CD

ULTIMATE FORMATION

THE MAN

基本情報

カタログNo
:
GQCS90717
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ANTHEMの柴田直人率いる究極のトリビュート・バンド THE MANが待望のライヴ・アルバムをリリース!ANTHEMの森川之雄、清水昭男、田丸 勇に加え、小野正利<vo:ガルネリウス>、YUHKI<key:ガルネリウス>、島 紀史<g:コンチェルト・ムーン>をゲストに迎え、2月に新宿LOFTで行ったライヴ・レコーディング・ギグ「ULTIMATE FORMATION」をついにCD化!「紫の炎」「オール・ナイト・ロング」「ドクター・ドクター」をはじめ、柴田直人が聴いて育った英国ハード・ロック/ヘヴィ・メタルを中心に構成された名曲満載ライヴ。

“本気のトリビュート・バンド”THE MANが遂にライヴ・アルバムをリリースする。“THE MAN”という名前は“ANTHEM”のアナグラムで、基本的には“ANTHEMを母体とする”ユニット。もともとは伊藤政則氏のイベント『HM SOUNDHOUSE』限定プロジェクトだったが、「ライヴが観たい!」というファンの要望に応えて昨年11月には大阪・名古屋・川崎で初のツアーを行なった。この時はANTHEMの4人+元GARGOYLEのKENTAROという5人編成だったが、さらに今年の2月にはライヴ・レコーディング・ギグ「ULTIMATE FORMATION」を東京・新宿LOFTで行なった。今回リリースされるのが、その時のライヴ。メンバーはANTHEMの4人とゲストの小野正利<vo:ガルネリウス>、YUHKI<key:ガルネリウス>、島 紀史。柴田直人が聴いて育った英国ハード・ロック/ヘヴィ・メタルを中心とするセットリストで、誰もが知る名曲が目白押し。「一流のプロによる“本気のカヴァー”はとことん熱い!」というのが、その場にいた僕の素直な感想だ。(文●広瀬和生/BURRN!編集長)

【メンバー】
柴田直人 (ベース)
清水昭男(ギター)
森川之雄(ヴォーカル)
田丸 勇(ドラムス)

<ゲスト・プレイヤー>
小野正利(ヴォーカル/ガルネリウス)
YUHKI (キーボード/ガルネリウス)
島 紀史 (ギター/コンチェルト・ムーン)

【収録予定曲】
CD1
[森川之雄/清水昭男/島 紀史/柴田直人/田丸 勇]
01. ヘリオン〜エレクトリック・アイ (ジューダス・プリースト カヴァー)
02. ブレイキング・ザ・ロウ (ジューダス・プリースト カヴァー)
03. ターボ・ラヴァー (ジューダス・プリースト カヴァー)

[森川之雄/清水昭男/YUHKI/柴田直人/田丸 勇]
04. アウト・イン・ザ・フィールズ (ゲイリー・ムーア&フィル・ライノット カヴァー)
05. 7月の朝 (ユーライア・ヒープ カヴァー)

[小野正利/島 紀史/YUHKI/柴田直人/田丸 勇]
06. ウィ・ロック (ディオ カヴァー)
07. ルック・イン・ユア・アイズ (ヒューズ/スロール カヴァー)
08. ア・ライト・イン・ザ・ブラック (レインボー カヴァー)

CD2
[森川之雄/清水昭男/島 紀史/柴田直人/田丸 勇]
01. サンダー・アンド・ライトニング (シン・リジィ カヴァー)
02. コールド・スウェット (シン・リジィ カヴァー)

[森川之雄/清水昭男/YUHKI/柴田直人/田丸 勇]
03. レディ・トゥ・ロック (マイケル・シェンカー・グループ カヴァー)
04. ドクター・ドクター (UFO カヴァー)

[全員]
05. 紫の炎 (ディープ・パープル カヴァー)

《アンコール1》

[森川之雄/清水昭男/柴田直人/田丸 勇]
06. アイアン・フィスト (モーターヘッド カヴァー)

[全員]
07. ユーヴ・ガット・アナザー・シング・カミング (ジューダス・プリースト カヴァー)
《アンコール2》
[全員]
08. オール・ナイト・ロング (レインボー カヴァー)


(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

ANTHEMの柴田直人率いる究極のトリビュート・バンド、THE MANのライヴ・アルバム。「紫の炎」「オール・ナイト・ロング」「ドクター・ドクター」といったイギリス産のハード・ロック、ヘヴィ・メタルを披露している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品