CD

Small Faces +7

Small Faces (スモールフェイセス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
POCD1946
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

1966年発表のデビュー・アルバム。ロンドン、ウエストサイド出身のザ・フーに遅れることほぼ半年だが、イーストエンド代表生粋のモッズ・バンドである彼らこそが真のモッズ・ヒーローだった(短命に終わったバンドの佇まい、B級なロマンティシズムも含めて)、ということは90年代ポール・ウェラーやOCSからのリスペクトにより鮮明になった。スマッシュ・ヒットしたM6などで聴けるスティーヴ・マリオットのソウル魂は本物だ。M12も彼ららしさの出た(束になったコーラスがいい)人気曲。ガッキン、ガッキンしたギターに太いベース、勢いあるドラムによるタイトなアンサンブルは、バンド形態のロックにおけるひとつの究極と言い切ってしまいたい!

内容詳細

66年にリリースされたファーストにフランス独自のEPからの5曲を追加収録したデジタル・リマスター盤。当時のロンドンを代表する典型的モッズ・バンドが最もモッズ的な時期に制作した快作。その後の成長も素晴らしいが、この時期の勢いはやはり格別だ。(聖)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
おしゃれでタフで、ちょっぴり切ないスティ...

投稿日:2006/04/18 (火)

おしゃれでタフで、ちょっぴり切ないスティーヴ・マリオットと仲間たち。ビートルズ、ストーンズ、フーはみんなのバンドだけどこいつらは僕たちのバンド。Come on children!!

犬ちゃん さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
このアルバムで、スティーブ マリオットの...

投稿日:2006/01/29 (日)

このアルバムで、スティーブ マリオットのソウルを聴いた時は、かなり衝撃を受けました!!すぐに、とりこになりました。それにしても曲が、 めちゃくちゃかっこいい!! 「シャラララリー」や「シェイク」なんか永遠のモッズアンセムだし、「カモン・チルドレン」「イッツ・トゥー・レイト」「ホワッチャ・ゴナ ドゥ・アバウト・イット」なんて最高のソウル/R&Bだし、文句なしです!フーよりも好きですね!

ロッケンロール魂!! さん | 長野 | 不明

0
★
★
★
★
★
スティーヴ・マリオットのヴォーカルがカッ...

投稿日:2001/12/09 (日)

スティーヴ・マリオットのヴォーカルがカッコ良すぎます。ソウルフルでクールで。「you need loving」が最高です。やっぱりwhoよりもsmall facesが好き。

キャフェブリュ さん | 桐生 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Small Faces

ザ・フーなどと比べると、当時のセールス的にも存在感的にも小ぶりな印象のあるスモール・フェイセズ(イギリス中心で盛り上がったバンドということもある)。ただ彼らの場合、逆にその「小ぶりな印象」がタイトでストイックなバンドのイメージにも繋がるところが魅力。

プロフィール詳細へ

Small Facesに関連するトピックス

おすすめの商品