CD

Chattin With Chet

Till Bronner (ティル・ブレナー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
POCJ1479
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ベルリンを中心として頑固に活動を続けるティルの「チェット・ベイカー・トリビュート・アルバム」。現代のテクノロジーを駆使したアイディアと表現の多様性はトランペットだけでなくその歌声の持つ感性においてチェットを彷彿とさせる。21世紀のチェットベイカー。オリジナルの「チェトに会ったかい?」はジョン・ピザレリの登場を思い起こさせるライト・スイングな歌声。一番チェット・ライクな「ホエン・アイ・フォール・イン・ラヴ」をはじめ、それどれの曲に相応しいサウンドで彼らしい音楽が展開される。マイケル・フランクス的な感性も持ち合わせたユニークなティルの個性が輝き出した作品。

内容詳細

前作『love』がジャズ・ディスク大賞の“ニュー・スター賞”に輝くなど話題となったティル・ブレナー。今作では、自身が愛するチェット・ベイカーへの限りない敬意を表したアルバムになった。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
正直、最初は喧嘩腰でこのアルバムを聞いた...

投稿日:2006/02/15 (水)

正直、最初は喧嘩腰でこのアルバムを聞いた。チェットのトリビュート?二枚目だからってどうなのよ?聞いてやろうじゃないの!結果はやられた〜という感じ。彼は、チェットベイカーの再来と言われている事を逆手にとって、自分はチェットとは違うのだ、ということをこのアルバムで証明したかったのだろう。最後にはチェットと仮想の共演までしてみせる。従来の枠にとらわれないすごいミュージシャンだ。

チョコミント さん | 東京 | 不明

0
★
★
★
★
☆
なんやいうても1曲目でしょ、こんな感じで...

投稿日:2002/02/01 (金)

なんやいうても1曲目でしょ、こんな感じでペット吹かれたら、jazzはフォビートなんてゆうておれまへんで、寺島靖国はん。ちょっと息が漏れるようなトランペットの音たまりまへん。

ichiro.jam さん | 神戸市 | 不明

0

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品