Stereophonics
新商品あり

Stereophonics (ステレオフォニックス) プロフィール

Stereophonics | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

Stereophonics

オアシスレディオヘッドマニック・ストリート・プリチャーズプライマル・スクリーム・・・など今のUKロックを象徴しイギリスで絶大なる人気を誇るバンドがこれらのバンドだが、この錚々たる名の並びにこれからご紹介するステレオフォニックスは位置する。知名度からすると世界的に大ブレイクを果たしているオアシスのほうが完全に上だが、イギリスでの人気の高さは現在オアシスを抜いたとも言われており、UKロック界の頂点に立っているといえよう。

ステレオフォニックスはイギリス、サウス・ウェールズの小さな町カマーンにて幼なじみ3人、ケリー・ジョーンズ(Vo、G)、リチャード・ジョーンズ(B)、スチュアート・ケーブル(D)で90年代初頭に結成。当初はTragic Love Companyというバンド名で活動を行っていた。

多くのバンドのオープニング・アクトを務めているとプロデューサーの目に留まり本格的な活動を行うようになった。その活動を気に入ったのが、ヴァージン・グループの総師リチャード・ブランソンが新たに立ち上げたレコード会社V2のA&Mだった。そうして気に入られたステレオフォニックスは1996年V2レコードの契約第一弾アーティストとしてサインをする。その後同郷のマニック・ストリート・プリチャーズと共にツアーを行い96年11月に限定シングル“Looks Like Chaplin”をリリース、このシングルは限定だったということもありあっという間に店頭から消えた。このシングル話題を呼び、97年にスタートしたクラブ・ツアーも人がどっと押し寄せ、イギリス・プレスの間でも評判となっていった。というのも、ここで初めてステレオフォニックスを目の当たりにした観客は圧倒的なまでの演奏力、ケリー・ジョーンズのパワフルなヴォーカルと見るものを惹きつける力強い眼差しにやられてしまったからだろう。

このクラブ・ツアー後にリリースしたセカンド・シングル“Local Boy In The Photograph”は全英シングル・チャートで高位置にチャート・インし、続くサード・シングル“More Life In A Tramps Vest”も大ヒットを記録している。そして同年、毎年夏に行われているイギリスが世界に誇るフェスティヴァル、グラストンベリー、レディング・フェスティヴァルやV97、フェニックス・フェスティヴァルにデビュー・アルバムをリリース前に出演、多くの観客を相手に新人とは思えないプレイで観客の度肝を抜いた。

97年8月、遂にこのときがやってきた。ステレオフォニックスのデビュー・アルバム『ワード・ゲット・アラウンド』がリリースされたのだ。このデビュー・アルバムは初登場6位というセンセーショナルなデビューを飾った。誰も聴きやすい3分というコンパクトにまとまった中にキャッチーでストレートなロックン・ロールがケリー・ジョーズの歌声により実にカラッとした雰囲気を持つこのアルバムは多くのリスナーに受け入れられた。このリスナーの反応からかなりの手応えを感じただろう、ここからステレオフォニックスの快進撃は進んでいく。

98年にはイギリスのグラミー賞、ブリット・アウォードにて「ベスト・ニュー・バンド」を受賞(この年のデビューには、エンブレイス、ゴメスなどもいる)。春には初のUSツアーを開始。USツアーから帰ってきたあと地元ウェールズの伝説的会場、カーディフ城にて初の凱旋ライヴを行った。このときのライヴの模様を収録した映像『カマーマン・フィール・ザ・ノイズ』も発売された(現在は廃盤)。そして7月、イギリスでのデビューから遅れること約1年、V2レコード・ジャパン設立の第1弾アーティストとして遂に日本で『ワード・ゲット・アラウンド』がリリースされた。このリリース直後の8月にはFuji Rock Festival 98に出演のため来日、このときのライヴは午前中というあまり人の流れも多くない時間帯に行われたが演奏が始まってしばらくするとステージ前方は満員、ダイヴを行う観客まで出てくるほどに観客を惹きつけていた。(実際、この年のFRFの新人の中でも群を抜いて演奏が上手かった)

99年セカンド・アルバム『パフォーマンス・アンド・カクテルズ』をリリース。期待を裏切らないロックン・ロール・サウンドは前作よりも作りこんだ感じに仕上がっており全英アルバム・チャートで初登場1位を飾った。不思議なことにステレオフォニックスは英メタル雑誌「Kerrang」誌でも評価が高く、デビュー・アルバムもそうだったがこのアルバムでも年間の「ベスト・バンド」「ベスト・アルバム」に選ばれている。この年2度目の日本ツアーのため来日も果たした。

2000年に入ると次のアルバムのレコーディングのためピーター・ガブリエルのリアル・ワールド・スタジオに入る。レコーディングを行いながらもレディング・フェスティヴァル、リーズ・フェスティヴァル、グラスゴー・フェスティヴァルのヘッド・ライナーとして出演、もはやフェスティヴァルのヘッド・ライナーには欠かせぬ存在となっていた。この年の11月、ケリー・ジョーンズはたった1人でUKアコースティック・ツアーを開始。バンドとしてではなくケリー・ジョーンズがたった1人でライヴ・ツアーを行うということで、次作を待つファンは不安にかられた。サード・アルバムがリリースされぬまま解散してしまうのではないかと・・・。しかしそんなファンの不安を知らぬかケリー・ジョーンズはUSソロ・アコースティック・ツアーに出てしまう。

ファンの不安な気持ちはようやく吹っ切れた。2001年3月、遂にサード・アルバム『ジャスト・イナフ・エデュケーション・トゥ・パフォーム』がリリースされたのだ。前2作の勢いのあるロックン・ロールは影を潜め入り組んだ感情の起伏をサウンドに塗りこめるような作りのサウンドへと変化を遂げていた。このサウンドにリスナーたちの反応は様々だった。中にはイギリス特有の人気のあるバンドたちを執拗にまで追っかけるメディアを批判したかのような皮肉たっぷりの“Mr.Writer”という曲まである。やはり前2作に比べると「おとなしい」という声もあるように勢いは衰えたかに思えたがやはりUK No.1ロック・バンド、初登場1位を飾った。そしてこのアルバムは発売から10ヶ月を経った2002年1月、再び全英チャートNo.1に返り咲いている。

2002年秋頃にはニュー・アルバムのレコーディングをスタート。そうして約半年というレコーディング期間で完成したのが『ユー・ガッタ・ゴー・ゼア・トゥ・カム・バック』だ。この新作で彼らは今までの良いところだけを残し、新たな音楽への挑戦を行っている。今までは本当にシンプルで勢いが強かったサウンドだったのが女性コラースやホーン・セクションを取り入れたりと驚くべき進化を遂げている。

やはりイギリスでの人気の高さに比べると日本での人気は正直低いと思う。ステレオフォニックスはもっと日本でも受け入れられてもいいのではと思う。最新作『ユー・ガッタ・ゴー・ゼア・トゥ・カム・バック』を聴き日本のリスナーにはぜひとも再考していただきたい。ひとまず、新しくなったUK No.1ロック・バンドの揺ぎ無いサウンドは今年の夏Summer Sonic 03にて証明されることだろう。

%%message%%