Tchaikovsky / Sibelius
新商品あり

Tchaikovsky / Sibelius

Tchaikovsky / Sibelius | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

29件

すべてのユーザーレビューを見る(29件)

  • 私はオイストラフのCDを一枚選べと言われたら、このデ...

    投稿日:2016/03/26

    私はオイストラフのCDを一枚選べと言われたら、このディスクを選ぶ。クレンペラーとのブラームスより、ベートーヴェンのソナタよりこのディスクを選ぶ。チャイコフスキーの懐が広い演奏も文句無しに素晴らしいが、シベリウスはもっと凄い。最初から硬質かつ品のある音が満ち、聞いている部屋の気温を下げるようだ。第三楽章終結部の最高音をこれだけ一点の曇りもなく響かせるのは他では聞けない。名演多々あるこの曲だが、私は厳しい音楽性がきらめくこの演奏に帰ってきてしまう。再発を機に、一人でも多くの方がこのシベリウスを聞き、オイストラフという稀代のヴァイオリニストの本当の素晴らしさ、凄さを再認識頂くことを祈っている。

    てつ さん |50代

    12
  • チャイコフスキー、シベリウスのVCセットのオイストラ...

    投稿日:2011/09/15

    チャイコフスキー、シベリウスのVCセットのオイストラフ演奏盤は何種類かあり夫々名演奏の評価が定着している様です。1939年ガウク/MRSO、1949年サモスード/BTO、1954年コンヴィチュニー/SKDO、1955年クレツキー/SFO、1957年コンドラシン/SSSO、1959年オーマンディ/PPO等の他に本盤1968年ロジェストヴェンスキー/MFOのライブ盤があり聴き比べもされたらとも思います。1968年というとオイストラフ晩年期60歳で指揮のロジェストヴェンスキー僅か37歳の俊英の時期で演奏タイムは@18’41A5’59B9’32でライブ故でもあるのか彼自身の他の演奏は勿論他の演奏家よりテンポは速い印象を持ちましたがとにかく単に最近の若い女性ヴァイオリニストの弾く同曲とは・・・勿論これはこれで魅力的なのですが・・・スケール観というか次元が違うようです。第1楽章オーケストラ前奏はやや急ぎ足で進み逆に序奏のVはしっかり隅ずみまでなぞった様なゆとりがそれもしっとり感を伴いスタート、以降少し骨太にV主導を保ったまま進みます。途中オーケストラ全奏はロシア的に目の粗さがあっても粘ばつき感は低いですね。カデンツァはこの曲へのオイストラフの思い入れが技巧面だけではなくたっぷり雰囲気的にも味わえ引き摺り込まれます。第2楽章のロシア的憂愁さにおいてもオイストラフは決して「狎れ」ずちょっとしたフレージングにも見せる緩急の中に単に美しく弾くに留まりません。最終楽章のVはじっくり入り音楽本来の機能に働きかけます。クライマックスも落ち着いて運びきっちり〆ます。シベリウスの方は本盤1965年ロジェストヴェンスキーの指揮でオーケストラUSSRRSO(ライブ)(@15’04A8’42B7’22)の他に1954年エールリンク/SFO、同年(ライブ)フーグシュテット/FRSO、1959年オーマンディ/PPO等の録音盤が残されております。最初の楽章は冷え冷えとしたVの入りも聴き処ですがややテンポ速めながら終始しっかり語って行くスタンスは技に傾かないという事を訴えている様です。正直もう少し華やかさ要素が加わればという欲にかられようとするとやがてオーケストラ余韻の空白から凄いカデンツァが弾き切られその緊迫感・スケール感に圧倒されました。〆への攻めも同様で「溜め」を作りつつの仕上げは冒頭の冷え冷え感をすっかり熱っぽさに変えてしまいました。中間楽章と最終楽章はタイムとしては普通。中間楽章はシンフォニー的位置付けのこの曲の特徴をオーケストとVの集中一体化においてやはり音楽に魂を吹き込み実に客観的に説得力があります。最終楽章もしっかりオーケストラもやや粘着性を見せながらV 主体の活躍には変わりはありません。最高ランクに躊躇いたしません。本盤には珍しいシベリウスのユーモレスク(タイム3’30曲と2’12曲)が付録になっています。(タイムについては盤により多少異なる場合があります)

    一人のクラシックオールドファン さん

    0
  • 若いパールマンのエネルギーが聴ける。まだ後年のよう...

    投稿日:2013/01/22

    若いパールマンのエネルギーが聴ける。まだ後年のようなスケールや表現の豊かさは得られていないが。ラインスドルフも緊張感あるバックをつとめる。

    eroicka さん

    1

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、Tchaikovsky / Sibeliusのチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%