The Stone Roses
新商品あり

The Stone Roses (ザ・ストーン・ローゼズ) プロフィール

The Stone Roses | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

The Stone Roses

80年代後半から90年代のイギリスにおいて、名実ともに最も伝説的なロックバンドといえば、まず一番最初に頭の中に思い浮かぶのはストーン・ローゼズの存在だろう。イギリスの片田舎マンチェスターから発信された、ギターロックとダンスミュージックの画期的な融合を生み出したマッドチェスター・ムーブメントの中心的バンドであり、その後のイギリスのミュージック・シーンにおいて、特有の仲間意識と多大なリスペクトを捧げられる彼らのマジカルで魅力的な音楽は、今なお鳴り響き止むことはない。

ストーン・ローゼズは1985年、幼なじみだったイアン・ブラウン(Vo)とジョン・スクワイア(G)が中心となり、レニ(Dr)、アンディ・カズンズ(G)、ピート・ガーナー(B)の5人で結成された。そして早くも結成直後にThin Line Records から1stシングル So Young をリリース。しかし音楽的にはここでは彼らの後の個性は見出せない。次のリリースは1987年。彼らのスタイルを決定づけた2ndシングル Sally Cinnamon をFM-Revolverからリリース。このリリース前にアンディが脱退(後に彼はザ・ハイのメンバーとしてデビューしている)。その後にベーシストのピートに代わって、マニが加入。イアン、ジョン、レニ、マニの黄金の4人がここで出揃う。彼らが生まれ育ったイギリス工業都市のマンチェスターでは、最新の音楽シーンがあるわけでももちろんなく、彼らがライヴをするのは時に鉄橋の下だったという逸話もあるほど。それでも彼らは他バンドの前座はやらないという独自のポリシーを持ちながら、自分達の音楽が鳴らせるならいつでもどこでもできるんだというスタンスを貫く。そして1988年、Silvertone Recordsからシングル Elephant Stone をリリース。同曲はNew Orderのピーター・フックがミックスを担当したことで注目を浴び、彼らの音楽を代表する、サイケデリックなギターサウンドとポップなメロディーの決定打といえるシングル曲だった。

 Elaphant Stone をリリースしてから、ローゼズ人気は鰻のぼりになり、マンチェスターやロンドンでのライヴは軒並みソールドアウト状態になる。そして記念すべき1989年の夏、デビューアルバム 石と薔薇(The Stone Roses)をリリースする。ジョン・スクワイアの神懸り的なギターとリズム隊の黒っぽいグルーヴに、イアン・ブラウンの新たなロックスター像を予感させるフニャフニャなボーカルは、まさに奇跡的バンドサウンドを生み出していた(当初も以降もヴォーカルが弱いと言われ続けてもいるが)。ロックンロールとアシッドハウス・カルチャーを融合させた、今までにないその画期的なサウンドで、一大ムーブメントを起こすまでになる。というか、そのムーブメント、カルチャ−の真っ只中に彼ら自身がいた。そして彼らが奏でたポジティヴな空気感をいっぱいにたたえたサウンドは、ハッピー・マンデーズインスパイラル・カーペッツといったマンチェスター勢、後発のシャーラタンズ、同世代なプライマル・スクリーム、そして弟分的バンドのオアシスらのそれとともにイギリスのバンド音楽シーンの主流となっていく。またこの年に、シングルのみリリースとなった Fool’s Gold は、初のトップ10ヒットを記録する。彼らはまさに光り輝くバンドヒストリーを駆け進んでいた。

しかし、ローゼズ旋風真っ只中にあった彼らを待ちうけていたのは、古巣レーベルSilvertoneとの契約問題についてのいざこざだった。2年間にも渡る裁判沙汰に嫌気をさし、心身ともに披露困憊していた彼らはニューアルバムのレコーディングどころではなくなってしまった。そして長く続いたSilvertoneとの裁判に終止符を打ち、Geffenと新たに契約を結ぶ。ところが、契約が上手くいき、さていよいよリスナーが心底待ち望んでいた2ndアルバムのレコーディングという段階になって、ローゼズは謎の休止状態に陥ってしまった。曲作りの中心的存在だったジョン・スクワイアのスランプなど原因は複雑に入り組んでいたが、その間もイアン・ブラウンは自分達は最高のグルーヴを生み出すバンドなんだと豪語し、弱気な発言は一切なかった。そして、前作から実に5年も経った1994年、皆が待ち望んでいたローゼズの2ndアルバム セカンド・カミング(Second Coming) が完成されたのである。そこにはジョンの圧倒的なギターが鳴り響き、ローゼズのバンドグルーヴは失われていない事を証明していた。シングルとなったTen Storey Love Songの全てが許されたかのような荘厳に鳴り響くメロディーに、多くのファンはローゼズ完全復活を疑わなかった。

アルバムリリース後の長期ツアーをスタートさせる段階になって、レニの突然の脱退、そしてジョンの事故による1995年のグラストンベリー・フェスのキャンセルと、アクシデントは続き、1996年ついにバンドの要であったジョンがバンド脱退を表明。ジョンはシーホーセズを結成するが、明らかに不釣合いなメンバー構成で、持て余し気味の彼のギターは再び奇跡を起こすことはなかった。1997年にイアン・ブラウンは彼の十八番のダンス・ミュージックを独自のスタイルでリリース、ベーシストのマニは旧知の仲間でもあるプライマル・スクリームのメンバーとなり、その後の活躍は広く知られているとおりである。

%%message%%