CD 輸入盤

Live Rails

Steve Hackett (スティーヴ・ハケット)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
0505528
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

Steve Hackett - Guitars, Vocals
Roger King - Keyboards
Amanda Lehmann - Guitar, Vocals
Gary O'Toole - Drums, Percussion, Vocals
Nick Beggs - Bass, Chapman Stick, Taurus Pedals, Vocals
Rob Townsend - Sax, Woodwind, Percussion, Vocals

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Intro (Live)
  • 02. Every Day (Live)
  • 03. Fire On The Moon (Live)
  • 04. Emerald And Ash (Live)
  • 05. Ghost In The Glass (Live)
  • 06. Ace Of Wands (Live)
  • 07. Pollution C (Live)
  • 08. The Steppes (Live)
  • 09. Slogans (Live)
  • 10. Serpentine Song (Live)
  • 11. Tubehead (Live)

ディスク   2

  • 01. Spectral Mornings (Live)
  • 02. Firth Of Fifth (Live)
  • 03. Blood On The Rooftops (Live)
  • 04. Fly On A Windshield (Live)
  • 05. Broadway Melody Of 1974 (Live)
  • 06. Sleepers (Live)
  • 07. Still Waters (Live)
  • 08. Los Endos (Live)
  • 09. Clocks (Live)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
私自身、PhilCollins加入後にポップバンド...

投稿日:2012/11/03 (土)

私自身、PhilCollins加入後にポップバンドへと変化し、それなりに追っかけて来た、熱烈なGENESISファンのひとりです。このアルバムは、そのGENESISを脱退した元メンバー、彼、Steve Hackettが真のプログレッシブバンド、初代GENESISをリードしてきた事を感じさせてくれるライブアルバムです。このヨーロッパライブでは、一曲、一曲に彼がファンに対する感謝の心でギター弾き語っている様子が眼に浮かびます。彼のオリジナル曲とGENESIS時代の名曲を聴いた観客達は大満足だったと思います。正に彼はロックギタリストのプロフェッショナルと云えるでしょう。そう云った意味で、このライブアルバムは、センスのあるジャケットに合わせて100%以上の出来栄えだと思います。年齢を感じさせない風貌の彼に、また来日し私達に元気を与えて欲しい気持ちで一杯です。

ナッカン さん | 兵庫県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Steve Hackett

言わずと知れた‘70年代の英国を代表するスーパー・グループ、ジェネシスの黄金時代を支えたギタリスト。1975年の『Voyage of the Acolyte』でのソロ・デヴューそして1978年のジェネシス脱退以降、実に30年近いソロ・キャリアを重ねてきた。その長い歴史の中で数々の紆余曲折や浮き沈みがありながらも常に第一級のクリエイティヴィティを発揮しながら質の高いアルバムを発表し続け今日へと至る。

プロフィール詳細へ

Steve Hackettに関連するトピックス

おすすめの商品