ヴァン・ダー・リンデンは、リードとアンサンブルをまんべんなくこなしながら音楽を構築していくタイプで、あえて言うなら、ソロアルバムにおけるリック・ウェイクマンが近い(全くEL&P的ではない)。このアルバムにおけるドラマーは名手イアン・モズレー。   レコードA面は小曲5曲+中曲1曲、B面は組曲が通しで1曲。  組曲は構成もメロディも秀逸。エレクトリックバイオリンのダリル・ウェイが参加している中曲は、バロック調のスリリングなロック。どの曲も英国プログレとは異なる、ユーロ・ロックの薫りが漂う。  リック・ヴァン・ダー・リンデン関連ではこれが代表作でしょう。  他の人の日本盤のレビューも探して読んで下さい。  YouTubeで、まさにこの時代のライブ映像を発見しましたよ!

迷羊 さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
☆
プログレファンは変人で能書きタレが多く(...

投稿日:2007/07/25 (水)

プログレファンは変人で能書きタレが多く(笑)聞くきっかけはジャケットであったり、他人が知らないから..俺もそれで当時買いました。俺は好きな部類です。元フォーカスのドラムも荒くて好きだし。リックの中途半端では無く、そこまでするならクラッシックすればいいのに的な音作りがたまりません。昔はこの手のバンドは山ほどいましたね。みんな難しい顔して聞いてください

KENJI さん | 福岡 | 不明

1
★
☆
☆
☆
☆
昼寝にもってこいのシンフォ・ロック。長っ...

投稿日:2007/04/25 (水)

昼寝にもってこいのシンフォ・ロック。長ったらしいヴァイオリン/チェンバロソロを本作で延々続けられるぐらいならヴィヴァルディを聴くべし。ソフトEL&P。

くっさめ さん | 東京村 | 不明

0

おすすめの商品