TLC

TLC (ティーエルシー) プロフィール

TLC | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!



元気でおてんばなフィメール・トリオTLCは、Lisa Left-eye Lopes(1971年5月27日ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれ-2002年4月25日没)、ロゾンダ“Chilli”トーマス(1971年2月27日生まれ)、T-Boz(ティオンヌ・ワトキンス、1970年4月26日アイオワ州生まれ)の3人組。TLCというグループの名前は3人のニックネームの頭文字をとったもの。1992年、スーパー・プロデューサー・チーム、LA&Babyfaceが設立したレーベル、LAFACEからシングル「Ain't 2 Proud 2 Beg」でデビューし、いきなり全米チャートトップ10入りするヒットを記録し、シングルはミリオン・セラーとなった。続くセカンド・シングル「Baby Baby Baby」は全米チャート2位、R&Bチャート1位となり、再びミリオンセラーを記録、後の音楽シーンに多大な影響を与える名曲となる。その後も「What About Your Friends」などのヒット曲を連発、デビュー・アルバム「Ooooooohhh - On The Tlc Tip」は全米で500万枚以上のセールスを記録、日本でも目にコンドームの袋をはめる奇抜なファッションなども話題となり、20万枚のセールスを記録し、新人としては異例のデビューを飾る。それらは、有名なプロデューサー、Dallas Austin、BabyfaceMarley Marlなどを迎え、遍歴するボーイフレンドを扱う方法や信頼できる忠告と女らしさの喜びを表現し、男性ファンだけでなく女性ファンの心もがっちり掴んだ。レフト・アイは既にこの作品から自分でライムを作りラップを披露していた。しかし彼女は私生活ではかなりのお騒がせ者であった。当時付き合っていたフットボール・プレイヤーのAndre Previn Risonの大邸宅を放火し全米のマスコミはこぞってスキャンダラスに報じた。

1994年末、セカンド・アルバム「Crazysexycool」をリリース。シングル「Creep」は全米チャートで4週連続1位を記録、セカンド・シングル「Red Light Special」も全米チャート2位となるヒットとなる。しかしTLCの人気がさらに爆発するきっかけとなったのがサード・シングルの「Waterfalls」で、「派手なものを追いかけていないで堅実に生きよう」と歌ったこの歌は、SFXを駆使したビデオも話題となって全米チャート7週連続1位という大ヒットを記録、日本でもラジオなどでこのシングルが大ブレイクし、アルバム「Crazysexycool」は全米で1,000万枚以上、日本でも女の子たちの憧れの存在として大ヒットを記録、その後のR&Bシーンを大きく変えるアルバムとなり、数多くの日本人アーティストたちにも影響を与えるグループとなった。

そして約5年ぶりのサード・アルバム「Fanmail」をリリース。プロデューサーにはいつものごとくDallas Austin(Cyptronという変名)、Jam & Lewis、Babyface 、Jamaine Dupriなど。しかし注目すべきはShakspereが手がけたファースト・シングル"No Scrubs"。これが大ヒットとなりShakspereは人気プロデューサーに大出世しひっぱりだことなる。このアルバム以降各メンバーが徐々にソロ活動をはじめていく。特にレフト・アイは自分の書いた曲がアルバムに取り入れられなかったことに不満を抱いていた。各メンバーがソロ・アルバムをリリースして誰が一番売れるかビルボードに判断してもらおうといった発言をし、メンバーの不仲説をいっそう煽ってしまった。また2000年、TLCの来日公演が予定されていたものの、メンバーのT-ボズの鎌形細胞性貧血症という病気のため全公演が中止となってしまう。こういったネガティブなニュースが多かったものの、やっと明るい話題が舞い込んで来た。T-ボズがラッパ−のMack10と結婚&妊娠。彼のアルバムにも参加しホットな仲を証明してくれた。

その後、チリ、レフト・アイ二人がソロ・アルバムをレコーディング、チリの方は延期のまま、レフト・アイのアルバムの発売も伸びに伸びたが、「Supernova」を遂に2001年にリリース!さらにフィアンセのアンドレがミュージシャンとして参加までしたのだ。しかし二人は結婚式まで予約していたものの、延期・別離となってしまう。

TLCとしてのニュー・アルバムのリリースがファンの間で長い間熱望されており、レコーディングも始まりかけた2002年、突然の不幸なニュースが世界をかけぬけた。4月26日朝、メンバーのレフト・アイがバカンス中のホンジュラスで交通事故のため他界してしまったのだ。Aaliyaの死後以来のショックな出来事に、メンバーはもちろん、日本でもTLCをこよなく愛していたSpeedの元メンバー達や安室奈美恵などのアーティストや音楽業界に大きな衝撃が走った。

くりっとした大きな瞳、かん高くキュートな声、危なっかしい言動と行動は誰もが惹きつけられ男女関係なく彼女の虜になったものだ。そのリサが、やりたいことを半分も成し遂げられなかったまま我々の手の届かないところにまで行ってしまったのだ。

悲しみが世界中の音楽ファンを覆い、TLCの存続は危ぶまれニューアルバムの発売はなくなるのではという憶測が飛び交っていたが、遂に2002年秋、我らがTLCの4thアルバム「3D」がリリースすることとなった。既にレフト・アイは何曲かレコーディングをすませており、残りをチリとT-ボズがロドニー・ジャーキンスらプロデューサーの元、制作を進めて来た。その場に彼女はいなくとも残された2人の心には、きっとレフト・アイの魂がやどっていたはずだろう。そして我々ファンは、レフト・アイが参加するTLCとして実質ラストになるかもしれない「3D」という作品がこの世に出てくる日をじっと待つとしようではないか。

%%message%%